東京フィルハーモニー交響楽団 ニュース&Wiki etc.

公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団(とうきょうフィルハーモニーこうきょうがくだん、)は、現存している日本最古のオーケストラ。日本では最多、コンサートオーケストラとしては世界的にも異例の楽員数を擁している。日本では一番頻繁に新国立劇場などでオペラの伴奏をしている交響楽団でもある。略称は東京フィル。Bunkamuraオ… (出典:Wikipedia)

「東京フィルハーモニー交響楽団」Q&A

  • Q&A

    以下の組み合わせで最もベートーヴェンの交響曲が聴きたいのはどれですか。何番でもOKで…

    [続きを読む]

    回答数:7質問日時 - 2016年11月9日 00:27

  • Q&A

    サン・サーンスのピアノコンチェルト第5番の2楽章のピアノの音色効果方法について 中間…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年9月12日 09:44

  • Q&A

    〔西森光信氏(日本フィルハーモニーFg奏者)6月6日、急性心不全で急死(60)〕 (…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年7月19日 09:24

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「東京フィルハーモニー交響楽団」のつながり調べ

  • クルト・ヴェス

    クルト・ヴェスから見た東京フィルハーモニー交響楽団

    1914年、リンツに生まれた。グラーツ音楽院でフェリックス・ワインガルトナーに指揮を学んだ。1946年、ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団の首席指揮者に就任。1951年から1954年までNHK交響楽団の首席指揮者を務め、リヒャルト・シュトラウスの「家庭交響曲」などの日本初演を行った。その後、ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団に復帰する一方でメルボルン交響楽団やリンツ・ブルックナー管弦楽団の首席指揮者となった。1983年に東京フィルハーモニー交響楽団に客演し、ブラームス交響曲全曲チクルスの一環として、師ワインガルトナーが得意とした交響曲第2番を指揮する。1985年、ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団の来日公演で来日。1986年にも来日したが、その翌年の1987年、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団とのブルックナーの交響曲第2番のリハーサル中に心筋梗塞を起こし、ドレスデンで没した。(クルト・ヴェス フレッシュアイペディアより)

  • 古謝美佐子

    古謝美佐子から見た東京フィルハーモニー交響楽団

    三線の弾き語りで琉球音階のメロディーに乗せてウチナーグチの歌詞を歌う、というオーソドックスな民謡歌手であるが、「オキナワチャンズ」「ネーネーズ」時代から電子音楽との共演、ライ・クーダーによるプロデュース、レゲエなど世界各地の土着音楽との交流といった、ワールド・ミュージックとしての沖縄音楽(および日本音楽)の可能性を実証する活動を続けてきた。近年ではチーフタンズ、カルロス・ヌニェスといったケルト音楽のアーティストとの共演が多い。ドヴォルザークの「家路」やアイルランド民謡「ポメロイの山々」など、ウチナーグチ訳詞で歌われ沖縄民謡のラインナップの中で違和感のない作品も多い。2008年8月には、東京フィルハーモニー交響楽団と「童神」で共演。(古謝美佐子 フレッシュアイペディアより)

「東京フィルハーモニー交響楽団」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「東京フィルハーモニー交響楽団」のニューストピックワード