前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
280件中 1 - 10件表示
  • モルゴーア・クァルテット

    モルゴーア・クァルテットから見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    2008年11月 東京フィルハーモニー交響楽団第761回サントリー定期シリーズに、マルティヌー作曲「弦楽四重奏と管弦楽のための協奏曲」のソリストとして出演。モルゴーア・クァルテット フレッシュアイペディアより)

  • チョン・ミョンフン

    チョン・ミョンフンから見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    2001年、合併で誕生した東京フィルハーモニー交響楽団の大賀典雄理事長の要請でスペシャル・アーティスティック・アドバイザーに就任。ベートーヴェンの交響曲チクルスで大きな成果をあげた。また毎年夏に教育プログラム「こども音楽館」を自らのプロデュースで実施し、指揮のほかピアノを弾きながらの楽曲解説もおこなった。2010年に退任し、同団交響楽団桂冠名誉指揮者の称号を贈られた。2016年に同交響楽団名誉音楽監督に就任。チョン・ミョンフン フレッシュアイペディアより)

  • 三木谷浩史

    三木谷浩史から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    コボ社取締役、楽天ブックス会長、東北楽天ゴールデンイーグルス会長兼球団オーナー、Jリーグヴィッセル神戸オーナー、楽天証券ホールディングス会長、楽天コミュニケーションズ(旧フュージョン・コミュニケーションズ)会長、楽天Edy(旧ビットワレット)会長、東京フィルハーモニー交響楽団理事長、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問等も務める。三木谷浩史 フレッシュアイペディアより)

  • 尾高忠明

    尾高忠明から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    桐朋学園大学で斎藤秀雄に指揮を師事する。第2回民音指揮者コンクールで第2位に入賞する。NHK交響楽団指揮研究員を経て、ウィーン国立音楽大学に留学、ハンス・スワロフスキーに師事した。NHK交響楽団と数多く共演し、大河ドラマのテーマ曲指揮も数多く担当した。30歳前後の頃は『音楽の広場』などのNHK番組にレギュラー出演、クラシック音楽啓蒙にも尽力した。1974年から長年にわたり東京フィルハーモニー交響楽団常任指揮者を務め、現在は桂冠指揮者である。1992年からは、読売日本交響楽団常任指揮者を6年間務め、現在は名誉客演指揮者である。尾高忠明 フレッシュアイペディアより)

  • Mai Kuraki Symphonic Live -Opus 1-

    Mai Kuraki Symphonic Live -Opus 1-から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    2009年の「HAPPY HAPPY HALLOWEEN LIVE」から続く秋の企画ライブの一種で、前年である2011年の「Mai Kuraki Premium Live One for all, All for one」で「東京フィルハーモニー交響楽団」とコラボレートした事からヒントを得て開催された。Mai Kuraki Symphonic Live -Opus 1- フレッシュアイペディアより)

  • 皇紀2600年奉祝曲

    皇紀2600年奉祝曲から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    演奏はすべて紀元二千六百年奉祝交響楽団。このオーケストラは新交響楽団、中央交響楽団、東京放送管弦楽団、宮内省楽部、東京音楽学校、星桜吹奏楽団の6演奏団体のメンバー総勢164名(演奏会によって1人抜けたらしく、163名とする本もある)からなり、楽員編成は以下のとおりであった(164名説による)。皇紀2600年奉祝曲 フレッシュアイペディアより)

  • 加古隆

    加古隆から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    1965年、東京藝術大学作曲科へ入学。その後約1年間は、作曲の勉強よりもジャズの演奏活動に夢中になっていた。三善晃の指導をきっかけに作曲に魅力を感じ、作曲の勉強とジャズの両方をやっていてはどちらも中途半端になってしまうと思い、ジャズからは意識的に距離を置き、聴くこともやめ、現代音楽の作曲家を志す。1969年、同大学院へ進学。在学中の翌1970年には、自身の作品が毎日音楽コンクール作曲部門・管弦楽曲第2位を受賞するほか、翌年には「オーケストラの為の《構成》」が若杉弘指揮、東京フィルハーモニー交響楽団により初演される。加古隆 フレッシュアイペディアより)

  • ファウストの劫罰

    ファウストの劫罰から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    日本初演は、本来の演奏会形式では1936年6月20日の東京音楽学校定期演奏会にて。指揮はクラウス・プリングスハイム。舞台形式では1951年11月28日、東京芸術大学歌劇研究部による文部省芸術祭公演・都民劇場公演。指揮は近衛秀麿。この間の1945年3月10日には、日本語訳での初演が東京交響楽団臨時公演で行われるはずだった。しかし、前日から当日にわたった東京大空襲により、御成門にあった練習所が総譜、楽器ごと焼失してしまった。ファウストの劫罰 フレッシュアイペディアより)

  • 東京オペラシティ

    東京オペラシティから見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団が同ホールにて定期的にコンサートを開催している他、在京プロオーケストラや、アマチュアの楽団の演奏会も行われる。東京オペラシティ フレッシュアイペディアより)

  • 大町陽一郎

    大町陽一郎から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    1961年から1970年まで、東京フィルハーモニー交響楽団常任指揮者大町陽一郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
280件中 1 - 10件表示

「東京フィルハーモニー交響楽団」のニューストピックワード