202件中 91 - 100件表示
  • のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編

    のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    演奏:東京フィルハーモニー交響楽団、指揮:飯森範親、作曲:ガーシュウィン、ピアノ:三舩優子のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編 フレッシュアイペディアより)

  • 四家文子

    四家文子から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    太平洋戦争勃発後は軍歌、戦時歌謡を多く歌ったほか、1943年(昭和18年)には日本人最初のベートーヴェン「第九」の録音(第4楽章のみ。尾崎喜八訳。橋本國彦指揮・東京交響楽団)にも参加している。四家文子 フレッシュアイペディアより)

  • ばらの騎士

    ばらの騎士から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    日本初演は、第二次世界大戦後の1956年10月30日の日比谷公会堂にて、マンフレート・グルリット指揮、東京フィルハーモニー交響楽団他によって行われた。近年では宝塚歌劇により2001年元旦に新装オープンした東京宝塚劇場の開場を記念して、月組により大幅にアレンジされ上演されている。このように日本への浸透は比較的遅かった作品だが、現在では人気は高い。ばらの騎士 フレッシュアイペディアより)

  • 大野徹也

    大野徹也から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    一方、コンサートにおいては、NHK交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団など日本の主要オーケストラ、秋山和慶、朝比奈隆、飯守泰次郎、井上道義、大野和士、小澤征爾、尾高忠明、外山雄三、森正、山田一雄、若杉弘らの指揮者と共演し、大野徹也 フレッシュアイペディアより)

  • 近衛秀麿

    近衛秀麿から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    フリーの立場となった近衞は中央交響楽団を短期間指揮した後、1936年に新響と一応の和解を果たす。同年、首相広田弘毅によって音楽使節に任命され、再び海外に向かう。この件はレオポルド・ストコフスキーから近衞に客演の要請があり、その流れで実現した話である。まずアメリカに向かい、ストコフスキーのほかユージン・オーマンディやアルトゥーロ・トスカニーニと面会、1936年11月にはヨーロッパへ移りBBC交響楽団やドレスデン、リガの歌劇場などに客演する。1937年に入るとアメリカを経て一時帰国。日本とアメリカの幾度かの往復の後ヨーロッパに移動した。1938年に一時帰国し改めて親善大使に任ぜられた後、再びアメリカ・ヨーロッパに向かった。NBC交響楽団の指揮者陣に加わったが、アメリカの対日感情悪化で話が流れ、即座にヨーロッパに移動。ヨーロッパでは有名無名問わず各国で夥しい数のオーケストラを指揮した。第二次世界大戦勃発後もユダヤ人を匿うなどをしたためドイツでの活動が1943年以降制限されたものの、華やかな演奏活動を繰り広げた。近衛秀麿 フレッシュアイペディアより)

  • 涼宮ハルヒの弦奏

    涼宮ハルヒの弦奏から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    劇中で使用された曲をクラシック調にアレンジし、東京フィルハーモニー交響楽団によるオーケストラで演奏するクラシックコンサートであった。涼宮ハルヒの弦奏 フレッシュアイペディアより)

  • PLANETARY PIECES:SONIC WORLD ADVENTURE ORIGINAL SOUNDTRACK

    PLANETARY PIECES:SONIC WORLD ADVENTURE ORIGINAL SOUNDTRACKから見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    交響楽団「東京フィルハーモニー交響楽団」がオーケストラテーマ「The World Adventure」を担当することとなった。PLANETARY PIECES:SONIC WORLD ADVENTURE ORIGINAL SOUNDTRACK フレッシュアイペディアより)

  • 歌劇場

    歌劇場から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    新国立劇場⇒東京フィルハーモニー交響楽団を中心に、在京オーケストラがピットに入る。歌劇場 フレッシュアイペディアより)

  • ローエングリン

    ローエングリンから見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    日本での初演は1942年11月23日、東京歌舞伎座で行われた藤原歌劇団の公演である。演奏は東京交響楽団(現在の東京フィルハーモニー交響楽団。現在の同名の団体とは別)、指揮マンフレート・グルリット、主役のローエングリンは藤原義江が演じた。堀内敬三訳の日本語訳詞で歌われたが、戦時中3時間を越える上演は禁止されていたため、内容を縮小しての上演された。現在でも第3幕を数分間カットして上演される事が多い。ローエングリン フレッシュアイペディアより)

  • 日本の皇紀二千六百年に寄せる祝典曲

    日本の皇紀二千六百年に寄せる祝典曲から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    日本における21世紀初の演奏は2009年6月21日、東京フィルハーモニー交響楽団による「第40回 午後のコンサート」での上演である。指揮は、大町陽一郎で、打楽器はタイ・ゴングが使用された。日本の皇紀二千六百年に寄せる祝典曲 フレッシュアイペディアより)

202件中 91 - 100件表示

「東京フィルハーモニー交響楽団」のニューストピックワード