202件中 31 - 40件表示
  • とやま香音ジュニア・コーラス

    とやま香音ジュニア・コーラスから見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    結成1年目から富山市ファミリーパークでの行事に出演し、来園者の方々を魅了した。また、2011年には新年を彩る「ニューイヤーGALAコンサート2011=富山市民文化事業団主催」へ出演し、東京フィルハーモニー交響楽団(佐藤正浩指揮)をはじめとする日本を代表する歌手・奏者との共演を果たし、高い評価を得る。結成2年目、「ラ・フォル・ジュルネ金沢2011」少年少女合唱フェスティバルに参加し、全国各地から参加した合唱団とともに本格的な音楽祭への初出演を果たす。2011年5月に行われた第1回定期演奏会「はじめてのこんさーと」は、今までにない構成と、そのみずみずしい演奏を絶賛され、今後を期待される。その後、1年目に引き続き富山市ファミリーパークの催しや、「ウイークエンド・コンサート2011=山室中部地区ふるさとづくり推進協議会・富山市民文化事業団・富山市主催」、また、「第11回富山県室内合唱コンサート=富山県合唱連盟主催」にも参加する。2012年5月に、ラ・フォル・ジュルネ金沢2012ロシアの祭典」に出演し、ロシア語での参加や、「ウィーン少年合唱団富山公演=富山県文化振興財団・富山県民会館主催」に歓迎演奏を務めた。とやま香音ジュニア・コーラス フレッシュアイペディアより)

  • 篠崎靖男

    篠崎靖男から見た東京フィル東京フィルハーモニー交響楽団

    国内では神奈川フィル、東京フィル、日本フィル、大阪フィル、大阪シンフォニカー、関西フィルハーモニー管弦楽団、札幌交響楽団をはじめ各地のオーケストラに登場している。篠崎靖男 フレッシュアイペディアより)

  • 齋藤秀雄

    齋藤秀雄から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    1936年、新響の招きで来日したヨーゼフ・ローゼンシュトックとの出会いは齋藤の将来を大きく変えた。齋藤はローゼンシュトックのありとあらゆるものを吸収しようと努力。ローゼンシュトックの音楽に対する情熱や指導方法は、戦後「齋藤メソッド」を確立する際大いに参考になった。1939年には新響初の海外公演(京城)に帯同するが、1941年、新響が翌年の日本交響楽団への改組に向けた準備に際し、齋藤がすでに日本ビクターと個人契約していることがネックとなり、同年秋のシーズン開幕を前に新響を退団。指揮者として独立することとなる。齋藤は松竹交響楽団や東京交響楽団などの首席指揮者を務め、1943年には戦時中の困難な状況の中、井口基成とベートーヴェンの「皇帝」を、1944年には巌本真理とベートーヴェンのロマンス第1番、第2番を録音する。齋藤秀雄 フレッシュアイペディアより)

  • 第九と皇帝

    第九と皇帝から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    第2回以降は、東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団等、在京の一流オーケストラの演奏、東京混声合唱団と第九を歌う会の合唱で毎年開催されている。近年は、楽壇トップ奏者たちにより特別に編成されたシンフォニーオーケストラ“グレイトアーティスツ”in Japanが演奏している。第九と皇帝 フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・カクシュカ

    トーマス・カクシュカから見た東京フィル東京フィルハーモニー交響楽団

    ソリストとしても活動を行い、1998年には尾高忠明指揮東京フィルと武満徹のヴィオラ協奏曲「ア・ストリング・アラウンド・オータム」を演奏している。トーマス・カクシュカ フレッシュアイペディアより)

  • イタリアのハロルド

    イタリアのハロルドから見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    最近では、エリアフ・インバル、シャルル・デュトワ、コリン・デイヴィスらの録音が有名である。日本初演は1953年9月7日、渡邉暁雄(指揮)、河野俊達(ヴィオラ)と東京フィルハーモニー交響楽団により行われた。イタリアのハロルド フレッシュアイペディアより)

  • 新星日本交響楽団

    新星日本交響楽団から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    新星日本交響楽団(しんせいにほんこうきょうがくだん、Japan Shinsei Symphony Orchestra)は、1969年に設立され、2001年に東京フィルハーモニー交響楽団と合併することによって消滅した、東京に存在したプロフェッショナルのオーケストラ。楽団員が運営の責任も持つ自主運営のプロオーケストラとしては日本で初めてのものであったともいわれる。 日本のオーケストラ界に独自の地位を築き上げていたが、バブル崩壊後の聴衆の伸び悩みや財政的な問題もあり、東京フィルとの合併に踏み切ったと言われている。新星日本交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 夏目純一

    夏目純一から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    1939年、第二次世界大戦勃発により帰国する。帰国後、東京交響楽団(後の東京フィルハーモニー交響楽団)に第一ヴァイオリン奏者として参加する。そこで知り合った三田平凡寺の二女・嘉米子(ハープ奏者)と1945年9月15日に結婚する。なお、奇遇にも平凡寺は「漱石を大尊敬する人物」であり、この結婚を非常に喜んだ。夏目純一 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ニューシティ管弦楽団

    東京ニューシティ管弦楽団から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    NHK交響楽団や東京フィルハーモニー交響楽団のように財団法人格をもたず、楽団員の自主運営による楽団経営を行っていたが、2009年に一般社団法人となった。設立から数年間は東京合唱協会と合同で、モーツァルトの「レクイエム」、ロッシーニの「スターバト・マーテル」などの声楽つきの大曲を、北とぴあでの定期演奏会で年1〜2回取り上げていた。定期演奏会以外ではバレエやオペラの公演の際に、ホールのオーケストラ・ピットに入って伴奏する仕事も多い。東京ニューシティ管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • ファウストの劫罰

    ファウストの劫罰から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    日本初演は、本来の演奏会形式では1936年6月20日の東京音楽学校定期演奏会にて。指揮はクラウス・プリングスハイム。舞台形式では1951年11月28日、東京芸術大学歌劇研究部による文部省芸術祭公演・都民劇場公演。指揮は近衛秀麿。この間の1945年3月10日には、日本語訳での初演が東京交響楽団臨時公演で行われるはずだった。しかし、前日から当日にわたった東京大空襲により、御成門にあった練習所が総譜、楽器ごと焼失してしまった。ファウストの劫罰 フレッシュアイペディアより)

202件中 31 - 40件表示

「東京フィルハーモニー交響楽団」のニューストピックワード