202件中 41 - 50件表示
  • 盛宗亮

    盛宗亮から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    作品は、ニューヨーク・フィルハーモニック、ボストン交響楽団、シカゴ交響楽団、フィラデルフィア管弦楽団のような有名なアメリカのオーケストラのみならず、パリ管弦楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のようなヨーロッパのオーケストラ、東京フィルハーモニー交響楽団、中国国立交響楽団のようなアジアのオーケストラで演奏されている。演奏者のうちにはレナード・バーンスタイン、ヨー・ヨー・マ、クルト・マズア、エマニュエル・アックス、レナード・スラトキン、ロバート・スパノ、デイヴィッド・ジンマン、ネーメ・ヤルヴィなどがいる。レナード・バーンスタイン、チョウ・ウェンチュンに師事。盛宗亮 フレッシュアイペディアより)

  • 小松長生

    小松長生から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    1985年のエクソン指揮者コンクールで優勝後、バッファロー・フィルハーモニー管弦楽団エクソン派遣指揮者、ボルティモア交響楽団アソシエート、カナダのキッチナー・ウォータルー交響楽団音楽監督、ウクライナのリヴォフ国立歌劇場首席客演指揮者、武生国際音楽祭音楽監督、東京フィルハーモニー交響楽団正指揮者等を経て現職。小松長生 フレッシュアイペディアより)

  • 鳴海真希子

    鳴海真希子から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    この時期の日本での活動は、1999年と2001年に東京でリサイタルを開催。2001年には東京フィルハーモニー交響楽団定期演奏会でストラヴィンスキー『夜鳴きうぐいす』の死神役、また東京J.S.バッハ合唱団などのアマチュア団体の公演にも出演。2000年の 第9回定期演奏会ではバッハのマタイ受難曲第39曲アリア「Erbarme dich, Mein Gott」(「主よ、我を憐れみ給え」)を歌い、圧倒的な感動を呼んだ1。鳴海真希子 フレッシュアイペディアより)

  • 宮松重紀

    宮松重紀から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    これまでに東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、群馬交響楽団、広島交響楽団等に客演。また、小澤征爾、大野和士、チョン・ミュンフン、リッカルド・ムーティ、広上淳一等のオペラやオーケストラ公演の合唱指揮・副指揮を務めている。宮松重紀 フレッシュアイペディアより)

  • クルト・ヴェス

    クルト・ヴェスから見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    1914年、リンツに生まれた。グラーツ音楽院でフェリックス・ワインガルトナーに指揮を学んだ。1946年、ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団の首席指揮者に就任。1951年から1954年までNHK交響楽団の首席指揮者を務め、リヒャルト・シュトラウスの「家庭交響曲」などの日本初演を行った。その後、ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団に復帰する一方でメルボルン交響楽団やリンツ・ブルックナー管弦楽団の首席指揮者となった。1983年に東京フィルハーモニー交響楽団に客演し、ブラームス交響曲全曲チクルスの一環として、師ワインガルトナーが得意とした交響曲第2番を指揮する。1985年、ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団の来日公演で来日。1986年にも来日したが、その翌年の1987年、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団とのブルックナーの交響曲第2番のリハーサル中に心筋梗塞を起こし、ドレスデンで没した。クルト・ヴェス フレッシュアイペディアより)

  • 石岡久乃

    石岡久乃から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    以後、NHK交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、パイヤール室内管弦楽団など多数のオーケストラと2台のピアノのための協奏曲を共演する。また、NHK-FMに出演したり、各地でのデュオリサイタル、親子コンサートなどの活動を行ったりしている。ビクター・エンターテインメントより4枚のCDをリリース。桐朋学園大学非常勤講師、及び同大学附属「子供のための音楽教室」別科講師。石岡久乃 フレッシュアイペディアより)

  • ハンスイェルク・シェレンベルガー

    ハンスイェルク・シェレンベルガーから見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    2003年11月2日に東京オペラシティコンサートホール・タケミツメモリアルで開かれた東京フィルハーモニー交響楽団の特別演奏会に指揮者として登場。モーリス・ブルグの独奏でリヒャルト・シュトラウスのオーボエ協奏曲と「メタモルフォーゼン」(変容)、ブラームスの交響曲第2番を指揮。2003年11月24日に同じ東京オペラシティで開かれた「全日本大学オーケストラ大会」最終回では、日本中の大学から集まった学生による混成オケを指揮し、モーツァルトのオーボエ協奏曲の「吹き振り」とストラヴィンスキーのバレエ組曲「火の鳥」(1919年版)を指揮。ハンスイェルク・シェレンベルガー フレッシュアイペディアより)

  • ハンス=マルティン・シュナイト

    ハンス=マルティン・シュナイトから見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    1997年、東京フィルハーモニー交響楽団の協力のもとに設立されたシュナイト・バッハ合唱団の芸術監督に就任。2001年より東京藝術大学外国人客員教授に就任。ハンス=マルティン・シュナイト フレッシュアイペディアより)

  • 数住岸子

    数住岸子から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    1976年、東京でデビューリサイタルを開いた。1982年、NHK交響楽団定期演奏会でのレコーディングでレコードアカデミー賞を受賞。1984年、東京フィルハーモニー交響楽団のヨーロッパ公演にソリストとして同行、1990年、ハレ管弦楽団と共演。また同年4月5には小松一彦指揮東京都交響楽団とともに貴志康一生誕80周年記念コンサートにおいて貴志のヴァイオリン協奏曲を復活演奏した。数住岸子 フレッシュアイペディアより)

  • ピアノ協奏曲 (ブゾーニ)

    ピアノ協奏曲 (ブゾーニ)から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    日本では、1990年代に『題名のない音楽会』で終楽章の抜粋が演奏されたことがあるが、全曲初演は2001年4月22日に東京オペラシティコンサートホールにおいて、マルカンドレ・アムランのピアノ、沼尻竜典指揮の東京フィルハーモニー交響楽団により行われた。ピアノ協奏曲 (ブゾーニ) フレッシュアイペディアより)

202件中 41 - 50件表示

「東京フィルハーモニー交響楽団」のニューストピックワード