202件中 51 - 60件表示
  • 黒田博

    黒田博から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    コンサートにおいてもバロックから現代まで幅広く活躍している。1997年8月には日米欧14人の作曲家による『和解のレクイエム』日本初演(大野和士指揮)、2003年7月にはチョン・ミョンフン指揮・東京フィルハーモニー交響楽団公演でルイス・バカロフ『ミサ・タンゴ』日本初演の独唱を務めた。平成15年度京都市芸術新人賞受賞。黒田博 フレッシュアイペディアより)

  • パスカル・ヴェロ

    パスカル・ヴェロから見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    2001年 -       東京フィルハーモニー交響楽団 首席客演指揮者パスカル・ヴェロ フレッシュアイペディアより)

  • なぎさブラスゾリステン

    なぎさブラスゾリステンから見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    神代修(元 東京フィルハーモニー交響楽団 トランペット副首席奏者)なぎさブラスゾリステン フレッシュアイペディアより)

  • 池田弦

    池田弦から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    1996年末に帰国、東京フィルハーモニー交響楽団の公演で『メサイア』を、またオンドレイ・レナールト指揮の東京都交響楽団との共演で『カルミナ・ブラーナ』を歌い、歌手として活動を始める。池田弦 フレッシュアイペディアより)

  • 交響三章 (芥川也寸志)

    交響三章 (芥川也寸志)から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    1949年9月16日に作曲者指揮東京フィルハーモニー交響楽団によりNHKラジオで放送初演された。舞台初演は1950年10月26日に尾高尚忠指揮日本交響楽団により日比谷公会堂で行われた。交響三章 (芥川也寸志) フレッシュアイペディアより)

  • ヴィンコ・グロボカール

    ヴィンコ・グロボカールから見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    IRCAMを去った後は、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、フィンランド放送交響楽団、ケルンWDR交響楽団、エルサレム交響楽団など、多くのオーケストラで指揮をした。1980年から2000年まで、フィレンツェのフィエゾーレ音楽院で20世紀音楽演奏の監督をしている。現在はベルリンに住んでいる。ヴィンコ・グロボカール フレッシュアイペディアより)

  • 長尾春花

    長尾春花から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    第76回日本音楽コンクールバイオリン部門第1位。増沢賞、レウカディア賞、鷲見賞、黒柳賞受賞。十束尚宏指揮・東京フィルハーモニー交響楽団と共演。長尾春花 フレッシュアイペディアより)

  • 北爪利世

    北爪利世から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    東京音楽学校(現・東京芸術大学音楽学部)卒業後、東京放送管弦楽団、東京都フィルハーモニー管弦楽団(現・東京フィルハーモニー交響楽団)を経て、東宝交響楽団(東京交響楽団)首席奏者を務める。室内楽でも幅広く活躍し、国内外の多くの作曲家作品初演を手がけた。北爪利世 フレッシュアイペディアより)

  • 平松悠歩

    平松悠歩から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    コンチェルト(ピアノ協奏曲)のレパートリーはモーツァルト20番、ベートーヴェン1番、ショパン1番、チャイコフスキー1番、ラヴェルト長調、グリーグ、スクリャービンなどで、これまでに東京フィルハーモニー交響楽団、オーケストラアンサンブル金沢、セントラル愛知交響楽団、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉、那須フィルハーモニー管弦楽団、栃木県交響楽団、Gross Vogel Philharmoniker, イ・ソリスティ・イバラキ、ひたちなか市民オーケストラなど多数のオーケストラと共演している。平松悠歩 フレッシュアイペディアより)

  • 三つのジャポニスム

    三つのジャポニスムから見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    作曲者自身によって管弦楽のために編曲され、2010年1月11日にオーチャードホールで開催された「渋谷ブラスフェスタ」で渡邊一正指揮する東京フィルハーモニー交響楽団により初演された。三つのジャポニスム フレッシュアイペディアより)

202件中 51 - 60件表示

「東京フィルハーモニー交響楽団」のニューストピックワード