202件中 61 - 70件表示
  • シン・ヒョンス

    シン・ヒョンスから見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    これまでに、ワシントン・ナショナル交響楽団、ソウル市立交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢などと協演。韓国国立芸術大学大学院で研鑽を積んでいる。シン・ヒョンス フレッシュアイペディアより)

  • 村方千之

    村方千之から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    1977年 受賞記念演奏会で東京フィルハーモニー交響楽団を指揮、その後数回にわたり東京交響楽団を指揮して特別演奏会を開催、札幌交響楽団、九州交響楽団などの指揮者を務める。村方千之 フレッシュアイペディアより)

  • 福田一雄

    福田一雄から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    1937年、学習院初等科に入学し、学習院中・高等科を経て、学習院大学政経学部に進んだ。この頃から、幼時から習得していたピアノの腕を生かして音楽関係のアルバイトを始め、ジャズバンドでピアノを弾いたり、進駐軍のクラブ回りなどに参加したりしていた。やがて友人の近衛秀健(近衞秀麿の子)の紹介によって東宝交響楽団(後の東京交響楽団)や東京フィルハーモニー交響楽団、近衛管弦楽団などでもピアニストを務めた。大学入学後、1学期はかなり上位の成績を保っていたが、アルバイトを始めた2学期からは成績が急降下して周囲の人々を驚かせたという。福田一雄 フレッシュアイペディアより)

  • 田中一嘉 (指揮者)

    田中一嘉 (指揮者)から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    これまでに、東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、札幌交響楽団、九州交響楽団、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉、オーケストラ・アンサンブル金沢等、日本の主要オーケストラを指揮する。田中一嘉 (指揮者) フレッシュアイペディアより)

  • 荒谷俊治

    荒谷俊治から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    1959年、東京放送合唱団を指揮してデビューする。1968年、東京フィルハーモニー交響楽団指揮者に就任する。1969年、文化庁派遣在外芸術研修員としてアメリカに留学し、ジョージ・セルのもとで研究して、1970年、クリーヴランド管弦楽団を指揮する。同年秋からは、東京バレエ団ヨーロッパ公演に招かれてボリショイ劇場管弦楽団、ルクセンブルク放送交響楽団などのヨーロッパ各地のオーケストラを指揮する。傍ら、1966年から、日本オペラ協会と協力して、『山椒太夫』、『春琴抄』などの創作オペラを公演したり、日本音楽集団と協力して、三木稔、廣瀬量平の作品など、伝統に根ざした日本の新しい音楽を育てることに情熱を注いだ。荒谷俊治 フレッシュアイペディアより)

  • 栃本浩規

    栃本浩規から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    1980年、名古屋芸術大学音楽学部に入学。トランペットを和久田照彦、津堅直弘に師事し、1984年卒業。1985年、東京フィルハーモニー交響楽団に入団。1990年、NHK交響楽団に移籍。1996年、国際ロータリークラブのスカラシップを得て、ドイツのシュトゥットガルト音楽大学に留学し、H.ヴォルフ、H.ロイビンに師事。2012年4月より、東京芸術大学音楽学部准教授。栃本浩規 フレッシュアイペディアより)

  • 通崎睦美

    通崎睦美から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    デビュー以来、セルフプロデュースのもとマリンバ演奏のコンサートを続けてきたが、2005年2月、東京フィルハーモニー交響楽団定期演奏会(井上道義指揮)にて、1944年に紙恭輔が作曲し平岡養一が初演を務めた「木琴協奏曲」を平岡の木琴で演奏。それがきっかけで、その木琴と500曲以上もの楽譜やマレットを譲り受けることとなる。以後、木琴を用いて平岡の軌跡をたどる新たな活動を開始。2007年7月、京都市交響楽団の演奏会(下野竜也指揮)において、林光による楽曲「木琴協奏曲〜夏の雲走る」初演を務めた。8月、木琴による初のCDを発表。通崎睦美 フレッシュアイペディアより)

  • Mai Kuraki Premium Live One for all, All for one

    Mai Kuraki Premium Live One for all, All for oneから見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    本公演には日本を代表する交響楽団の一つ、「東京フィルハーモニー交響楽団」が特別参加していて、倉木の楽曲8曲を演奏した。Mai Kuraki Premium Live One for all, All for one フレッシュアイペディアより)

  • 金井喜久子

    金井喜久子から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    卒業後は引き続き呉泰次郎に和声学を7年間学び、尾高尚忠には1940年から4年間管弦楽法を、1947年から平尾貴四男には対位法などを4年間学んだ。1940年には日本女性としては初の交響曲第1番を3楽章まで作曲、同年12月20日に日比谷公会堂で自身の指揮で中央交響楽団 (現・東京フィルハーモニー交響楽団) により演奏したが、終楽章はピアノスケッチのみで終わり(2005年に高良仁美が初めて録音・リリースした)、以後演奏することはなかった。この作品は後の民族的な作風ではなく、呉から仕込まれたドイツ・ロマン派風の作品だったことが、金井が忌み嫌って封印した原因と思われる。なお、同曲の初演時の3楽章までの録音は近年発見され、キングレコードから歌曲集と共にリリースされた。2011年には浄書譜が製作されている。金井喜久子 フレッシュアイペディアより)

  • 山下和仁

    山下和仁から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    山下は1979年、18歳にして日本人としては初めてギター協奏曲を録音している。曲はロドリーゴ「アランフエス協奏曲」と、カステルヌオーヴォ=テデスコ「ギター協奏曲第1番」Op. 99で、オーケストラ伴奏は東京フィルハーモニー管弦楽団山下和仁 フレッシュアイペディアより)

202件中 61 - 70件表示

「東京フィルハーモニー交響楽団」のニューストピックワード