280件中 81 - 90件表示
  • 栃本浩規

    栃本浩規から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    1980年、名古屋芸術大学音楽学部に入学。トランペットを和久田照彦、津堅直弘に師事し、1984年卒業。1985年、東京フィルハーモニー交響楽団に入団。1990年、NHK交響楽団に移籍。1996年、国際ロータリーのスカラシップを得て、ドイツのシュトゥットガルト音楽大学に留学し、H.ヴォルフ、H.ロイビンに師事。2012年4月より、東京芸術大学音楽学部准教授。栃本浩規 フレッシュアイペディアより)

  • 本庄篤子

    本庄篤子から見た東フィル東京フィルハーモニー交響楽団

    東京藝術大学付属音楽高等学校、同大学音楽学部卒業。同大学院音楽研究科修士課程修了。NHK・毎日新聞社主催全日本学生音楽コンクール西部1位。在学中よりNHK「新人演奏会」、NHK-FM/TV出演、藝大フィルハーモニア、東京交響楽団、新星日本交響楽団(現、東フィル)等とシベリウス・メンデルスゾーン・ブルッフ・チャイコフスキー・ベートーヴェンの協奏曲を協演。本庄篤子 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の名峰

    日本の名峰から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    日本を代表する名峰を紹介する番組であり、『週刊日本の名峰』が放送時間の20分の番組で、そのダイジュスト版の5分の番組が『絶景日本の名峰』である。前者のナレーションはNHKの各アナウンサーが担当し、後者は加賀美幸子が担当した。週刊日本の名峰では、代表的な登山ルートを3D地図で紹介し、その登山ルートに沿って各々の山の魅力を紹介した。テーマ曲は、篠崎正嗣が作曲したオリジナル曲で東京フィルハーモニー交響楽団が演奏している。週刊日本の名峰は、NHK総合テレビやNHK教育テレビなどでも再放送された。『ハイビジョン特集 日本の名峰』として、特別に編集した番組も放送された。小学館から『NHK日本の名峰』のDVDがシリーズ化され発売された。絶景日本の名峰は、2011年度もNHK総合テレビで、毎週日曜の早朝に再放送が行われている。日本の名峰 フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・メトネル

    ニコライ・メトネルから見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    《ピアノ協奏曲第2番ハ短調 作品50》(1920年 - 27年は、〈トッカータ Toccata〉〈ロマンスRomanza〉〈ディヴェルティメント Divertimento〉の3楽章によっている。第1楽章は躍動しながら精力的で、ピアノとオーケストラとのバランスが絶妙である。第2主題は、作品14の《おとぎ話》(1906年 - 07年)のうち1曲〈勇者の行進〉のものに似ている。〈ロマンス〉楽章と〈ディヴェルティメント〉楽章は、それぞれ性格の点で異なっており、とりわけ〈ディヴェルティメント〉楽章は、変化に富んだ響きがする。ラフマニノフへ献呈され、1927年にロシアへ一時帰国した際に初演された。2004年1月23日、サントリーホールでマルカンドレ・アムランの独奏、オッコ・カム指揮の東京フィルハーモニー交響楽団により日本初演されている。ニコライ・メトネル フレッシュアイペディアより)

  • 池田弦

    池田弦から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    1996年末に帰国、東京フィルハーモニー交響楽団の公演で『メサイア』を、またオンドレイ・レナールト指揮の東京都交響楽団との共演で『カルミナ・ブラーナ』を歌い、歌手として活動を始める。池田弦 フレッシュアイペディアより)

  • 大野徹也

    大野徹也から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    一方、コンサートにおいては、NHK交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団など日本の主要オーケストラ、秋山和慶、朝比奈隆、飯守泰次郎、井上道義、大野和士、小澤征爾、尾高忠明、外山雄三、森正、山田一雄、若杉弘らの指揮者と共演し、大野徹也 フレッシュアイペディアより)

  • 今川裕代

    今川裕代から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    NHK交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京ニューシティ管弦楽団、群馬交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪センチュリー交響楽団、九州交響楽団、ブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団、ドルトムント・フィルハーモニー管弦楽団、アルメニア・フィルハーモニー管弦楽団、ベネズエラ交響楽団、レニングラード国立歌劇場管弦楽団、サンクトペテルブルク祝祭管弦楽団、ザルツブルク・モーツァルテウム大学交響楽団、ドレスデン・カール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学管弦楽団、パソナグループ「夢オーケストラ」、伊丹シティフィルハーモニー管弦楽団、ブロッサムフィルハーモニックオーケストラ、アイリス・フィルハーモニック・オーケストラ、癒しの森オーケストラ(東京音楽大学シンフォニーオーケストラ)、福井大学医学部管弦楽団など今川裕代 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博

    黒田博から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    コンサートにおいてもバロックから現代まで幅広く活躍している。1997年8月には日米欧14人の作曲家による『和解のレクイエム』日本初演(大野和士指揮)、2003年7月にはチョン・ミョンフン指揮・東京フィルハーモニー交響楽団公演でルイス・バカロフ『ミサ・タンゴ』日本初演の独唱を務めた。平成15年度京都市芸術新人賞受賞。黒田博 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽の広場

    音楽の広場から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    ほぼ毎回オーケストラ(交響楽団)のメンバーが出演していた番組。尾高忠明指揮・東京フィルハーモニー交響楽団がレギュラー格であったが、回によっては朝比奈隆指揮・大阪フィルハーモニー交響楽団など、他の指揮者とオーケストラが出演する場合や、司会の芥川也寸志が指揮台に上ることも多かった。音楽の広場 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木典子

    佐々木典子から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    主要共演団体:ウィーン国立歌劇場、ウィーン・フォルクスオーパー、グラーツ歌劇場、ハンブルク国立歌劇場、二期会、日本オペレッタ協会、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン交響楽団、ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団、ウィーン放送交響楽団、東京都交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、他佐々木典子 フレッシュアイペディアより)

280件中 81 - 90件表示

「東京フィルハーモニー交響楽団」のニューストピックワード