202件中 81 - 90件表示
  • 尾高尚忠

    尾高尚忠から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    早世したことにより、尾高の残した映像や録音の資料は極めて少ない。録音では、東京交響楽団(東京フィルハーモニー交響楽団の前身であり、現在の同名オーケストラとは異なる)を指揮し、安川加壽子と共演したサン=サーンスのピアノ協奏曲第5番「エジプト風」のスタジオ録音(1943年、ビクター)と、自作の交響曲第1番を振った断片的なライヴ録音の2点、映像では、1948年の放送芸能祭でベートーヴェンの歌劇「フィデリオ」の第2幕を指揮しているものが1点、残されているだけである。尾高尚忠 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2011年 4月

    訃報 2011年 4月から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    4月23日 - 大賀典雄、日本の実業家・指揮者・声楽家、元ソニー会長、東京フィルハーモニー交響楽団会長・理事長(* 1930年)訃報 2011年 4月 フレッシュアイペディアより)

  • 由良浩明

    由良浩明から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    中国では上海交響楽団、広州交響楽団、南京交響楽団、杭州交響楽団とソリストとして共演する。2002年に日本フィルハーモニー交響楽団とチャイコフスキーの協奏曲を共演して日本デビューする。他、東京フィルハーモニー交響楽団などゲストソリストとして招待される。由良浩明 フレッシュアイペディアより)

  • みんなの童謡

    みんなの童謡から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    ※当番組でのバック演奏は、東京フィルハーモニー交響楽団によるものが多い。みんなの童謡 フレッシュアイペディアより)

  • 藤倉大

    藤倉大から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    2003年、1月から博士課程をキングス・カレッジでジョージ・ベンジャミンに師事。同年、武満徹作曲賞で「calling Timbuktu」が第2位を受賞し、東京フィルハーモニー交響楽団によって東京オペラシティで初演、NHKで放送される。藤倉大 フレッシュアイペディアより)

  • 小林亜矢乃

    小林亜矢乃から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    ソリストとして、オランダ・コンセルトへボウホールにてネザーランドフィルハーモニー管弦楽団、ブダペスト・リスト音楽院にてハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団、プラハ・ドヴォルザークホールにてチェコフィルハーモニー交響楽団と共演の他、名古屋フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、大阪センチュリー交響楽団、広島交響楽団、九州交響楽団、横浜シンフォニエッタ、東京ニューシティ管弦楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団では定期演奏会に出演、また、2005年及び2007年日本フィル九州ツアー、北海道ツアーではソリストとして招かれ、各地で絶賛を博す。また、スペインのセビリア・スプリングフェスティバルに招待され、リサイタルで聴衆全員のスタンディングオベイションを受ける。ドイツ、日本でも各地でリサイタルを行い、新潟や福岡震災、朝日新聞主催チャリティーコンサート、長崎平和祈念メモリアルチャリティーコンサートにも多数出演。わかりやすい解説やお話を交えたリサイタルや、学校の音楽教室も開催するなど、幅広く国内外で活躍している。小林亜矢乃 フレッシュアイペディアより)

  • ピアノ協奏曲第2番 (メトネル)

    ピアノ協奏曲第2番 (メトネル)から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    メトネルは既にロシアを後にしてコンサートピアニストとして数年のキャリアを積んでいた。メトネルがパリにおいてこの曲を作曲していた当時、ラフマニノフは「ピアノ協奏曲第4番」の作曲に取り組んでおり、これら2曲は互いに贈答しあう形でそれぞれ献呈されることになる。ソラブジはこの曲を高く評価していた。メトネルは1948年にイサイ・ドブローウェンの指揮、フィルハーモニア管弦楽団の演奏で、この曲の録音を遺している。日本初演は2004年、サントリーホールにおいてマルカンドレ・アムランのピアノ、オッコ・カムの指揮、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏で行われた。ピアノ協奏曲第2番 (メトネル) フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・メトネル

    ニコライ・メトネルから見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    《ピアノ協奏曲第2番ハ短調 作品50》(1920年 - 27年は、〈トッカータ Toccata〉〈ロマンスRomanza〉〈ディヴェルティメント Divertimento〉の3楽章によっている。第1楽章は躍動しながら精力的で、ピアノとオーケストラとのバランスが絶妙である。第2主題は、作品14の《おとぎ話》(1906年 - 07年)のうち1曲〈勇者の行進〉のものに似ている。〈ロマンス〉楽章と〈ディヴェルティメント〉楽章は、それぞれ性格の点で異なっており、とりわけ〈ディヴェルティメント〉楽章は、変化に富んだ響きがする。ラフマニノフへ献呈され、1927年にロシアへ一時帰国した際に初演された。2004年1月23日、サントリーホールでマルカンドレ・アムランの独奏、オッコ・カム指揮の東京フィルハーモニー交響楽団により日本初演されている。ニコライ・メトネル フレッシュアイペディアより)

  • 大村博美

    大村博美から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    第23回〈東京の夏〉音楽祭2007 オープニング・コンサート@東京オペラシティコンサートホールでモーツァルト「大ミサ曲(ハ短調ミサ)」 ソプラノソロ(東京フィルハーモニー交響楽団大村博美 フレッシュアイペディアより)

  • ヱヴァンゲリヲン新吹奏楽版

    ヱヴァンゲリヲン新吹奏楽版から見た東京フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団

    Bb Clarinet - 糸井裕美子(芸大オケ)、小曽根みほ、黒尾文恵(東京フィルハーモニー交響楽団)、伊藤路世(東京都交響楽団)、林直樹(東京フィルハーモニー交響楽団)、元木瑞香ヱヴァンゲリヲン新吹奏楽版 フレッシュアイペディアより)

202件中 81 - 90件表示

「東京フィルハーモニー交響楽団」のニューストピックワード