69件中 11 - 20件表示
  • 東京フィルハーモニー交響楽団

    東京フィルハーモニー交響楽団から見た大賀典雄

    2001年(平成13年) - 新星日本交響楽団と合併。財団法人の名称を「新星東京フィルハーモニー交響楽団」と改称。財団理事長に、東京フィル理事長の大賀典雄、副理事長には新星日本交響楽団理事長であった黒柳徹子が就いた。新楽団の名称には、「東京フィルハーモニー交響楽団」が使われることとなる。それまでの東京フィルハーモニー交響楽団と新星日本交響楽団の楽員・事務局員すべてが新財団に引き継がれ、定期演奏会も、両楽団のそれまでの定期演奏会の回数が合算されて600回を超えた。東京フィルハーモニー交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 東京フィルハーモニー交響楽団

    東京フィルハーモニー交響楽団から見た千葉市

    1996年(平成8年) - 千葉市と事業提携。東京フィルハーモニー交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 東京フィルハーモニー交響楽団

    東京フィルハーモニー交響楽団から見た吉松隆

    FMシンフォニー・コンサート - NHK-FM放送で毎週日曜日夜に放送している番組。主に第1週〜第3週に作曲家の吉松隆の司会により、定期演奏会の一部や公開録音によって収録された演奏が全国に流れる。東京フィルハーモニー交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 東京フィルハーモニー交響楽団

    東京フィルハーモニー交響楽団から見た現田茂夫

    小松長生、現田茂夫 - いずれも新星日本交響楽団の指揮者を務めたのち、合併後の新楽団の指揮者を務めた。東京フィルハーモニー交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 東京フィルハーモニー交響楽団

    東京フィルハーモニー交響楽団から見た盛田昭夫

    財団会長・理事長だった大賀典雄(ソニー名誉会長)が、指揮者として客演することもあった。大賀は東京藝術大学音楽学部を卒業しており、音楽の専門教育を受けている。過去にはソニーより寄付金を受けたり、ソニー社長だった盛田昭夫が理事長だった時期もあり、ソニーとの縁が深い。現在は、ソニー副会長の中鉢良治が財団会長を、楽天会長兼社長の三木谷浩史が財団理事長を務めている。東京フィルハーモニー交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 東京フィルハーモニー交響楽団

    東京フィルハーモニー交響楽団から見たパスカル・ヴェロ

    パスカル・ヴェロ - 首席客演指揮者を経て、1999年から2001年3月まで首席指揮者。現在は首席客演指揮者。東京フィルハーモニー交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 東京フィルハーモニー交響楽団

    東京フィルハーモニー交響楽団から見たエクトル・ベルリオーズ

    1945年(昭和20年) - 東京大空襲で芝区御成門にあった練習所が焼失。当日はベルリオーズの「ファウストの劫罰」日本初演が予定されていた。東京フィルハーモニー交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 東京フィルハーモニー交響楽団

    東京フィルハーモニー交響楽団から見たマンフレート・グルリット

    マンフレート・グルリット - 元ウィーン国立歌劇場・ベルリン国立歌劇場指揮者。1939年来日。中央交響楽団常任指揮者に。藤原歌劇団とともに、『アイーダ』、『ローエングリン』、『タンホイザー』などのオペラの日本初演を数多く行う。東京フィルハーモニー交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 東京フィルハーモニー交響楽団

    東京フィルハーモニー交響楽団から見た藤原義江

    マンフレート・グルリット - 元ウィーン国立歌劇場・ベルリン国立歌劇場指揮者。1939年来日。中央交響楽団常任指揮者に。藤原歌劇団とともに、『アイーダ』、『ローエングリン』、『タンホイザー』などのオペラの日本初演を数多く行う。東京フィルハーモニー交響楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 東京フィルハーモニー交響楽団

    東京フィルハーモニー交響楽団から見た小松長生

    小松長生、現田茂夫 - いずれも新星日本交響楽団の指揮者を務めたのち、合併後の新楽団の指揮者を務めた。東京フィルハーモニー交響楽団 フレッシュアイペディアより)

69件中 11 - 20件表示

「東京フィルハーモニー交響楽団」のニューストピックワード