527件中 21 - 30件表示
  • マツダ・ビアンテ

    マツダ・ビアンテから見た東京モーターショー東京モーターショー

    東京モーターショーに、『ビアンテGRANZ』を参考出品。マツダ・ビアンテ フレッシュアイペディアより)

  • いすゞ・アクシオム

    いすゞ・アクシオムから見た東京モーターショー東京モーターショー

    1997年第32回東京モーターショーに参考出品されたコンセプトカーZACCAR(ザッカー)が起源であり、UESミューのコンポーネントをベースに、ショートボディで観音開きのドアとオープンデッキを備えたユニークなSUVであった。ザッカーは、ビークロスに続いて国内市場に投入するスペシャリティSUVとして企画されたものの、ビークロスの販売実績から、今後ショートボディのSUVを投入しても拡販が見込めないことからザッカーの市販化は見送られることになった。全長:4,285mm×全幅:1,790mm×全高:1,730mmホイールベース:2,460mm タイヤサイズ:245/65R17いすゞ・アクシオム フレッシュアイペディアより)

  • スバル・エクシーガ

    スバル・エクシーガから見た東京モーターショー東京モーターショー

    スバルでは7人乗りの車種として、かつてドミンゴやトラヴィックを販売していたが、ドミンゴについてはサンバーの排気量拡大版、トラヴィックについては初代オペル・ザフィーラのOEMであった。そこで、東京モーターショーなどでコンセプトカーという形で何度か提案をし、その流れを汲み、水平対向エンジンやAWDなどスバルの特徴を強く表した自社開発の多人数乗り乗用車として開発されたのがエクシーガである。スバル・エクシーガ フレッシュアイペディアより)

  • 見本市

    見本市から見た東京モーターショー東京モーターショー

    日本における見本市は、1954年の社団法人大阪国際見本市委員会1主催の「日本国際見本市」(現在のモンスタービバ)が最初である。同年には第1回全日本自動車ショー(現在の東京モーターショー)が開催され、1956年には東京見本市協会(現在の(株)東京ビッグサイト)が設立された。見本市 フレッシュアイペディアより)

  • グランツーリスモ コンセプト 2001 TOKYO

    グランツーリスモ コンセプト 2001 TOKYOから見た東京モーターショー東京モーターショー

    グランツーリスモ3 A-specの「アーケードモード」のインタフェースを踏襲した作りとなっている。2001年の第35回東京モーターショーで発表されたコンセプトカーや当時発売された最新の市販車を中心に収録しているが、シリーズでも唯一日本メーカーのみ収録となっている。グランツーリスモ コンセプト 2001 TOKYO フレッシュアイペディアより)

  • グランツーリスモ5プロローグ

    グランツーリスモ5プロローグから見た東京モーターショー東京モーターショー

    2007年10月24日、世界初の試みとして第40回東京モーターショー2007の日産・GT-R正式発表に合わせて、本作上でもPSNを介して、除幕式(アンヴェイル)がリアルタイムに行われた。レアな覆面仕様の日産・GT-Rをプレイ出来たのは4日間のみだった。プレイヤーは全6色からボディーカラーが選択できた。グランツーリスモ5プロローグ フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・MP-1

    トヨタ・MP-1から見た東京モーターショー東京モーターショー

    MP-1はトヨタ自動車が1975年の東京モーターショーで参考出品した自動車。トヨタ・MP-1 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見た東京モーターショー東京モーターショー

    2007年10月26日 - 東京モーターショーで、CR-Zコンセプトが初公開された。この時は、ハッチバックのスポーツハイブリッドカーであること以外の詳細は、明かされなかった。同年12月19日の年末社長会見において、当時のホンダ社長の福井威夫が、これをベースにした車を市販すると発表した。2008年12月22日から2009年1月19日までホンダ本社で行われたHonda Green Machine企画展に、インサイト・コンセプトやFCXクラリティと共に展示された。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • コニー・360コーチ

    コニー・360コーチから見た東京モーターショー東京モーターショー

    愛知機械工業は2ドアセダン型軽乗用車・「コニー・360コーチ」を1961年10月に開催された第8回全日本自動車ショウに参考出品し、軽乗用車市場への進出を図った。360コーチは東京芸術大学在学中から愛知機械工業製の全ての軽四輪車のデザインを手がけた工業デザイナー・宮田脩平による端正な2ドアノッチバックセダンのスタイリング、愛知機械工業初のモノコック構造の車体、新開発のリアエンジン方式、そして四輪独立懸架のサスペンションを持った意欲作であったが、オート三輪と軽商用車の経験しかない愛知機械工業にとって、乗用車市場への参入は非常に大きな賭けであった。コニー・360コーチ フレッシュアイペディアより)

  • スバル・1000

    スバル・1000から見た東京モーターショー東京モーターショー

    1965年10月21日 - 東京ヒルトンホテル(現・キャピトル東急ホテル)で行われた報道関係者向け発表会で初披露。同月29日に第12回東京モーターショーに参考出品。スバル・1000 フレッシュアイペディアより)

527件中 21 - 30件表示