527件中 31 - 40件表示
  • 日産・フェアレディZ

    日産・フェアレディZから見た東京モーターショー東京モーターショー

    第24回東京モーターショーにアメリカ合衆国で開催されていたレースSCCA(Sports Car Club of America )に参戦していた「DATSUN ZX TURBO V-8」を参考出品。FRP製のボディにプレジデント用のV8エンジンをベースにターボを組合わせたレーシングカーである。日産・フェアレディZ フレッシュアイペディアより)

  • スポーツカー

    スポーツカーから見た東京モーターショー東京モーターショー

    そして、スポーツカー市場の縮小は折からの若年層のクルマ離れを助長するという結果をも招いている。そのため現在各メーカーで若年層をターゲットとした低価格スポーツカー(スポーティーカー)の開発が進められている。また、2007年東京モーターショーに出展された本田技研工業のスポーツ性能と環境性能を両立したハイブリッドスポーツカー ホンダ・CR-Zや日産自動車出展のスポーツカー並みの性能とコンパクトカーのような広いキャビンを持つ「ラウンドボックス」のように各メーカーで未来のスポーツカー像が模索されている。2011年の東京モーターショーにはトヨタ自動車と富士重工業(スバル)の共同開発によるトヨタ・86、およびスバル・BRZがそれぞれ発表され、翌2012年春に共に販売開始された。2010年に前述のCR-Zを市販化した本田技研工業は、次世代NSXや軽自動車のオープンスポーツカーを、2014年に発売することを発表している。スポーツカー フレッシュアイペディアより)

  • 幕張メッセ

    幕張メッセから見た東京モーターショー東京モーターショー

    当初は業績・稼働日数・来場者数ともに順調に推移したが東京都心から遠いことや周辺に観光地などが存在していないといった点が不利となり、東京モーターショーが東京国際展示場へ移るなど、苦戦を強いられている。幕張メッセ フレッシュアイペディアより)

  • 三菱・デリカD:5

    三菱・デリカD:5から見た東京モーターショー東京モーターショー

    東京モーターショーにて、アウトランダーや7代目ランサー/ギャランフォルティスの三菱・GSプラットフォームをベースにしたコンセプトカー『Concept-D:5』が公開された。三菱・デリカD:5 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・N BOX

    ホンダ・N BOXから見た東京モーターショー東京モーターショー

    市販モデルは、2011年に開催された第42回東京モーターショーに出展され、『N CONCEPT 1』は『N BOX(標準形)』、『N CONCEPT 2』は『N BOX カスタム』、『N CONCEPT 3』は『N BOX+』として市販された。ホンダ・N BOX フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・N-ONE

    ホンダ・N-ONEから見た東京モーターショー東京モーターショー

    2011年に開催された第42回東京モーターショーに『N CONCEPT 4』として出展され、それの市販モデルである。ホンダ・N-ONE フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・アテンザ

    マツダ・アテンザから見た東京モーターショー東京モーターショー

    第35回東京モーターショーにて、参考出品。マツダ・アテンザ フレッシュアイペディアより)

  • ミニバン

    ミニバンから見た東京モーターショー東京モーターショー

    日本では、1975年の第21回東京モーターショー(東京晴海)にトヨタからマルチパーパスワゴンMP-1が参考出品されている。トヨタはステーションワゴンをアレンジしたRV系の車を以前から参考出品車していたが、より実用的な方向として多目的ワゴンのMP-1が開発された。発売こそされなかったがそのコンセプトや実際の車のつくりは、今日の目でみればミニバンカテゴリーの車である。ミニバン フレッシュアイペディアより)

  • 信越放送

    信越放送から見た東京モーターショー東京モーターショー

    TOKYO MOTOR SHOW TV(東京モーターショー開催年の11月下旬、東京支社が制作、TBS以外のJNN全国ネット)信越放送 フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・オートザムAZ-1

    マツダ・オートザムAZ-1から見た東京モーターショー東京モーターショー

    1989年の東京モーターショーで参考出品された「AZ550 Sports」(後述)の市販版ともいえるAZ-1は1992年9月24日に発表され、同年10月5日に発売。スズキ製3気筒DOHCのF6Aターボエンジンをシート後部に(ミッドシップ)搭載し、「究極のハンドリングマシーン」と銘打たれた車である。パワートレインはアルトワークスと一部共通化している。外板に特殊プラスチックを使用し、ガルウイングドアを採用して、超小型のスーパーカーを演出していた。ボディは外装を簡単に取り外せるスケルトンモノコックという特殊なフレームを採用して剛性を高め、外装がない状態でも走行可能。車重は720kg。型式はE-PG6SA。マツダ・オートザムAZ-1 フレッシュアイペディアより)

527件中 31 - 40件表示