116件中 91 - 100件表示
  • 東京モーターショー

    東京モーターショーから見た晴海通り

    晴海会場の時代は自家用車での来場が禁止されていたが、晴海通りは来場者の車で連日大渋滞した。違法駐車が続出したため、会場周辺を一方通行にすると共に、日の出桟橋から晴海埠頭まで水上バスによる海上輸送を行った。東京モーターショー フレッシュアイペディアより)

  • 東京モーターショー

    東京モーターショーから見たアメリカ合衆国

    国内外の主要メーカーが参加する国際モーターショーであり、フランクフルトモーターショー(ドイツ)、パリサロン(フランス)、ジュネーヴ・モーターショー(スイス)、北米国際オートショー(アメリカ合衆国)と並ぶ世界5大モーターショーの一つ。第1回から現在に至るまで、公式ガイドブックとして自動車ガイドブックが発行されている。東京モーターショー フレッシュアイペディアより)

  • 東京モーターショー

    東京モーターショーから見た世界金融危機 (2007年-)

    第41回(2009年)は、2008年(平成20年)に発生したリーマン・ショックや世界金融危機、アメリカ車大手(ビッグスリー)の業績不振から、海外メーカーが出展を見合わせて出店者数が前回の約半分へ落ち込み、入場者数は第40回から約43%減の約60万人となった。東京モーターショー フレッシュアイペディアより)

  • 東京モーターショー

    東京モーターショーから見た水上バス

    晴海会場の時代は自家用車での来場が禁止されていたが、晴海通りは来場者の車で連日大渋滞した。違法駐車が続出したため、会場周辺を一方通行にすると共に、日の出桟橋から晴海埠頭まで水上バスによる海上輸送を行った。東京モーターショー フレッシュアイペディアより)

  • 東京モーターショー

    東京モーターショーから見たマスメディア

    主催は、東京が日本自動車工業会、名古屋が在名マスメディア、仙台と大阪が日本自動車販売協会連合会の各府県支部など、福岡と札幌が行政を中心とした産学官連携の実行委員会となっており、特に後発の福岡と札幌では、各道県の自動車産業振興を目的として様々なイベント等が同時期に開催されている。東京モーターショー フレッシュアイペディアより)

  • 東京モーターショー

    東京モーターショーから見たモーターリゼーション

    モーターリゼーションの進展により、自動車の普及率は高まったが、来場者数も多く見込めるため、メーカーにとっては、数多くの新型車の発表となる。自動車に対する興味関心の有無に関係なく楽しめることが、モーターショー本来の目的となっている。単なる自動車展示では飽きてしまうため、デザインコンセプトモデルなど、市販化しない近未来的な実験車両も多く展示される。来場者の興味を掻き立てるショーとしての役割も大きい。東京モーターショー フレッシュアイペディアより)

  • 東京モーターショー

    東京モーターショーから見た大韓民国

    日本車の市販車やコンセプトカーの世界初公開の場として利用され、海外メーカーもチューンドカーなどのモデルバリエーションの市販車やコンセプトカーの世界初公開を行うことがある。大韓民国や中華民国の企業は、OEMを得意とする産業構造から完成車メーカーが少なく、出展する企業が少ないのが現状である。東京モーターショー フレッシュアイペディアより)

  • 東京モーターショー

    東京モーターショーから見た障害者手帳

    第44回は、障害者手帳所持者と同伴1名が入場料無料となった。東京モーターショー フレッシュアイペディアより)

  • 東京モーターショー

    東京モーターショーから見た自動車ガイドブック

    国内外の主要メーカーが参加する国際モーターショーであり、フランクフルトモーターショー(ドイツ)、パリサロン(フランス)、ジュネーヴ・モーターショー(スイス)、北米国際オートショー(アメリカ合衆国)と並ぶ世界5大モーターショーの一つ。第1回から現在に至るまで、公式ガイドブックとして自動車ガイドブックが発行されている。東京モーターショー フレッシュアイペディアより)

  • 東京モーターショー

    東京モーターショーから見た年度

    東京モーターショー (TMS) が行われた後、展示内容を縮小したモーターショーが国内各地で開催される。TMSと同じ年度に開催され、隔年開催となる。東京モーターショー フレッシュアイペディアより)

116件中 91 - 100件表示

「東京モーターショー」のニューストピックワード

  • 感動思い出して

  • 我が国が治療薬実現を

  • 湧水(ゆうすい)の全量を大井川水系に戻すことは対話を開始した前提であり、JR東海は守る責務がある