873件中 11 - 20件表示
  • 石川光陽

    石川光陽から見た東京大空襲東京大空襲

    警視総監直々の命令を受けて東京大空襲の惨状などを撮影したことで知られる。石川光陽 フレッシュアイペディアより)

  • 早川宗八郎

    早川宗八郎から見た東京大空襲東京大空襲

    太平洋戦争中に東京帝国大学理学部物理学科に入学し、空襲警報の下で細々ながら勉学を続けた。1945年3月の東京大空襲で家を焼かれてなくし、両親と兄1人も失った。自身も顔半面にやけどを負い、運河に飛び込んで2時間以上の逃避の末に一命を取りとめた。戦後、生き残った兄たちや知人の助けにより、1947年に大学を卒業、そのまま大学に残って研究生活に入った。早川宗八郎 フレッシュアイペディアより)

  • 五反田大映劇場

    五反田大映劇場から見た東京大空襲東京大空襲

    1945年5月24日 - 空襲により全焼・閉館五反田大映劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都復興記念館

    東京都復興記念館から見た東京大空襲東京大空襲

    関東大震災の惨事を長く後世に伝え、また焦土を復興させた当時の大事業を記念するためのもので、震災の惨禍を物語る多くの遺品や資料、古今の各地における震火災に関する諸資料、加えて太平洋戦争末期における東京大空襲などの戦災関係資料を保存・展示している。東京都復興記念館 フレッシュアイペディアより)

  • 青山脳病院

    青山脳病院から見た東京大空襲東京大空襲

    この結果、青山脳病院は1945年(昭和20年)5月18日に「東京都立松沢病院 梅ヶ丘分院」に代わった。しかしながらその僅か1週間後の同年5月25日、病院はアメリカ軍が行った空襲によって半焼する被害を受けている。青山脳病院 フレッシュアイペディアより)

  • 明治座

    明治座から見た東京大空襲東京大空襲

    1945年(昭和20年)3月10日の東京大空襲で焼失した明治座は、その残骸をむき出しのまま放置されていた。地元有志の間で明治座復興の気運が盛り上がり、1947年(昭和22年)3月に復興期成会が組織された。明治座設立発起人準備委員会を開いたのは、復興期成会結成から3年近くも経った1949年(昭和24年)11月だった。発起人総代に三輪善兵衛(ミツワ石鹸社長)、副総代に新田新作(新田建設社長)、準備委員に松坂屋の伊藤鈴三郎、松竹の大谷竹次郎などが名を連ね、料亭「玄冶店 濱田家」を営む三田政吉も参加した。建設は新田建設が請け負い、1950年(昭和25年)11月30日に開場に漕ぎ着けた。明治座 フレッシュアイペディアより)

  • 友松円諦

    友松円諦から見た東京大空襲東京大空襲

    また、東京大空襲で戦争孤児になった海老名香葉子(初代林家三平夫人)を、親交のあった三遊亭金馬(八代)に親代わりになってもらうようにお願いした。友松円諦 フレッシュアイペディアより)

  • 豊嶌雅男

    豊嶌雅男から見た東京大空襲東京大空襲

    興國商業学校時代は柔道で鳴らし、1937年5月場所に出羽海部屋から初土俵を踏む。1941年5月場所で新入幕を果たすと、この場所では11勝4敗の好成績を挙げる。1942年1月場所には双葉山定次から金星を獲得して10勝5敗、その後も勝ち越しを続け、関脇に昇進した。安藝ノ海節男に続く出羽海部屋一門の有望株として期待されたほか、立合いからの一気の突進力を活かした突き押し一途の取り口が戦時中の社会情勢とも合致したため、人気力士として名が挙がるほどであった。このように双葉山定次には2勝5敗と善戦したが、羽黒山政司には6連敗と全く勝てず、佐賀ノ花勝巳にも1勝6敗と苦戦と波のある成績が原因で関脇止まりであった。それでも彼が後述の通り25歳の若さで東京大空襲の犠牲にならなければ将来は横綱にもなれただろうと、先輩の安藝ノ海は後に語っていた。豊嶌雅男 フレッシュアイペディアより)

  • 築地館 (映画館)

    築地館 (映画館)から見た東京大空襲東京大空襲

    築地館(つきじかん)は、かつて存在した日本の映画館である。正確な時期は不明であるが1920年(大正9年)代にはすでに東京府北豊島郡王子町大字豊島(現在の東京都北区豊島)に開館しており、帝国キネマ演芸や松竹キネマの上映館であった。河合徳三郎に経営が移って以降は、河合築地館(かわいつきじかん)とも呼ばれた。1940年(昭和15年)前後には王子新興映画劇場(おうじしんこうえいがげきじょう)と改称している。第二次世界大戦末期、1945年(昭和20年)2月19日の空襲によって豊島地区は壊滅、閉館を余儀なくされた。戦前に一時、映画監督の渡辺護の実家が経営にかかわっていたことでも知られる。築地館 (映画館) フレッシュアイペディアより)

  • 近藤日出造

    近藤日出造から見た東京大空襲東京大空襲

    戦争の激化にともない、近藤は1944年(昭和19年)9月、家族を長野県上田市に疎開させ、自身は東京・芝神谷町の借家で、那須良輔、横井福次郎、和田義三らと共同生活を送った。その借家は1945年(昭和20年)3月10日未明の東京大空襲で焼かれ、近藤も上田に疎開する。同年7月に応召され、熊本の臨時編成部隊に配属される。程なく終戦を迎えたが、部隊が山中に立てこもって抗戦をはかると主張した。近藤は数人の隊員とともに、8月16日の深夜、ひそかに部隊から脱走し、上田に帰った。近藤日出造 フレッシュアイペディアより)

873件中 11 - 20件表示

「東京大空襲」のニューストピックワード