589件中 11 - 20件表示
  • 東京都の歴史

    東京都の歴史から見た東京大空襲東京大空襲

    第二次世界大戦中の1943年(昭和18年)7月1日には、東京市と東京府は廃止され、東京都が設置された。初代東京都長官は、内務省出身の大達茂雄であった。第二次世界大戦末期の1945年(昭和20年)3月10日には東京大空襲によって下町を中心に甚大な被害を受け、都庁舎も失った。その後の空襲による被害もあわせて、市街地の多くが焼け野原と化した。また、小笠原諸島の硫黄島では地上戦が行われ、日米両軍が多大な犠牲を払った戦いとなった。第二次世界大戦の終結により、旧日本軍の基地や施設は、連合国軍に順次接収された。208ヶ所あった都内の米軍基地は、多年にわたる取組みの歴史を経て、現在は8ヶ所になっている。東京都の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • おひさま (朝ドラ)

    おひさま (朝ドラ)から見た東京大空襲東京大空襲

    1945年(昭和20年)3月、東京大空襲に遭い、命の恩人である医大生の上原に初めて恋をするが、彼が引き換えに重傷を負い間もなく命を落とした事により失恋。身も心もボロボロになり、心配し東京に駆けつけた陽子・真知子に付き添われ安曇野に帰り静養生活をする。帰郷後、上原の両親と連絡をとり、送られた上原の写真をお守りとして肌身離さず持ち歩くようになる。おひさま (朝ドラ) フレッシュアイペディアより)

  • 東京大学の建造物

    東京大学の建造物から見た東京大空襲東京大空襲

    日本で初めて設立された近代的な大学である東京大学には、明治以降の日本における教育史を象徴する数多くの建造物が関東大震災や東京大空襲などによる被害から免れ、残存している。そのため、重要文化財や登録有形文化財となっている建築物も多い。さらに指定までは受けていないものの建築関係者に評価の高い建物などもある。本記事では、重要文化財や登録有形文化財となっている建築物を中心に東京大学のキャンパス内に現存している、もしくはしていた建造物に関して歴史的意義などをふまえながら解説をしている。東京大学の建造物 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の戦争犯罪

    アメリカ合衆国の戦争犯罪から見た東京大空襲東京大空襲

    第二次世界大戦中の無差別都市爆撃(とりわけドレスデン爆撃・東京大空襲)や日本への原子爆弾投下(広島・長崎)などは戦争犯罪ではないかと主張されることもあるが、戦勝国であるアメリカが裁かれることはなく、責任者も処罰されていない。また、無差別爆撃を指揮したカーチス・ルメイ自身が「もし米国が戦争に負けていたら、私は戦争犯罪人として裁かれていただろう」と語っている。こう言った点より、戦争犯罪とは上記の定義や善悪ではなく勝者と敗者の力関係によって犯罪者か英雄かに分かれているだけなのではないか、という疑義が呈されるのである。アメリカ合衆国の戦争犯罪 フレッシュアイペディアより)

  • 戦略爆撃

    戦略爆撃から見た東京大空襲東京大空襲

    第二次世界大戦の後期には、枢軸国が戦略爆撃を受ける。代表例ではハンブルク空襲・ドレスデン空襲、東京大空襲、名古屋大空襲・そして広島市・長崎市への原爆投下である。その他、アメリカ合衆国を除く、多くの戦争当事国が戦略爆撃を受け、多くの都市が被害に遭った。第二次世界大戦において、都市以外を主目標とした戦略爆撃もあり、1943年8月のプロシェチ油田爆撃や1944年11月の東京西部中島飛行機武蔵製作所(主力航空機のエンジン生産工場)爆撃などがある。戦略爆撃 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和天皇

    昭和天皇から見た東京大空襲東京大空襲

    1945年(昭和20年)3月10日の東京大空襲を受け、3月18日に東京都内の被災地を視察した。5月26日の空襲では宮城に攻撃を受け、皇居宮殿が炎上した。ポツダム宣言の受諾を決断し、8月10日の御前会議にていわゆる「終戦の聖断」を披瀝した。8月14日の御前会議でポツダム宣言の無条件受諾を決定し、終戦の詔書を出した。同日にはこれを自ら音読して録音し、8月15日にラジオ放送により国民に終戦を伝えた(玉音放送)。9月27日に、連合国軍最高司令官のダグラス・マッカーサーとの会見の為、駐日アメリカ合衆国大使館を初めて訪問。11月13日に、伊勢神宮へ終戦の報告参拝を行った。また同年には、神武天皇の畝傍山陵、明治天皇の伏見桃山陵、大正天皇の多摩陵にも参拝して終戦を報告した。昭和天皇 フレッシュアイペディアより)

  • 表参道 (原宿)

    表参道 (原宿)から見た東京大空襲東京大空襲

    並木通りとしての表参道の街路樹であるケヤキ(欅)は、通りの左右に一列ずつ、現在は合計で163本が生育している。大正時代に植えられた元もとのケヤキは、アメリカ軍による東京大空襲によって1945年(昭和20年)に大部分が焼失、現在生育しているケヤキの大部分は1950年(昭和25年)頃に植えなおされたものである。ただし、表参道ヒルズ前などの合計11本は戦火に耐えた樹木であり、樹齢90年を超えているものもある。初代のケヤキについては、現地に解説板が備わっている。表参道 (原宿) フレッシュアイペディアより)

  • 永井荷風

    永井荷風から見た東京大空襲東京大空襲

    戦争の深まりにつれ、新作の新刊上梓は難しくなったが、荷風は『浮沈』『勲章』『踊子』などの作品や『断腸亭日乗』の執筆を続けた。草稿は複数部筆写して知友に預け、危急に備えている。戦争の影響は容赦なく私生活に悪影響を与え、食料や燃料に事欠くようになる。1945年3月10日払暁の東京大空襲で『偏奇館』は焼亡、荷風は草稿を抱えて避難したがおびただしい蔵書は灰燼に帰した。永井荷風 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・ブロンソン

    チャールズ・ブロンソンから見た東京大空襲東京大空襲

    エリック・プレストンによって書かれた伝記『Charles Bronson: From West To Best』では、アメリカの第二次世界大戦への参戦(1941年12月)後に徴兵されアメリカ陸軍航空隊に入ったとされるが、公式の記録では、1943年に陸軍航空隊を志願し、ボーイングB-29の射撃手として東京大空襲にも参加したとされる。チャールズ・ブロンソン フレッシュアイペディアより)

  • 明治神宮

    明治神宮から見た東京大空襲東京大空襲

    神宮本殿は大東亜戦争末期の1945年(昭和20年)4月、アメリカ軍による空襲によって焼失した。その後全国から復興資金が寄せられ、仮殿が建設されて翌1946年(昭和21年)5月に還座祭が行われた。現在の本殿はその後、国内外からの寄付などによって造営が進められたもので、還座祭は1958年(昭和33年)10月31日に行われた。境内の旧御苑入口付近にはかつて、代々木の地名の起源ともなったモミの巨木「代々木」があったが、この名木も空襲の折、高射砲によって撃墜されたアメリカ軍機・B29の直撃を受けて焼失している。明治神宮 フレッシュアイペディアより)

589件中 11 - 20件表示

「東京大空襲」のニューストピックワード