589件中 31 - 40件表示
  • 矛盾都市TOKYO

    矛盾都市TOKYOから見た東京大空襲東京大空襲

    「矛盾力」という力によって、市内ではあらゆる事が起こりえる。住人の一部は矛盾力を利用し、記動力という能力を用いる事が出来る。また、第二次世界大戦の東京大空襲によって市の東側が大陥没、国立から三鷹までの間に「東京大断層」と呼ばれる深い断層がある事になっている。その陥没した部分を「地下東京」、上にある部分を「地上東京」と呼ぶ。矛盾都市TOKYO フレッシュアイペディアより)

  • 山の手大空襲

    山の手大空襲から見た東京大空襲東京大空襲

    山の手大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 錦糸公園

    錦糸公園から見た東京大空襲東京大空襲

    当公園は1923年に発生した関東大震災によって壊滅的な被害を受けた東京の復興事業の一環として隅田公園(台東区、墨田区)、浜町公園(中央区)と並んで計画されたものである。当地は元々は帝国陸軍の糧秣厰倉庫であったが公園として整備され、1928年7月に開園された。戦時中は空襲からの避難所としての役割や戦災で命を落とした人たちの仮埋葬所としても利用された。こと1945年の東京大空襲においては、1万余の遺体が当公園に仮埋葬された。戦後は人々の憩いの場として使われるようになり、次第に体育館や噴水池などが整備されてきた。また公園の北側には隣接して長く精工舎(SEIKO)の工場があったが、再開発によりオフィスや飲食店などが入った商業施設「オリナス」が2006年にオープンした。当施設を始め付近を行き交う人々にも多く利用されている。また、錦糸公園もそれにあわせて現在再整備が進行されている。錦糸公園 フレッシュアイペディアより)

  • 神田日勝

    神田日勝から見た東京大空襲東京大空襲

    1937年(昭和12年)東京の練馬に生まれる。1945年(昭和20年)、東京大空襲に遭遇。戦火を逃れる為、一家で北海道鹿追町へ疎開する。神田日勝 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家枝太郎

    柳家枝太郎から見た東京大空襲東京大空襲

    柳家枝太郎(1876年10月3日 - 1945年5月26日) - 音曲師、息子は8代目春風亭柳枝。最初は1900年8月に初代三遊亭圓右の門で右左喜、同年に初高座。その後4代目柳亭左楽の門で茶楽、1907年頃に4代目枝太郎を襲名。十八番は「両国の大津絵」が得意で客から「両国!」「両国やれ!」と声が掛かり、他にネタをやらせてもらえなかったほど。大正時代に入り、睦会に所属し活躍したが55歳の時に脳溢血でそのまま高座を退いた、左楽の襲名を期待されたが音曲師だった為に継ぐことはなかった。1945年4月12日に空襲で神明町の家が焼け、一時知人の代々木幡ヶ谷に越して来たが5月25日の最後の東京大空襲の夜に米軍の焼夷弾が息子(8代目柳枝)の留守を守る枝太郎一家を直撃し戦災した。墓が文京区の常徳寺にある。戒名は天楽院応誉即信居士。享年69。本名は嶋田(島田)信吉。柳家枝太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 時刻表昭和史

    時刻表昭和史から見た東京大空襲東京大空襲

    東京大空襲の時の様子と、疎開で新潟県村上市へ向かう時の様子を書く時刻表昭和史 フレッシュアイペディアより)

  • 郷司正巳

    郷司正巳から見た東京大空襲東京大空襲

    1995年、東京戦災傷害者の会のメンバーら東京大空襲被害者など30数人に取材した写真集『半世紀の肖像?戦災傷害者の記録』(草の根出版会)刊行。作家の早乙女勝元が「序にかえて」を添える。郷司正巳 フレッシュアイペディアより)

  • 丸山二郎

    丸山二郎から見た東京大空襲東京大空襲

    太平洋戦争が激化した1943年(昭和18年)、文部省古典編修部の嘱託となり、『日本書紀』の校訂に従事した。丸山はこの『日本書紀』校訂の組板を国史大系の『日本書紀』にも利用しようとしたという。たが、この事業は東京大空襲によって挫折してしまった。丸山二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 溝渕広之丞

    溝渕広之丞から見た東京大空襲東京大空襲

    第二次世界大戦における東京大空襲によって、溝渕に関する直接の資料は全て焼失してしまっており、判明している資料はその戦火を免れて残っていた親族宛ての手紙のみであるという。溝渕広之丞 フレッシュアイペディアより)

  • 村松孝一

    村松孝一から見た東京大空襲東京大空襲

    戦争の影響により楽器の需要は増大し、1937年にニッカン(日本管楽器製造株式会社)が設立されて軍隊向けの楽器を多く製作し始めたが、フルートの作製ができなかったため村松に協力を依頼した。村松はニッカンで技術協力をしながら,自身が製作した楽器は一般向けとして販売した(1945年3月の東京大空襲まで)。1940年頃には工場全体で10名ほどが1ヶ月に70?80本のフルートを作っていたという。1943年以降の金属統制令の下でも、手持ちの材料で細々と製作を続けた。村松孝一 フレッシュアイペディアより)

589件中 31 - 40件表示

「東京大空襲」のニューストピックワード