873件中 31 - 40件表示
  • 君の名は

    君の名はから見た東京大空襲東京大空襲

    第二次大戦、東京大空襲の夜。焼夷弾が降り注ぐ中、たまたま一緒になった見知らぬ男女、氏家真知子と後宮春樹は助け合って戦火の中を逃げ惑ううちに、命からがら銀座の数寄屋橋までたどり着く。一夜が明けて、二人はここでようやくお互いの無事を確認する。君の名は フレッシュアイペディアより)

  • 成田山東京別院深川不動堂

    成田山東京別院深川不動堂から見た東京大空襲東京大空襲

    永代寺は明治維新後、神仏分離令により廃寺となり、旧境内は深川公園となった。しかし不動尊信仰は止むことがなく、明治11年(1878年)に現在の場所に成田不動の分霊を祀り、「深川不動堂」として存続することが東京府により認められた。境内地は、深川公園の一部を永久かつ無償で借用することが認められたものである。明治14年(1881年)に本堂が完成。その後本堂は関東大震災・東京大空襲と二度にわたって焼失したが、本尊は焼失を免れた。永代寺は門前にあった塔頭・吉祥院が明治29年(1896年)に再興され、名跡を継いだ。なお、地名「門前仲町」は「永代寺の門前町」という意味である。成田山東京別院深川不動堂 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の戦争犯罪

    アメリカ合衆国の戦争犯罪から見た東京大空襲東京大空襲

    第二次世界大戦中の無差別都市爆撃(とりわけドレスデン爆撃・東京大空襲)や日本への原子爆弾投下(広島・長崎)などは戦争犯罪ではないかと主張されることもあるが、戦勝国であるアメリカが裁かれることはなく、責任者も処罰されていない。また、無差別爆撃を指揮したカーチス・ルメイ自身が「もし戦争に敗れていたら私は戦争犯罪人として裁かれていただろう。幸運なことにわれわれは勝者になった」と語っている。アメリカ合衆国の戦争犯罪 フレッシュアイペディアより)

  • すずらん (テレビドラマ)

    すずらん (テレビドラマ)から見た東京大空襲東京大空襲

    1945年3月10日の東京大空襲で「猫又食堂」が全焼。萌は光太郎を連れて明日萌へ疎開し、竹次郎など若い男子が出征したことで人手不足となっていた明日萌駅や中村旅館を手伝う。終戦直前に留萌へ出張していた次郎が北海道空襲に巻き込まれ、入院先の病室で萌は次郎と玉音放送を聴く。すずらん (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 料亭

    料亭から見た東京大空襲東京大空襲

    星ヶ岡茶寮(現存しない) - もとは岩倉具視らの援助で東京・永田町二丁目に開業した料亭。1921年(大正11年)に北大路魯山人が開設した美食倶楽部が、1925年(大正14年)にこの星ヶ岡茶寮を借り受けて会員制の料亭として営業したが、戦災で焼失した。戦後は魯山人の手を離れ東京急行電鉄が中華料理店として営業したが間もなく閉店し、跡地は東京ヒルトンホテル(後にキャピトル東急ホテル)となった。料亭 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口安吾

    坂口安吾から見た東京大空襲東京大空襲

    1944年(昭和19年)1月に黒田官兵衛を主人公にした歴史小説「黒田如水」(『二流の人』の原型)を『現代文學』、2月に「鉄砲」を『文藝』に発表。徴兵逃れのために日本映画社の嘱託となる。3月14日に矢田津世子が38歳で病死。安吾はしばらく打ちのめされた。1945年(昭和20年)4月に召集令状を受けるが、応召せず、6月に、記録映画『黄河』などの脚本を書いたが映画化はされなかった。2月26日に東京大空襲を受けたが、家は焼け残った。戦災に遭った親戚筋の大野璋五(裁判官)一家4人が坂口家と同居する。終戦後の9月に日本映画社を退社。世話になった友人の尾崎士郎が戦争責任で追及されることを危惧して奔走する。安吾は尾崎士郎の秘書という名目でGHQ戦犯事務所に同行して弁護をした。坂口安吾 フレッシュアイペディアより)

  • 東京スカイツリー

    東京スカイツリーから見た東京大空襲東京大空襲

    防災の日、東京大空襲・東日本大震災追悼(毎年3月10日 - 11日、9月1日) - 完全な白色(上部のみ点灯)、2014年3月11日は明花。東京スカイツリー フレッシュアイペディアより)

  • 国立科学博物館

    国立科学博物館から見た東京空襲東京大空襲

    1945年1月27日東京空襲の際に、別館脇で炸裂した爆弾の爆風により事務室の窓ガラスが飛び、標本等150点が破損する(これが戦火による唯一の被害とされているが、後述の軍による強制取り壊しにより、数千の標本が放棄された)。国立科学博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎座

    歌舞伎座から見た東京大空襲東京大空襲

    第二次世界大戦で戦況が激しくなると興行も中止され、建物は1945年(昭和20年)の東京大空襲で全焼、大屋根も焼け落ちた。歌舞伎座 フレッシュアイペディアより)

  • カーチス・ルメイ

    カーチス・ルメイから見た東京大空襲東京大空襲

    3月10日、東京大空襲を指揮。ルメイの独創性は進入高度の変更にあった。従来は高度8500mから9500mの昼間爆撃を行っていたが、高度1500mから3000mに変更した。理由はジェットストリームの影響を受けないこと、エンジン負荷軽減で燃料節約し多くの爆弾を積めること、爆撃が正確に命中すること、火災を密度で合流し大火災にできることであった。しかし低空では敵の迎撃機、対空砲があるため夜間爆撃にした。また機銃、弾薬、機銃手をB-29から取り除き一機当たり爆弾を200キロ増やせるようにし、編隊ではなく単機直列に変更した。ルメイの変更に乗員は恐怖したが、結果的にB-29の損害は軽微であった。誘導機を務めたトム・パワー参謀長は「まるで大草原の野火のように燃え広がっている。地上砲火は散発的。戦闘機の反撃なし」と実況報告した。3時間にも満たぬ間に、日本は死者行方不明含め10万人以上、被災者100万人以上、約6平方マイル内で25万戸の家屋が焼失したが、ルメイの部隊は325機中14機を損失しただけであった。カーチス・ルメイ フレッシュアイペディアより)

873件中 31 - 40件表示

「東京大空襲」のニューストピックワード