873件中 41 - 50件表示
  • 石井菊次郎

    石井菊次郎から見た東京大空襲東京大空襲

    1945年(昭和20年)、5月25日から26日にかけて、東京は東京大空襲に見舞われた。石井夫妻は渋谷青葉町の自宅付近で行方不明となり、消息不明となった。この時に死亡したと推定されている。石井菊次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 花子とアン

    花子とアンから見た東京大空襲東京大空襲

    1945年(昭和20年)4月の東京大空襲の最中、本作の主人公・村岡花子(旧名・安東はな)は「命より大事」な翻訳途中の Anne of Green Gables の原書を懐に抱え、子供たちを連れて戦火の中を逃げまどっていた。52歳の花子が命がけで守り抜いたこの原書は、後年『赤毛のアン』の題名で翻訳出版され、日本中で人気を博することになる。花子とアン フレッシュアイペディアより)

  • 永井荷風

    永井荷風から見た東京大空襲東京大空襲

    戦争の深まりにつれ、新作の新刊上梓は難しくなったが、荷風は『浮沈』『勲章』『踊子』などの作品や『断腸亭日乗』の執筆を続けた。草稿は複数部筆写して知友に預け、危急に備えている。戦争の影響は容赦なく私生活に悪影響を与え、食料や燃料に事欠くようになる。1945年3月10日払暁の東京大空襲で偏奇館は焼亡、荷風は草稿を抱えて避難したがおびただしい蔵書は灰燼に帰した。永井荷風 フレッシュアイペディアより)

  • 進開屋

    進開屋から見た東京大空襲東京大空襲

    1914年(大正3年)、現在地に蕎麦屋・進開屋を建築したが、1923年(大正12年)に起きた関東大震災により焼失、その後の、1926年頃(昭和初期)に現在の木造2階建の店舗を建設した。第二次世界大戦や東京大空襲においても被害を受けなかった。進開屋 フレッシュアイペディアより)

  • 棚澤書店

    棚澤書店から見た東京大空襲東京大空襲

    明治時代(1868年 - 1911年)の中期、洋品店舗として建築され、1923年(大正12年)に起きた関東大震災、その後の、第二次世界大戦や東京大空襲においても被害を受けなかった。当時の、東京大学周辺の商家の町並み景観を伝える建物で、歴史的建造物として国の登録有形文化財(建造物)に登録されている。棚澤書店 フレッシュアイペディアより)

  • 表参道 (原宿)

    表参道 (原宿)から見た東京大空襲東京大空襲

    並木通りとしての表参道の街路樹であるケヤキ(欅)は、通りの左右に一列ずつ、現在は合計で163本が生育している。大正時代に植えられた元もとのケヤキは、アメリカ軍による東京大空襲によって1945年(昭和20年)に大部分が焼失、現在生育しているケヤキの大部分は1950年(昭和25年)頃に植えなおされたものである。ただし、表参道ヒルズ前などの合計11本は戦火に耐えた樹木であり、樹齢90年を超えているものもある。初代のケヤキについては、現地に解説板が備わっている。表参道 (原宿) フレッシュアイペディアより)

  • 東京大学の建造物

    東京大学の建造物から見た東京大空襲東京大空襲

    日本で初めて設立された近代的な大学である東京大学には、明治以降の日本における教育史を象徴する数多くの建造物が関東大震災や東京大空襲などによる被害から免れ、残存している。そのため、重要文化財や登録有形文化財となっている建築物も多い。さらに指定までは受けていないものの建築関係者に評価の高い建物などもある。本記事では、重要文化財や登録有形文化財となっている建築物を中心に東京大学のキャンパス内に現存している、もしくはしていた建造物に関して歴史的意義などをふまえながら解説をしている。東京大学の建造物 フレッシュアイペディアより)

  • 三島由紀夫

    三島由紀夫から見た東京大空襲東京大空襲

    公威は、栗山理一を通じ野田宇太郎(『文藝』編集長)と知り合い、戦時下でただひとつ残った文芸誌『文藝』に「サーカス」と「エスガイの狩」を持ち込み、「エスガイの狩」が採用された。処女短編集『花ざかりの森』は野田宇太郎を通じ、3月に川端康成に献呈された。川端は『文藝文化』の公威の作品群や「中世」を読んでいた。群馬県の前橋陸軍士官学校にいる三谷信を、三谷の家族と共に慰問中の3月10日の夜、東京は大空襲に見舞われた(東京大空襲)。焦土と化した東京へ急いで戻り、公威は家族の無事を確認した。三島由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 関東大震災

    関東大震災から見た東京大空襲東京大空襲

    9月27日、帝都復興院が設置され、総裁の後藤新平により帝都復興計画が提案された。それは被災地を全ていったん国が買い取る提案や、自動車時代を見越した100m道路の計画(道路の計画には震災前の事業計画だった低速車と高速車の分離も含まれていた)、ライフラインの共同溝化など、現在から見ても理想的な近代都市計画だったが、当時の経済状況や当時の政党間の対立などにより予算が縮小され、当初の計画は実現できなかった(後藤案では30億円だったが、最終的に5億円強にまで削られて議会に提出された)。また土地の買い上げに関しては神田駿河台の住民が猛反発した。この復興計画の縮小が失策だったことは、東京大空襲時の火災の拡がり方や、戦後の高度経済成長期以降の自動車社会になって証明された。例えば道路については首都高速等を建設(防災のために造られた広域避難のための復興公園(隅田公園)の大部分を割り当てたり、かつ広域延焼防止のために造られた道路の中央分離帯(緑地)を潰すなどして建設された)する必要が出てきた。また現在も、一部地域では道路拡張や都市設備施設などの整備が立ち遅れているという結果を生んだ。関東大震災 フレッシュアイペディアより)

  • 相馬半治

    相馬半治から見た東京大空襲東京大空襲

    1942年(昭和17年)4月27日、明治製菓会長を辞し、相談役。1943年(昭和18年)、明治製糖相談役。相談役になってからも実権を握り、重役の辞令やボーナスは相馬が渡していた。1945年(昭和20年)5月25日、伊皿子の本邸が東京大空襲で焼失、鎌倉市大町の別邸に移る。6月26日に入院。相馬はジストマと聞かされ、そのための治療を受けるが、実際には癌だった。8月30日に退院するが、翌1946年(昭和21年)1月7日、脾臓癌のため死去。1月10日、明治製菓ビル講堂にて社葬。戒名は興明院大鑑照徹大居士。長年の部下有嶋健助も、翌年死去している。相馬半治 フレッシュアイペディアより)

873件中 41 - 50件表示

「東京大空襲」のニューストピックワード