589件中 51 - 60件表示
  • 高橋うらら

    高橋うららから見た東京大空襲東京大空襲

    1993年の毎日児童小説優秀賞受賞、1999年の宝塚ファミリーコンサート童話コンクール特賞日本アンデルセン協会賞受賞を経て2001年、『いい天気』でデビュー。東京大空襲やカンボジアの地雷被害、動物福祉などをテーマとして取り上げるなど、「命の大切さ」を執筆活動の主題として位置づける。また、自らの実妹が聴覚にハンディキャップを負っていることから、障害者への関心が高く、作品にも多く登場させている。高橋うらら フレッシュアイペディアより)

  • 都立理工専門学校 (旧制)

    都立理工専門学校 (旧制)から見た東京大空襲東京大空襲

    1945年3月10日: 東京大空襲で校舎焼失。都立理工専門学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 村上兵衛

    村上兵衛から見た東京大空襲東京大空襲

    3月に陸軍士官学校を卒業(57期)し、7月に少尉に任官。青山の明治神宮野球場向かいにある、新設の近衛歩兵第6連隊に隊付となった。近衛歩兵第6連隊では連隊旗手として勤務をしたが、そのころから東京はしばしば米軍の空襲にさらされるようになった。そのため兵衛は空襲が本格的に始まってから連隊旗手の職務を後任に申し送るまでの1年間は、空襲警報が発令されても直ちに軍旗のもとに駆けつける事が出来るよう、軍服を脱いで就寝することが無かった。3月の東京大空襲の際には、軍旗を持ち、旗護兵と共に神宮外苑のプールへ避難している。7月、中尉に進級した後に陸軍士官学校の区隊長に転任。連隊旗手としての任務から解放された際には、肩から重い荷物が消えたように感じている。村上兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 真野房子

    真野房子から見た東京大空襲東京大空襲

    1937年、日中戦争が勃発し翌1938年からパーマネントは禁止された。1945年、東京大空襲で再び店が焼失。戦後焼け跡に店を再開させ、また各地で講習会を開く。1947年、山野千枝子らと全国的に「美容同業組合」結成を働きかけ東京都美容師会理事にも選ばれる。翌1948年、東京都美容試験委員に任命され、以後22年間に渡り都衛生行政に寄与した。1950年、オリエンタル美容研究所を改組し、新宿区西大久保に真野高等美容女学校(真野美容専門学校)を創立し校長就任、多くの後進を育成した。また美容研究団体「真会」を創設、その他、美容雑誌、一般夫人雑誌に美容、着付け記事を多数執筆した。現在では山野愛子、メイ牛山らの方が著名だが、戦後の一時期までは真野の方が著名であった。1969年、勲五等瑞宝章、1970年都知事賞を受けた。1986年逝去。真野美容専門学校は現在、真野の娘や姪らが後を継いでいる。真野房子 フレッシュアイペディアより)

  • 茅野雅子

    茅野雅子から見た東京大空襲東京大空襲

    1880年、大阪市道修町の「増田順血湯」本舗で知られた薬種問屋の次女として生まれる。相愛女学校退学。1900年与謝野鉄幹が主宰する「新詩社」に加入、「明星」へ投稿。1904年上京して日本女子大学に入学。1905年、与謝野晶子、山川登美子と3人で歌集「恋衣」を刊行、明星派3才媛として雅子の名を世に広めた。1907年、明星同人で東京帝国大学独文科の学生であった茅野蕭々の熱烈な求婚を受け、親の反対に遇ったが、絶縁を覚悟の上で、女子大学卒業後に結婚。「明星」廃刊の後、北原白秋、吉井勇、石川啄木らと「スバル」に参加、「青鞜」、「婦人の友」等にも短歌、随筆等を発表するなど意欲的に活動した。1921年日本女子大学の教授となり晩年まで勤めた。また、「春草会」、「茅花会」などの短歌会を主宰した。1946年、東京大空襲で被災した翌年、夫蕭々の病死した4日後、後を追うようにこの世を去った。茅野雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 塩谷靖子

    塩谷靖子から見た東京大空襲東京大空襲

    東京都に生まれ、1歳4ヶ月の時に東京大空襲に遭い、両親の故郷である鳥取県境港市へと移り住んだ。視力は生まれつき弱かったが最初から全盲ではなく、先天性緑内障のために、徐々に視力が衰えた後8歳の頃には完全に視力を失ってしまった。塩谷靖子 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田正子

    豊田正子から見た東京大空襲東京大空襲

    小学生の頃、鈴木三重吉の綴方指導の影響を受けた教師・大木顕一郎らの指導で書いた作文が、『綴方教室』に収められて刊行されるとたちまちベストセラーになり、映画化もされた。その頃、正子はすでに小学校を卒業して女工になっていたが、『婦人公論』に創作を発表、20歳を迎えた戦時中には中国視察に派遣され、『私の支那紀行 清郷を往く』(1943年)を発表した。1945年の東京大空襲では弟を亡くす。豊田正子 フレッシュアイペディアより)

  • 東日天文館

    東日天文館から見た東京大空襲東京大空襲

    開館時期は大阪市立電気科学館よりも遅く、さらに1945年の東京大空襲で焼失してしまったため、営業期間はおよそ8年とごく短期間であった。そのため観覧した人は限られているが、当時の混迷を深めつつある世相の中で人々に一筋の光明を与え、後に天文関係で活躍する人材の輩出にもつながった。入場料は大人50銭、小人25銭であった。軍事学生及び一般閣體には割引が適用されたらしい。東日天文館 フレッシュアイペディアより)

  • タカマツ・アズマプロダクション

    タカマツ・アズマプロダクションから見た東京大空襲東京大空襲

    「タカマツ・アズマプロダクション」は1927年で映画の製作活動を停止するが、吾嬬撮影所は残っていた。1945年の東京大空襲で焼失し、現在は住宅地になっている。タカマツ・アズマプロダクション フレッシュアイペディアより)

  • 岩淵大殿

    岩淵大殿から見た東京大空襲東京大空襲

    昭和21年 東京大空襲にて、明治神宮一帯、延焼し渋谷区穏田の住居全焼。長野県会田村に疎開。岩淵大殿 フレッシュアイペディアより)

589件中 51 - 60件表示

「東京大空襲」のニューストピックワード