873件中 61 - 70件表示
  • 世田谷

    世田谷から見た東京大空襲東京大空襲

    世田ヶ谷(せたがや) - 北海道江別市にある地区名。太平洋戦争末期の1945年、東京大空襲後に、東京都世田谷区の罹災者が入植した(拓北農兵隊)ことが地名の由来。世田谷 フレッシュアイペディアより)

  • 小田急1500形電車

    小田急1500形電車から見た東京大空襲東京大空襲

    1940年に帝都電鉄は小田急に合併したが、この時には改番は行なわれず、1942年に東急に合併した時に形式が東急デハ1450形・クハ1500形に変更され、全車両が改番された。また、クハ500形は戦時中に片側の運転台の機器を撤去し、事実上片運転台の車両となった。戦時中に、デハ1458は台車をD-18から川崎車輛製鋳鋼台車に交換しており、電動機の出力も80HP(英馬力)から125HPに増強している。また、正面の運転席窓上の庇は1944年以降に撤去された。1945年5月25日の空襲では永福町車庫が被災し、29両中23両が焼失した中、デハ1458(モハ208)とクハ1502(クハ502)は焼失を免れた。小田急1500形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京王デハ1700形電車

    京王デハ1700形電車から見た東京大空襲東京大空襲

    東京急行電鉄(大東急)では東横線用クハ3650形と編成を組む制御電動車デハ3550形の新造が進められていた。ところが1945年5月25日の空襲で当時同社の路線であった井の頭線が壊滅的被害を受け、著しい車両不足に陥っていたため、京浜線用制御車クハ5350形として投入される予定だった車両(後のデハ1710形)と共に1946年にデハ1701 - デハ1707の7両が井の頭線に投入されたものである。京王デハ1700形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 小田原急行鉄道101形電車

    小田原急行鉄道101形電車から見た東京大空襲東京大空襲

    1945年5月25日深夜の空襲により、井の頭線の永福町車庫に留置されていた29両中23両が焼失するという壊滅的な被害を受けたことを受け、応援として同年6月末からしばらくの間、デハ1206(旧モハニ106)などの車両が代田連絡線を経由して井の頭線に貸し出された。小田原急行鉄道101形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京王電気軌道200形電車

    京王電気軌道200形電車から見た東京大空襲東京大空襲

    1944年の京王電気軌道の東京急行電鉄(大東急)への統合の際、デハ2200形2201 - 2206に改番された。1945年5月25日の空襲では2201・2205が被災している。2201はは応急復旧工事がされたが、2205は京王分離(1948年6月)後の1949年に日車東京支社で車体を新製して復旧している。京王電気軌道200形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京王電気軌道300形電車

    京王電気軌道300形電車から見た東京大空襲東京大空襲

    1944年(昭和19年)に京王電気軌道が東京急行電鉄(大東急)に統合される際、デハ2300形2301 - 2306に改番された。2304・2305は1945年5月25日の空襲で焼失したが、京王分離(1948年6月)後の1949年(昭和24年)に日車東京支社で車体を新製して復旧している。京王電気軌道300形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京王電気軌道110形電車

    京王電気軌道110形電車から見た東京大空襲東京大空襲

    2117 - 2119・2121は1945年5月25日の空襲で、2122が1946年1月16日に桜上水工場の火災で被災した。2118・2119は1946年に、2117・2121・2122は1947年に復旧工事が施工された。内容は焼失鋼体を利用しつつ鋼板張り一重屋根、2段窓でパンタ側の客用扉を車体中心に寄せ左側半室式の運転室と乗務員扉新設等であり、屋根を二重屋根の高い側に合わせたため、極端な厚みを持つ屋根であり、なおかつ施工時期や外注業者により屋根曲線が異なっていた。京王電気軌道110形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京王電気軌道500号電車

    京王電気軌道500号電車から見た東京大空襲東京大空襲

    1944年の京王電軌の東京急行電鉄(大東急)への合併によりデハ2500形2500となった。1945年5月25日の空襲で焼失したが、京王分離(1948年6月)後の1949年(昭和24年)に日本車輌製造で車体を新製して復旧した。この時に窓配置はdD4D4D1となり、貴賓車時代の姿は全く失われている。京王電気軌道500号電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京王電気軌道501形電車

    京王電気軌道501形電車から見た東京大空襲東京大空襲

    1944年の京王電軌の東京急行電鉄(大東急)への併合により、500号とともにデハ2500形に編入され、デハ2501 - 2504となる。1945年5月25日に2501が空襲で、1946年1月16日に2502が火災で焼失しており、両車とも京王分離(1948年6月1日)後の1949年に日本車輌製造で車体を新製して復旧している。京王電気軌道501形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 溝渕広之丞

    溝渕広之丞から見た東京大空襲東京大空襲

    第二次世界大戦における東京大空襲によって、溝渕に関する直接の資料は全て焼失してしまっており、判明している資料はその戦火を免れて残っていた親族宛ての手紙のみであるという。溝渕広之丞 フレッシュアイペディアより)

873件中 61 - 70件表示

「東京大空襲」のニューストピックワード