589件中 81 - 90件表示
  • 芳町 (花街)

    芳町 (花街)から見た東京大空襲東京大空襲

    天保12年(1841年)、中村座の焼失で芝居小屋群は浅草の猿若町に移転し、その後の天保の改革で江戸市中の岡場所(非公認の花街、遊廓)が取り潰され、深川から逃れてきた芸妓が移り住み、芳町は芸妓の花街となった。幕末から明治、大正、昭和にかけて繁栄を極め、日本で最初の女優となった川上貞奴や芸妓から歌手に転向した勝太郎ら名妓を輩出した。大正期には、「白首」(しろくび)と呼ばれる私娼が登場し蛎殻町周辺で客を取り風紀を乱していた。第2次世界大戦による営業停止、東京大空襲の被害を乗り越え花街は昭和24年(1949年)、芸妓278名、置屋177軒、料亭、待合あわせて121軒で復興された。芳町 (花街) フレッシュアイペディアより)

  • 沢田猛

    沢田猛から見た東京大空襲東京大空襲

    炭坑労働者のじん肺患者や東京大空襲、中国・重慶爆撃の空襲被害者らの追跡ルポルタージュを書いている。沢田猛 フレッシュアイペディアより)

  • 正殿

    正殿から見た東京大空襲東京大空襲

    明治22年(1889年)2月11日大日本帝国憲法発布式典が挙行された。昭和20年(1945年)の東京大空襲により他の宮殿殿舎とともに焼失した。正殿 フレッシュアイペディアより)

  • 歴史群像

    歴史群像から見た東京大空襲東京大空襲

    第1特集 日本にとどめを刺したのはB-29だったのか!?「再検証 本土爆撃歴史群像 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草 (花街)

    浅草 (花街)から見た東京大空襲東京大空襲

    しかし、昭和16年(1941年)の太平洋戦争が勃発すると徐々に自粛され芸妓らは工場に借り出されることを余儀なくされ、昭和19年(1944年)、花街は全面営業停止となった。昭和20年(1945年)3月10日、東京大空襲によって被害を受け、多くの死者が出た。同年8月15日、終戦を迎え、翌昭和21年(1946年)に花街は一段と早く復興し、芸妓40名、料亭16軒、置屋13軒で再開した。昭和25年(1950年)、「浅草三業組合」が組織され芸妓は座敷のみならず、三社祭などの行事にも積極的に参加し、また、日ごろの稽古の成果を発表するようになった。花街は昭和30年代前期に最盛期を迎え、料亭102軒、芸妓600名に達した。しかし、昭和40年代になると芸妓、料亭が減少し、平成23年(2011年)現在、芸妓(立方、地方あわせて)54名、料亭8軒、そして全国で唯一、在籍している幇間(酒席を取り持ち諸芸を披露する男性)が4名である。現在、花柳界に疎遠なは一般客に向けてのお座敷講座を開き、また『浅草おどり』を開催し花街文化の伝承に努力している。浅草 (花街) フレッシュアイペディアより)

  • 学校法人二松學舍

    学校法人二松學舍から見た東京大空襲東京大空襲

    1945年 - 東京大空襲により校舎全焼学校法人二松學舍 フレッシュアイペディアより)

  • 中村研一

    中村研一から見た東京大空襲東京大空襲

    1945年5月、東京大空襲により代々木の住居とアトリエを焼失し、戦後は、小金井市中町に転居し永住する。日展、光風会展を中心に作品を発表し、1950年、日本芸術院会員に推挙される。1958年、日展常務理事となる。画面に感情や情緒などを付加せず、抜群のデッサン力と構成力で写実的な画風を創り上げ、そのアカデミックで堅実簡明な画風は昭和新写実主義を代表するものであった。夫人をモデルにした婦人像と裸婦像を多く制作している。中村研一 フレッシュアイペディアより)

  • 気楽流

    気楽流から見た東京大空襲東京大空襲

    中興の祖と謳われた飯塚臥龍斎は、江戸愛宕神社下に門弟3000人を数えるほどの道場を構えていたが、自身の門弟・五十嵐金弥(のちに児島系13代目となる)らと共に、浅草寺へ献額している。ただこの額は昭和の戦災による東京大空襲よって焼失してしまった。気楽流 フレッシュアイペディアより)

  • 青山パークタワー

    青山パークタワーから見た東京大空襲東京大空襲

    建物が建つ一帯は1966年(昭和41年)の住居表示施行により「渋谷1丁目」に代わるまで、「美竹町」という住所であった。この地には戦前、梨本宮の邸宅があり、14万坪とも20万坪ともいわれたその敷地は美竹町の半分近くを占めていた。梨本宮邸は青山通りに表門があり、現在のこどもの城や旧東京都職員共済組合青山病院に沿って斜面を下って東京都児童会館のあたりに建坪約700坪の御殿を配した広大なもので、1910年(明治44年)に完成した。しかしながらアメリカ軍による1945年(昭和20年)5月の東京大空襲によって邸宅の大部分を焼失、さらに日本の敗戦後には梨本宮家が臣籍降下したこともあって、最終的には全てが民間や東京都などに分割・売却された。青山パークタワー フレッシュアイペディアより)

  • 金井窪駅

    金井窪駅から見た東京大空襲東京大空襲

    現在の下板橋留置線と山手通りの間である板橋区大山金井町10番地付近に存在した。当時の下板橋駅(現在の下板橋留置線内の東側)との駅間は僅か400メートルで、同線でも駅間の短いときわ台駅 - 中板橋駅間より短かった。開業から僅か15年足らずの1945年(昭和20年)4月13日の東京空襲によって被災しそのまま廃止された。金井窪駅 フレッシュアイペディアより)

589件中 81 - 90件表示

「東京大空襲」のニューストピックワード