873件中 81 - 90件表示
  • 小嶋時久

    小嶋時久から見た東京大空襲東京大空襲

    1945年(昭和20年) - 東京大空襲により被災し、栃木県下都賀郡壬生町へ移住、「拓生」開拓団地に入植小嶋時久 フレッシュアイペディアより)

  • 海軍館

    海軍館から見た東京大空襲東京大空襲

    大東亜戦争末期の1945年(昭和20年)5月、海軍館はアメリカ軍による東京大空襲(山の手大空襲)で被災したものの焼失を免れた。その後、同年8月に日本が敗戦すると、海軍館は日本占領軍である連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)に接収された。海軍館 フレッシュアイペディアより)

  • 日本高等学校 (旧制)

    日本高等学校 (旧制)から見た東京大空襲東京大空襲

    なお、日本女子歯科医専は戦中を通して施設が大きな損失を被ることはなく、1945年3月の東京大空襲の際にも、学校敷地内に焼夷弾が2、3発着弾しただけで、校舎などを失うことはなかった。にも関わらずB級判定を受けた理由について、学園側は、施設面などよりも、(歯科医学校を含め)女子のみを対象にした医学教育機関という特質が、GHQ側の理解を得られなかったからではないかとの見解を示している。当時においても世界的に見れば女子医学校は稀な存在であり、とりわけ女子のみの歯科医学校は日本にしかなかったという。同じく女子歯科医専であった東洋女子歯科医学専門学校もB級判定を受けて(ただしこちらは校舎を空襲で焼失している)、旧制東洋高校に転換している。日本高等学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 籏興行

    籏興行から見た東京大空襲東京大空襲

    その後、既存館の買収を行い、第二次世界大戦の開始する1941年(昭和16年)末までに東京府東京市(現在の東京都)内、および神奈川県横浜市・千葉県市川市に合計10館の映画館を保有する。前述の2館のほか、豊島区に池袋日勝映画館(のちの池袋日勝映画劇場、池袋町1丁目743番地)、江戸川区に小松川電気館(小松川3丁目53番地)、小岩松竹館(のちの小岩スカラ座、小岩町3丁目1861番地)、城東区(現在の江東区)に三光館(南砂町1丁目285番地)、亀戸昭和館(亀戸町3丁目257番地)、亀戸映画劇場(かつての亀戸松竹館、のちの亀戸日勝映画劇場、亀戸町3丁目168番地)、神奈川県横浜市中区(現在の南区)に中島常設館(共進町3丁目55番地)、千葉県市川市に市川映画館(市川2丁目3057番地)である。多くが東東京に位置し、東京大空襲の被害は甚大であり、多くは閉館を余儀なくされた。籏興行 フレッシュアイペディアより)

  • 元神明宮

    元神明宮から見た東京大空襲東京大空襲

    社伝によると、寛弘2年(1005年)に一条天皇の勅命により創建され、渡辺綱の産土神であったことから、多くの武人に崇敬されたという。また、江戸時代に徳川将軍家の命により神体や神宝が飯倉神明(現芝大神宮)に移されることになったが、氏子・崇敬者の熱意により境内に神体を隠し留め、これを昼夜警護したとも伝えられ、「元神明宮」と称して、藩邸が隣接した有馬氏を始め、広く衆庶の崇敬を集めたという。大正の関東大震災や昭和の東京大空襲等の災厄から氏子・崇敬者を守ったとされたことから、厄除けの神としても崇敬を受け、平成17年(2005年)9月には、「御鎮座壱千年」の記念事業を行った。元神明宮 フレッシュアイペディアより)

  • 伊場仙

    伊場仙から見た東京大空襲東京大空襲

    大正12年(1923年)の関東大震災で店舗は焼失したが、3日後には渋谷町の自宅で営業を再開した。昭和20年(1945年)東京大空襲では自宅は被害を受けたが、店舗は被害を免れたため、以降職住分離を方針としている。伊場仙 フレッシュアイペディアより)

  • 京成100形電車

    京成100形電車から見た東京大空襲東京大空襲

    1945年(昭和20年)3月10日、東京大空襲により押上駅で109が被災。1948年(昭和23年)に国鉄モハ63形に似た前後対称の車体を帝國車輛工業で製造した(210(⇔511)・507・512も同様の車体で復旧)。131・134・135は戦災廃車となった。京成100形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 水守亀之助

    水守亀之助から見た東京大空襲東京大空襲

    1945年5月、東京大空襲で罹災し、妻を喪うと共に自身も顔面に大火傷を負い、自宅を失う。餓死の噂を立てられたこともあるが、1953年、朝日新聞社から随筆『わが文壇紀行』を刊行。水守亀之助 フレッシュアイペディアより)

  • 隅田川橋梁群

    隅田川橋梁群から見た東京大空襲東京大空襲

    東京大空襲で重要な避難路の一つとなる。隅田川橋梁群 フレッシュアイペディアより)

  • 原文兵衛

    原文兵衛から見た東京大空襲東京大空襲

    警視庁警務課長であった当時、1945年3月10日の東京大空襲を経験する。この時、警視庁の専属カメラマンであり、空襲の記録を担当していた石川光陽が決死の覚悟で撮影に赴く際、石川に対し「必ず生きて帰れ」と指示。石川は原の言葉を守って生き抜き、大空襲の惨状を伝える写真を残した。原文兵衛 フレッシュアイペディアより)

873件中 81 - 90件表示

「東京大空襲」のニューストピックワード