361件中 21 - 30件表示
  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た軍需産業

    「ミーティングハウス2号作戦」と呼ばれた1945年3月10日の大空襲(下町大空襲)は、高度1600?2200メートル程度の超低高度・夜間・焼夷弾攻撃という新戦術が本格的に導入された初めての空襲だった。その目的は、木造家屋が多数密集する下町の市街地を、そこに散在する町工場もろとも焼き払うことにあった。この攻撃についてアメリカ軍は、日本の中小企業が軍需産業の生産拠点となっているためと理由付けしていた。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た東武鉄道

    爆撃の際には火炎から逃れようとして、隅田川や荒川に架かる多くの橋や、燃えないと思われていた鉄筋コンクリート造の学校などに避難した人も多かった。しかし火災の規模が常識をはるかに超えるものだったため、至る所で巨大な火災旋風が発生し、あらゆる場所に竜の如く炎が流れ込んだり、主な通りは軒並み「火の粉の川」と化した。そのため避難をしながらもこれらの炎に巻かれて焼死してしまった人々や、炎に酸素を奪われて窒息によって命を奪われた人々も多かった。焼夷弾は建造物等の目標を焼き払うための兵器だが、この空襲で使われた焼夷弾は小型の子弾が分離し大量に降り注ぐため、避難民でごった返す大通りに大量に降り注ぎ子供を背負った母親や、上空を見上げた人間の頭部・首筋・背中に突き刺さり即死させ、そのまま爆発的に燃え上がり周囲の人々を巻き添えにするという凄惨な状況が多数発生した。また、川も水面は焼夷弾のガソリンなどの油により引火し、さながら「燃える川」と化し、水中に逃れても冬期の低い水温のために凍死する人々も多く、翌朝の隅田川・荒川放水路等は焼死・凍死・溺死者で川面があふれた。これら水を求めて隅田川から都心や東京湾・江戸川方面へ避難した集団の死傷率は高かった一方、内陸部、日光街道・東武伊勢崎線沿いに春日部・古河方面へ脱出した人々には生存者が多かった。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た葛飾区

    この空襲で一夜にして、東京市街地の東半部、実に東京35区の3分の1以上の面積にあたる約41平方キロメートルが焼失した。爆撃による火災の煙は高度1万5000メートルの成層圏にまで達し、秒速100メートル以上という竜巻並みの暴風が吹き荒れ、火山の大噴火を彷彿とさせた。午前2時37分にはアメリカ軍機の退去により空襲警報は解除されたが、想像を絶する大規模な火災は消火作業も満足に行われなかったため10日の夜まで続いた。当夜の冬型の気圧配置という気象条件による強い季節風(いわゆる空っ風)は、大きな影響を及ぼした。強い北西の季節風によって火勢が煽られ延焼が助長され、規模の大きい飛び火も多発し、特に郊外地区を含む城東地区や江戸川区内で焼失区域が拡大する要因となった。さらに後続するアメリカ軍編隊が爆撃範囲を非炎上地域にまで徐々に広げ、当初の投下予定地域ではなかった荒川放水路周辺や、その外側の足立区や葛飾区、江戸川区の一部の、当時はまだ農村地帯だった地区の集落を含む地域にまで焼夷弾の実際の投下範囲が広げられたことにより、被害が拡大した。これは早い段階で大火災が発生した投下予定地域の上空では火災に伴う強風が生じたため、低空での操縦が困難になったためでもあった。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た荒川区

    具体的な空襲対象地域の選定に際しては、人口密度・火災危険度・輸送機関と工場の配置などの要素が徹底的に検討され、それを元に爆弾爆撃有効度が計算されて一覧表が作成された。ここで特に重視されたのは人口密度だった。当時の東京各区の人口は浅草区の13万5000人が最大で、これに本所区・神田区・下谷区・荒川区・日本橋区・荏原区が8万人代で次いでいた。このうち荏原区は他から離れた山手に位置するためこれを除き、替わりに人口7万人台の深川区の北半分を加えた下町一帯が、焼夷弾攻撃地域第一号に策定された。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た小金井町

    1944年(昭和19年)11月24日に111機のB-29による北多摩郡武蔵野町の中島飛行機武蔵製作所、江戸川区、荏原区、品川区、杉並区、保谷町、小金井町、東久留米市、東京港などに対する初の戦略爆撃としての空襲(サン・アントニオ1号作戦)を行った。死者224人。これ以降アメリカ軍は1945年(昭和20年)2月まで各回70-80機程度を出撃させ、東京や名古屋の軍需工場や港湾施設を目標とした戦略爆撃を続けた。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見たカーチス・ルメイ

    アメリカ陸軍航空軍司令官ヘンリー・アーノルドは中国からのB29による爆撃を中止、その部隊をマリアナに合流させ、1945年(昭和20年)1月20日、ハンセルの後任としてカーチス・ルメイ少将を司令官に任命した。戦後ハンセルは「もし自分が指揮を執り続けていたら大規模な地域爆撃(無差別爆撃)を行わなかっただろう。自分の罷免は精密爆撃から地域爆撃への政策転換の結果である」と語っているが、実際はハンセルの任期から無差別爆撃の準備を進め、実験的に実行しており、無差別爆撃の方針についてルメイは基本的にハンセルの戦術を踏襲している。アーノルドはルメイが中国から行った高い精度の精密爆撃の腕を買い、1944年(昭和19年)11月13日の時点でルメイの異動を検討していた。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た豊島区

    1944年12月12日、豊島区、小石川区、東京湾空襲。死者6人。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た東京大学

    東京帝国大学 - 懐徳館(旧前田邸)東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た北多摩郡

    1944年(昭和19年)11月24日に111機のB-29による北多摩郡武蔵野町の中島飛行機武蔵製作所、江戸川区、荏原区、品川区、杉並区、保谷町、小金井町、東久留米市、東京港などに対する初の戦略爆撃としての空襲(サン・アントニオ1号作戦)を行った。死者224人。これ以降アメリカ軍は1945年(昭和20年)2月まで各回70-80機程度を出撃させ、東京や名古屋の軍需工場や港湾施設を目標とした戦略爆撃を続けた。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た河出書房新社

    A・C・グレイリング(著)、鈴木主税・浅岡政子(訳)『大空襲と原爆は本当に必要だったのか』 河出書房新社、2007年。ISBN 978-4-309-22460-2東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

361件中 21 - 30件表示

「東京大空襲」のニューストピックワード