185件中 31 - 40件表示
  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た葛飾区

    さらに後続する編隊が爆撃範囲を非炎上地域にまで徐々に広げた。当初の投下予定地域ではなかった荒川(当時は荒川放水路)周辺やその外側の足立区や葛飾区、江戸川区の一部(当時はまだ農村地帯だった地区の集落を含む)にまで焼夷弾の実際の投下範囲が広げられたことにより、被害が一層拡大した。これは、早い段階で大火災が発生した投下予定地域の上空では、火災に伴う強風が生じたため、低空での操縦が困難になったためでもあった。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見たロンドン

    より詳細には、まず、投下時に確実に日本家屋の瓦屋根を貫通させるため、上述した形状が選ばれるとともに、空中での向きを制御する吹流し状のものも個々の容器に取り付けられた。これにより、各容器が家屋の内部に到達して内部から火災を発生させる確率が高められた。なお、都内では当時すでに燃えにくい素材で建物を補強するなどの対策がなされていた(関東大震災を教訓にしたものであった)。しかし、防火性のある瓦屋根を貫いて建物の内部で着火剤を飛散させ、中から延焼させる仕組みのこれら焼夷弾の前にその対策は徒労に終わった。この焼夷弾の開発の参考にされたのは、皮肉にも同盟国ドイツによるロンドン空襲において回収された不発弾であった。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た東京都江戸東京博物館

    2001年開館を目指して東京都平和祈念館の建設も計画されたが、実現していない。東京都江戸東京博物館には東京大空襲に関する展示がある。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た竜巻

    3月9日夜、アメリカ軍編隊が首都圏上空に飛来した。日本軍もその行動を探知し、日本標準時9日22時30分にはラジオ放送を中断、警戒警報を発令した。ところが、アメリカ軍機が従来の空襲とは異なった航路を採ったことから、日本軍は敵機が房総半島沖に退去したものと誤認し、警戒警報を解除してしまった。これにより生じた隙を突くように、3月10日に日付が変わった直後の0時7分、爆撃が開始された。325機の出撃機のうち279機が第一目標である東京市街地への爆撃に成功し、0時7分に深川地区へ初弾が投下されたのを皮切りに、城東地区にも爆撃が開始された。0時20分には浅草地区や芝地区(現・港区)に対する爆撃も開始された。一部では爆撃と並行して機銃掃射も行われた。爆撃による火災の煙は高度15000mの成層圏にまで達し、秒速100m以上という竜巻並みの暴風が吹き荒れ、さながら火山の大噴火を彷彿とさせた。午前2時37分にはアメリカ軍機の退去により空襲警報は解除されたが、想像を絶する大規模な火災は消火作業も満足に行われなかったため10日の夜まで続いた。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た窒息

    爆撃の際には火炎から逃れようとして、隅田川や荒川に架かる多くの橋や、燃えないと思われていた鉄筋コンクリート造の学校などに避難した人も多かった。しかし、火災の規模が常識を遥かに超えるものであったため、至る所で巨大な火災旋風が発生し、あらゆる場所に竜の如く炎が流れ込んだり、主な通りは軒並み「火の粉の川」と化した。そのため、避難をしながらもこれらの炎に巻かれて焼死してしまった人々や、炎に酸素を奪われて窒息によって命を奪われた人々も多かった。焼夷弾は建造物等の目標を焼き払う為の兵器であるが、この空襲で使われた焼夷弾は小型の子弾が分離し大量に降り注ぐため、避難民でごった返す大通りに大量に降り注ぎ子供を背負った母親や、上空を見上げた人間の頭部・首筋・背中に突き刺さり即死、そのまま爆発的に燃え上がり周囲の人々を巻き添えにするという凄惨な状況が多数発生していた。また、川に逃げ込んだものの冬期の低い水温のために凍死する人々も多く、翌朝の隅田川・荒川放水路等は凍死・溺死者で川面が溢れていたという。これら水を求めて隅田川から都心や東京湾・江戸川方面へ避難した集団の死傷率は高かった一方、内陸部、日光街道・東武伊勢崎線沿いに春日部・古河方面へ脱出した人々には生存者が多かった。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見たクラスター爆弾

    この爆撃において投下された爆弾の種類は、この作戦で威力を発揮した新型の集束焼夷弾E46(M69)を中心とする油脂焼夷弾、黄燐焼夷弾やエレクトロン焼夷弾などである。有名なのはゼリー状のガソリンを長さ約50cmの筒状の容器に詰めたナパーム弾である。この焼夷弾は、投下時には各容器が一つの束にまとめられており、投下後に空中で散弾のように各容器が分散するようにされていたため、「束ねる」という意味を込めて「クラスター焼夷弾」と呼ばれた。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た銀座

    1945年2月までの時期のB-29による東京空襲は、昼間に8000m程度の高高度を編隊で飛びながらノルデン爆撃照準器による目視照準を主用し、悪天候時には雲より高空からレーダー照準を活用する精密爆撃を意図したものであった。工場などが目標のため、使用弾種も焼夷弾ではなく通常爆弾が中心だった。攻撃隊は東京西部からジェット気流に従って侵入し爆撃を行うのが通例で、悪天候で攻撃目標を捉えられない場合にはそのまま東進して市街地を爆撃することがあった。1945年1月27日のエンキンドル3号作戦では、中島飛行機武蔵製作所を狙って出撃した76機のB-29のうち56機が有楽町・銀座地区へ目標を変更、有楽町駅は民間人の遺体であふれた(銀座空襲)。なお、陸上から発進したB-29による空襲のほか、1945年2月15日のジャンボリー作戦を皮切りに、機動部隊から発進した小型機による東京空襲も行われている。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た馬主

    加藤雄策 (実業家・馬主 空襲被害の翌日に死去)東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見たナチス・ドイツ

    より詳細には、まず、投下時に確実に日本家屋の瓦屋根を貫通させるため、上述した形状が選ばれるとともに、空中での向きを制御する吹流し状のものも個々の容器に取り付けられた。これにより、各容器が家屋の内部に到達して内部から火災を発生させる確率が高められた。なお、都内では当時すでに燃えにくい素材で建物を補強するなどの対策がなされていた(関東大震災を教訓にしたものであった)。しかし、防火性のある瓦屋根を貫いて建物の内部で着火剤を飛散させ、中から延焼させる仕組みのこれら焼夷弾の前にその対策は徒労に終わった。この焼夷弾の開発の参考にされたのは、皮肉にも同盟国ドイツによるロンドン空襲において回収された不発弾であった。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た早稲田大学

    早稲田大学 - 恩賜記念館・大隈会館(旧大隈重信邸)東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

185件中 31 - 40件表示

「東京大空襲」のニューストピックワード