185件中 71 - 80件表示
  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た京島

    周囲が空襲で甚大な被害を受けながらも奇跡的に延焼を免れた地域としては、神田区須田町地区や墨田区京島地区が挙げられる。須田町では神田川が、京島では東武亀戸線沿いを流れていた小川がそれぞれ防火線となり、住民が川の泥や豆腐などを投じてまで懸命な防火活動にあたったことから、被害を免れた。またこの地区にも焼夷弾が落ちたが、空中で分解されずにそのまま落下したため不発弾となって軟弱な土中に深く埋まってしまい、そのため亀戸線で限られた地域が焼け残った。この両地域は空襲以前にも関東大震災の際にも延焼を免れ、ほぼ大正初期の路地構成や建物の面影を今に残す、下町一帯の中では希有な地域である。但し「生き残った」ことにより、自動車も通れない明治大正期の極狭路地が迷路のように走る同地帯は、現在では防災面で深刻な問題のある地域として懸念され、現在にいたるまでさまざまな防災に関するまちづくり、取り組みが行われている。中央区の佃島・月島地区も晴海運河が延焼を食い止めたことから戦火を免れ、現在も戦前からの古い木造長屋が残っている。対岸部の旧・深川区(現在の江東区)が3月10日の下町空襲で壊滅状態となったのとは、明暗が分かれた形となった。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た荒川放水路

    爆撃の際には火炎から逃れようとして、隅田川や荒川に架かる多くの橋や、燃えないと思われていた鉄筋コンクリート造の学校などに避難した人も多かった。しかし、火災の規模が常識を遥かに超えるものであったため、至る所で巨大な火災旋風が発生し、あらゆる場所に竜の如く炎が流れ込んだり、主な通りは軒並み「火の粉の川」と化した。そのため、避難をしながらもこれらの炎に巻かれて焼死してしまった人々や、炎に酸素を奪われて窒息によって命を奪われた人々も多かった。焼夷弾は建造物等の目標を焼き払う為の兵器であるが、この空襲で使われた焼夷弾は小型の子弾が分離し大量に降り注ぐため、避難民でごった返す大通りに大量に降り注ぎ子供を背負った母親や、上空を見上げた人間の頭部・首筋・背中に突き刺さり即死、そのまま爆発的に燃え上がり周囲の人々を巻き添えにするという凄惨な状況が多数発生していた。また、川に逃げ込んだものの冬期の低い水温のために凍死する人々も多く、翌朝の隅田川・荒川放水路等は凍死・溺死者で川面が溢れていたという。これら水を求めて隅田川から都心や東京湾・江戸川方面へ避難した集団の死傷率は高かった一方、内陸部、日光街道・東武伊勢崎線沿いに春日部・古河方面へ脱出した人々には生存者が多かった。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た神田神保町

    また築地や神田神保町一帯が空襲されなかったのも、アメリカ聖公会の建てた聖路加国際病院や救世軍本営があったからとも言われるが定かではない。神保町を空襲しなかった理由に古書店街の蔵書の消失を恐れた為という俗説もあるが、アメリカ軍は名古屋大空襲(5月14日の空襲で国宝であった名古屋城が焼失)やドイツでのドレスデン爆撃など文化財の破壊を容赦なく行っていることから信憑性は低い。なお日本正教会のニコライ堂(東京復活大聖堂)およびその関連施設も空襲を免れ現代に残っている。遺体の収容場所が足りなくなった事による本郷の町会の要請により、大聖堂には一時的に遺体が収容された。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見たマリアナ諸島

    ドーリットル空襲後、東京への空襲は途絶えていたが、1944年(昭和19年)7月にサイパン島などマリアナ諸島をアメリカ軍が制圧すると、東京がB-29爆撃機の攻撃圏内に入った。アメリカ陸軍航空軍は、第20空軍の第21爆撃集団をマリアナ諸島に展開させ、同年10月末からトラック島や硫黄島に対する手慣らし作戦を行った後、同年11月24日に111機のB-29による北多摩郡武蔵野町の中島飛行機武蔵製作所に対する初の戦略爆撃としての空襲(サン・アントニオ1号作戦)を行った。それ以降、アメリカ軍は、1945年(昭和20年)2月まで、各回70-80機程度を出撃させ、東京や名古屋の軍需工場や港湾施設を目標とした戦略爆撃を続けた。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た両国国技館

    両国国技館(のちの日大講堂。現在の国技館とは位置が異なる)東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た弾薬

    東京大空襲の爆撃のために各B-29には通常の約2倍の搭載量である6トンもの高性能焼夷弾が搭載されていた。ほぼ全ての機関銃および弾薬を爆弾投下機の多くから降ろしてまで、焼夷弾の搭載量が優先されたのである。その背景には、その時点で日本には貧弱な防空能力しか残されていないことが見抜かれていたことが挙げられる。この空襲での爆弾の制御投下弾量は38万1300発、1783トンにものぼった。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見たフィート

    低高度(高度7000 - 8000フィート)からの焼夷弾を投下する。日本上空の強い風を避け、目標を絞りやすいが、対空砲火や日本の戦闘機の標的になりやすい。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た原爆投下

    「自分たちが負けていたら、自分は戦犯として裁かれていた」とも述べたという。ルメイの前任者であったハンセル少将は、高高度からの軍事目標への精密爆撃に拘った故に解任されている。無差別戦略爆撃は、原爆投下も含めてアメリカ合衆国大統領たちの選択であったと言ってよい。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た中央区 (東京都)

    周囲が空襲で甚大な被害を受けながらも奇跡的に延焼を免れた地域としては、神田区須田町地区や墨田区京島地区が挙げられる。須田町では神田川が、京島では東武亀戸線沿いを流れていた小川がそれぞれ防火線となり、住民が川の泥や豆腐などを投じてまで懸命な防火活動にあたったことから、被害を免れた。またこの地区にも焼夷弾が落ちたが、空中で分解されずにそのまま落下したため不発弾となって軟弱な土中に深く埋まってしまい、そのため亀戸線で限られた地域が焼け残った。この両地域は空襲以前にも関東大震災の際にも延焼を免れ、ほぼ大正初期の路地構成や建物の面影を今に残す、下町一帯の中では希有な地域である。但し「生き残った」ことにより、自動車も通れない明治大正期の極狭路地が迷路のように走る同地帯は、現在では防災面で深刻な問題のある地域として懸念され、現在にいたるまでさまざまな防災に関するまちづくり、取り組みが行われている。中央区の佃島・月島地区も晴海運河が延焼を食い止めたことから戦火を免れ、現在も戦前からの古い木造長屋が残っている。対岸部の旧・深川区(現在の江東区)が3月10日の下町空襲で壊滅状態となったのとは、明暗が分かれた形となった。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大空襲

    東京大空襲から見た浅草

    3月9日夜、アメリカ軍編隊が首都圏上空に飛来した。日本軍もその行動を探知し、日本標準時9日22時30分にはラジオ放送を中断、警戒警報を発令した。ところが、アメリカ軍機が従来の空襲とは異なった航路を採ったことから、日本軍は敵機が房総半島沖に退去したものと誤認し、警戒警報を解除してしまった。これにより生じた隙を突くように、3月10日に日付が変わった直後の0時7分、爆撃が開始された。325機の出撃機のうち279機が第一目標である東京市街地への爆撃に成功し、0時7分に深川地区へ初弾が投下されたのを皮切りに、城東地区にも爆撃が開始された。0時20分には浅草地区や芝地区(現・港区)に対する爆撃も開始された。一部では爆撃と並行して機銃掃射も行われた。爆撃による火災の煙は高度15000mの成層圏にまで達し、秒速100m以上という竜巻並みの暴風が吹き荒れ、さながら火山の大噴火を彷彿とさせた。午前2時37分にはアメリカ軍機の退去により空襲警報は解除されたが、想像を絶する大規模な火災は消火作業も満足に行われなかったため10日の夜まで続いた。東京大空襲 フレッシュアイペディアより)

185件中 71 - 80件表示

「東京大空襲」のニューストピックワード