68件中 11 - 20件表示
  • 小諸都市圏

    小諸都市圏から見た東信地方東信地方

    小諸都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 青春ドリーム信州号

    青春ドリーム信州号から見た東信地方東信地方

    北陸新幹線の延長開業による観光需要などの活発化に伴い、関西方面との直接アクセスが難しかった東信地方(上田・佐久)・長野地区を夜行で結ぶ。青春ドリーム信州号 フレッシュアイペディアより)

  • 濁川 (長野県)

    濁川 (長野県)から見た東信地方東信地方

    長野県東信地方、北佐久郡軽井沢町西部、浅間山の南にそびえる石尊山の東側(標高1,500メートル)に端を発し、南南西の方向で直線的に流れ、御代田町を経て佐久市塚原にて流れを西に変え、塩名田で千曲川(長野県内における信濃川の呼称)に合流する。長さは17キロメートルである。濁川 (長野県) フレッシュアイペディアより)

  • 灰寄

    灰寄から見た東信地方東信地方

    灰寄(はいよせ)は、日本の葬儀儀礼の一種であり、葬儀、告別式後に親族や近親者等が、葬儀に際して、世話になった人々等を招いての精進落としのような席。主に長野県東部などで行われる。あとふき、ご苦労よび、おときなどと呼ぶ場合もある。灰寄 フレッシュアイペディアより)

  • 松井田城

    松井田城から見た東信地方東信地方

    後北条氏は天正壬午の乱において碓氷峠を超え東信州に進出するが、氏直と徳川家康との和睦により撤退し、碓氷峠が後北条領国の境界に確定した。そのため、政繁は松井田城を大改修している。現在残る遺構はこの改修後のものである。松井田城 フレッシュアイペディアより)

  • 筑摩山地

    筑摩山地から見た東信地方東信地方

    筑摩山地(ちくまさんち)は、長野県のほぼ中央部に位置する山地である。中信地方と東信地方にまたがり、両地方間の交通の障壁となってきた。1976年に三才山トンネルが開通し改善されている。美ヶ原や霧ヶ峰もこの中に含まれる。筑摩山地 フレッシュアイペディアより)

  • 岩鼻 (長野県)

    岩鼻 (長野県)から見た東信地方東信地方

    これら2つの崖はもともと陸続きであり、冠着山と四阿山とを結んでいた。これを千曲川が侵食したことで、現在のような川を挟んで崖同士が向き合う地形となった。それまで岩鼻上流は大きな湖であったとされ、これを由来とする民話や地名が東信地方(上小地域・佐久地域)の各所に残っている(後述)。岩鼻 (長野県) フレッシュアイペディアより)

  • 道家正栄

    道家正栄から見た東信地方東信地方

    道家氏の一人である道家正栄は叔父の滝川一益に仕え、天正10年(1582年)3月、滝川一益が東信の佐久郡・小県郡と上野一国を与えられるとこれに従い、佐久郡の小諸2万石を託され小諸城の城代となった。道家正栄 フレッシュアイペディアより)

  • ラオックスヒナタ

    ラオックスヒナタから見た東信地方東信地方

    長野県の北信地方と東信地方を中心に出店。当初は競合他店が少なかったことから、長野県における家電量販店の先駆者とも呼ばれていたが、ラオックスヒナタ フレッシュアイペディアより)

  • 麦草峠

    麦草峠から見た東信地方東信地方

    麦草峠(むぎくさとうげ)は、長野県茅野市と佐久穂町の間にある峠で、北八ヶ岳の丸山と茶臼山の間に位置する。県内の南信地方(諏訪地域)と東信地方(佐久地域)との境でもある。標高は2,120mで、国道299号(メルヘン街道)の最高地点(標高2,127m)は、本来の麦草峠よりも佐久穂町側に数100m寄った地点にある。この地点は、国道では渋峠に次いで2番目に標高の高い場所である。峠付近は比較的なだらかであるが、それを過ぎると両側とも勾配が厳しく、狭いヘアピンカーブが続く。麦草峠 フレッシュアイペディアより)

68件中 11 - 20件表示

「東信のできごと」のニューストピックワード