68件中 41 - 50件表示
  • デリシア (スーパーマーケット)

    デリシア (スーパーマーケット)から見た東信地方東信地方

    長野県全域に出店している。かつては新潟県にも店舗を展開していた。中信地方のスーパーマーケットの半分以上はアップルランド(松電ストア)であったため、中信地方では「スーパー=アップルランド」という構図ができており、特に松本市ではこれが顕著だった。しかし他店の進出が相次ぎ一部店舗の閉鎖もしたためこの構図も崩れつつある。また北信地方、東信地方、南信地方では出店はしているものの競合店が多いためこのような構図は見られないが、株式会社マツヤとの合併により店舗は61店舗となり長野県内での出店数は他を引き離している。デリシア (スーパーマーケット) フレッシュアイペディアより)

  • 新和田トンネル有料道路

    新和田トンネル有料道路から見た東信地方東信地方

    中山道の隘路を著しく改良したバイパスルートであり、東信地方・北関東と、東海地方以西の西日本を最短距離で結ぶ重要な幹線道路である。地元車両以外では特にショートカット効果の大きな群馬県のトラックの利用が多く見られる。新和田トンネル有料道路 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県道40号諏訪白樺湖小諸線

    長野県道40号諏訪白樺湖小諸線から見た東信地方東信地方

    長野県道40号諏訪白樺湖小諸線(ながのけんどう40ごう すわしらかばここもろせん)は、諏訪市の国道20号を起点とし、八ヶ岳中信高原国定公園内を通過し、小諸市の国道141号に至る主要地方道。観光道路とともに、東信地方と諏訪地方を結ぶ主要路線でもある。実延長80km弱は長野県道として最も長い県道である。長野県道40号諏訪白樺湖小諸線 フレッシュアイペディアより)

  • 釈尊寺

    釈尊寺から見た東信地方東信地方

    戦国時代の天文17年(1548年)武田信玄が東信地方に進攻し楽巌寺入道雅方・布下仁兵衛雅朝を攻略した際に焼亡した。永禄元年(1558年)に望月城主・望月左衛門佐信雅によって再建された。しかし、江戸時代中期の享保8年(1723年)に再度、野火のため焼亡した。釈尊寺 フレッシュアイペディアより)

  • 信濃の国

    信濃の国から見た東信地方東信地方

    「信濃の国」にまつわる逸話として以下のようなものがよく語られる。1948年(昭和23年)春の第74回定例県議会で、長野県を南北に分割しようとする分県意見書案が中信・南信地方(合併前の筑摩県域)出身議員らから提出され、分割に反対する北信出身議員の病欠などもあって可決されそうになった。この際に、傍聴に詰めかけた、分割に反対する北信地方と東信地方(合併前の長野県域)の住民達が突如として「信濃の国」の大合唱を行ない、分割を求める県会議員たちの意思を潰して、分割を撤回させたと言われている。しかし、当時の県職員は、投票前に歌が歌われていた記憶が無く、また、仮に県議会で分割案が可決されたとしても政府や国会は分県を認めない方針であったとしている。信濃の国 フレッシュアイペディアより)

  • 9

    9から見た東信地方東信地方

    中京圏の大半、新潟県糸魚川市、長野県北信・東信・中信地方、島根県浜田市、鹿児島県枕崎市等ではNHK教育テレビジョンアナログ波に 9ch が割り当てられている。9 フレッシュアイペディアより)

  • 上田市

    上田市から見た東信地方東信地方

    上田市(うえだし)は、長野県の東部(東信地方)にある市である。東信地方および上小地域(じょうしょうちいき)の中心都市で、長野県内では長野市、松本市に次ぐ3番目の規模の都市である。日本国内で現在53都市が指定されている国際会議観光都市に指定されている。千曲川右岸の旧市街は、戦国時代に真田氏が築いた上田城を中心とする城下町。千曲川左岸の塩田は鎌倉時代の執権北条氏の一族塩田北条氏の所領で、安楽寺、北向観音などの多くの文化遺産が残されており「信州の鎌倉」の異称で呼ばれる。上田市 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄EF62形電気機関車

    国鉄EF62形電気機関車から見た東信地方東信地方

    日本の経済成長が進展する中で、東京と長野県東信・北信を結ぶメインルートである信越本線の輸送力不足は非常に深刻な問題になっていた。国鉄EF62形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 佐久盆地

    佐久盆地から見た東信地方東信地方

    佐久盆地(さくぼんち)は、長野県東信地方の佐久市を中心とした盆地。佐久平(さくだいら)とも呼ばれ、長野県歌「信濃の国」で「松本・伊那・佐久・善光寺 四つの平は肥沃の地」と歌われた「平」の一つである。千曲川の上流域に位置する。なお、「佐久平」という名称は、JR北陸新幹線および小海線の駅名(佐久平駅)や、高速道路のパーキングエリアおよびスマートインターチェンジ名(上信越自動車道・佐久平パーキングエリアおよび佐久平スマートインターチェンジ)としても使われている。佐久盆地 フレッシュアイペディアより)

  • オタネニンジン

    オタネニンジンから見た東信地方東信地方

    古くから薬効が知られ珍重されていたが、栽培は困難で、18世紀はじめの李氏朝鮮で初めて成功した。韓国では忠清南道錦山郡と仁川広域市江華郡、北朝鮮では開城市が産地として有名。中国では長白山(白頭山)の麓で「長白山人蔘」として栽培される。日本では福島県会津地方、長野県東信地方、島根県松江市大根島(旧八束町)の由志園などが産地として知られる。オタネニンジン フレッシュアイペディアより)

68件中 41 - 50件表示

「東信のできごと」のニューストピックワード