72件中 41 - 50件表示
  • 東信地方

    東信地方から見た日本海側気候

    上信越自動車道・国道18号・長野新幹線の沿線であり、佐久地方では、中部横断自動車道の整備が進められている。水系は、佐久地方のいくつかの市町村に太平洋側の地域があるが、その他の地域は日本海側に属する。気候については、殆どの地域で内陸性気候を呈しているが、一部地域は日本海側気候で豪雪地帯となっている。それ以外の地域は中央高地式気候で、全国的に見ても年間降水量は少なく、軽井沢、野辺山などの高原地帯では寒さが厳しい。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た富士市

    又、宇都宮?高崎?小諸?山梨県(韮崎・甲府)?駿河湾岸(清水・富士)を結ぶ、碓氷峠・千曲川・富士川ルートが、東京とその近辺で災害や渋滞が起こった際の「迂回路」として機能している。かつては、清水と直江津の間で小中学生の交流会が開かれており、この清水⇔直江津を往復する際には、佐久地方を経由するルートが利用された。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た都市圏

    東信地方における都市雇用圏(10% 通勤圏)。一般的な都市圏の定義については都市圏を参照のこと。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た国道142号

    しかし、明治の鉄道敷設期には、追分宿と下諏訪宿を結ぶ中山道(国道142号)の沿線には、鉄道が敷設されなかった。それ以来、佐久地方の交通網は、関東と近畿を結ぶ内陸ルートの性格は失われ、関東と日本海側を結ぶルート(国道18号、JR信越本線、上信越道、長野新幹線)という性格が濃くなっている。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た追分宿

    戦国時代までは東山道の沿線として、江戸時代には中山道の沿線として発展した。戦国時代までの東山道は、松本から上田を経て碓氷峠に抜けるルートであった。一方で、江戸時代の中山道は、塩尻から和田峠を経て碓氷峠に抜けるルートとなっており、追分宿(軽井沢郊外)に、中山道と北国街道の分岐点が設けられた。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た小県郡

    中心都市は上田市。ほか東御市、小県郡が含まれる。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た中部横断自動車道

    上信越自動車道・国道18号・長野新幹線の沿線であり、佐久地方では、中部横断自動車道の整備が進められている。水系は、佐久地方のいくつかの市町村に太平洋側の地域があるが、その他の地域は日本海側に属する。気候については、殆どの地域で内陸性気候を呈しているが、一部地域は日本海側気候で豪雪地帯となっている。それ以外の地域は中央高地式気候で、全国的に見ても年間降水量は少なく、軽井沢、野辺山などの高原地帯では寒さが厳しい。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た高崎市

    又、宇都宮?高崎?小諸?山梨県(韮崎・甲府)?駿河湾岸(清水・富士)を結ぶ、碓氷峠・千曲川・富士川ルートが、東京とその近辺で災害や渋滞が起こった際の「迂回路」として機能している。かつては、清水と直江津の間で小中学生の交流会が開かれており、この清水⇔直江津を往復する際には、佐久地方を経由するルートが利用された。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た上田藩

    江戸時代初期までは、「十勇士」で有名な真田氏の地盤であった。真田氏が去った後は上田藩の領土となったが、代表的な藩主は仙石氏であった。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見たレタス

    南部には野辺山高原が広がっており、レタスなど高原野菜の栽培で有名である。特に南部は、隣接している山梨県との交流もある。東信地方 フレッシュアイペディアより)

72件中 41 - 50件表示

「東信のできごと」のニューストピックワード