79件中 51 - 60件表示
  • 東信地方

    東信地方から見た東山道

    戦国時代までは東山道の沿線として、江戸時代には中山道の沿線として発展した。戦国時代までの東山道は、松本から上田を経て碓氷峠に抜けるルートであった。一方で、江戸時代の中山道は、塩尻から和田峠を経て碓氷峠に抜けるルートとなっており、追分宿(軽井沢郊外)に、中山道と北国街道の分岐点が設けられた。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た八ヶ岳

    北を浅間山(関東山地)に、南を八ヶ岳に、東を碓氷峠(関東山地)に、西を和田峠(北八ヶ岳、美ヶ原)に挟まれた地方である。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た仙石氏

    江戸時代初期までは、「十勇士」で有名な真田氏の地盤であった。真田氏が去った後は上田藩の領土となったが、代表的な藩主は仙石氏であった。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た上田盆地

    盆地:佐久盆地(佐久平)、上田盆地(上田平・塩田平)東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た盆地

    盆地:佐久盆地(佐久平)、上田盆地(上田平・塩田平)東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た真田氏

    江戸時代初期までは、「十勇士」で有名な真田氏の地盤であった。真田氏が去った後は上田藩の領土となったが、代表的な藩主は仙石氏であった。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た塩尻市

    戦国時代までは東山道の沿線として、江戸時代には中山道の沿線として発展した。戦国時代までの東山道は、松本から上田を経て碓氷峠に抜けるルートであった。一方で、江戸時代の中山道は、塩尻から和田峠を経て碓氷峠に抜けるルートとなっており、追分宿(軽井沢郊外)に、中山道と北国街道の分岐点が設けられた。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た国道141号

    しなの鉄道線・国道18号の沿線で、中心都市の小諸市から小海線・国道141号が分岐する。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た韮崎市

    又、宇都宮?高崎?小諸?山梨県(韮崎・甲府)?駿河湾岸(清水・富士)を結ぶ、碓氷峠・千曲川・富士川ルートが、東京とその近辺で災害や渋滞が起こった際の「迂回路」として機能している。将来、中部横断自動車道が静岡市まで全通するとこのルートは全て高速自動車道でつながる予定である。かつては、清水と直江津の間で小中学生の交流会が開かれており、この清水⇔直江津を往復する際には、佐久地方を経由するルートが利用された。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た浅科村

    これは2005年合併以前の佐久市(旧佐久市)が昭和36年に南佐久郡中込町、同 野沢町、北佐久郡浅間町、同 東村との合併により成立したことによる。旧佐久市の大半の領域が南佐久郡に属していた。2005年の合併に於いては北佐久郡浅科村、同 望月町および南佐久郡臼田町を合併したため、現在の佐久市の領域は、北佐久郡と南佐久郡成立時の境界に対して概ね対称に広がっている。但し、2005年以降の南佐久郡の領域は、佐久市の旧南佐久郡部分よりも遥かに広範である。東信地方 フレッシュアイペディアより)

79件中 51 - 60件表示

「東信のできごと」のニューストピックワード