79件中 61 - 70件表示
  • 東信地方

    東信地方から見た太平洋

    上信越自動車道・国道18号・北陸新幹線の沿線であり、佐久地方では、中部横断自動車道の整備が進められている。水系は、佐久地方のいくつかの市町村に太平洋側の地域があるが、その他の地域は日本海側に属する。気候については、殆どの地域で内陸性気候を呈しているが、一部地域は日本海側気候で豪雪地帯となっている。それ以外の地域は中央高地式気候で、全国的に見ても年間降水量は少なく、軽井沢、野辺山などの高原地帯では寒さが厳しい。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た北国街道 (信越)

    戦国時代までは東山道の沿線として、江戸時代には中山道の沿線として発展した。戦国時代までの東山道は、松本から上田を経て碓氷峠に抜けるルートであった。一方で、江戸時代の中山道は、塩尻から和田峠を経て碓氷峠に抜けるルートとなっており、追分宿(軽井沢郊外)に、中山道と北国街道の分岐点が設けられた。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た甲信越地方

    甲信越地方は白地、それ以外は「」。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た塩田平

    盆地:佐久盆地(佐久平)、上田盆地(上田平・塩田平東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た内陸

    しかし、明治の鉄道敷設期には、追分宿と下諏訪宿を結ぶ中山道(国道142号)の沿線には、鉄道が敷設されなかった。それ以来、佐久地方の交通網は、関東と近畿を結ぶ内陸ルートの性格は失われ、関東と日本海側を結ぶルート(国道18号、JR信越本線、上信越道、北陸新幹線)という性格が濃くなっている。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た内陸性気候

    上信越自動車道・国道18号・北陸新幹線の沿線であり、佐久地方では、中部横断自動車道の整備が進められている。水系は、佐久地方のいくつかの市町村に太平洋側の地域があるが、その他の地域は日本海側に属する。気候については、殆どの地域で内陸性気候を呈しているが、一部地域は日本海側気候で豪雪地帯となっている。それ以外の地域は中央高地式気候で、全国的に見ても年間降水量は少なく、軽井沢、野辺山などの高原地帯では寒さが厳しい。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た国勢調査

    2015年国勢調査によれば、昼夜間人口比が100%を超え、流入超過となっている自治体は軽井沢町(120.6%)、南牧村(108.5%)、小海町(103.8%)、上田市(102.1%)となっている。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た中央高地式気候

    上信越自動車道・国道18号・北陸新幹線の沿線であり、佐久地方では、中部横断自動車道の整備が進められている。水系は、佐久地方のいくつかの市町村に太平洋側の地域があるが、その他の地域は日本海側に属する。気候については、殆どの地域で内陸性気候を呈しているが、一部地域は日本海側気候で豪雪地帯となっている。それ以外の地域は中央高地式気候で、全国的に見ても年間降水量は少なく、軽井沢、野辺山などの高原地帯では寒さが厳しい。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た日本海側気候

    上信越自動車道・国道18号・北陸新幹線の沿線であり、佐久地方では、中部横断自動車道の整備が進められている。水系は、佐久地方のいくつかの市町村に太平洋側の地域があるが、その他の地域は日本海側に属する。気候については、殆どの地域で内陸性気候を呈しているが、一部地域は日本海側気候で豪雪地帯となっている。それ以外の地域は中央高地式気候で、全国的に見ても年間降水量は少なく、軽井沢、野辺山などの高原地帯では寒さが厳しい。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た北条氏

    別所温泉はこの地域に位置する。北条氏ゆかりの地であり「信州の鎌倉」とも呼ばれる地域である。東信地方 フレッシュアイペディアより)

79件中 61 - 70件表示

「東信のできごと」のニューストピックワード