1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示
  • 東信地方

    東信地方から見た富士市

    又、宇都宮?高崎?小諸?山梨県(韮崎・甲府)?駿河湾岸(清水・富士)を結ぶ、碓氷峠・千曲川・富士川ルートが、東京とその近辺で災害や渋滞が起こった際の「迂回路」として機能している。将来、中部横断自動車道が静岡市まで全通するとこのルートは全て高速自動車道でつながる予定である。かつては、清水と直江津の間で小中学生の交流会が開かれており、この清水⇔直江津を往復する際には、佐久地方を経由するルートが利用された。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た北陸新幹線

    上信越自動車道・国道18号・北陸新幹線の沿線であり、佐久地方では、中部横断自動車道の整備が進められている。水系は、佐久地方のいくつかの市町村に太平洋側の地域があるが、その他の地域は日本海側に属する。気候については、殆どの地域で内陸性気候を呈しているが、一部地域は日本海側気候で豪雪地帯となっている。それ以外の地域は中央高地式気候で、全国的に見ても年間降水量は少なく、軽井沢、野辺山などの高原地帯では寒さが厳しい。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た国道254号

    小海線・国道141号の沿線。また、国道254号で群馬県とも接続している。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た都市圏

    東信地方における都市雇用圏(10% 通勤圏)。一般的な都市圏の定義については都市圏を参照のこと。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た都道府県

    国土交通省の「全国幹線旅客純流動調査」の生活圏間流動において、上田を出発地とする目的地は以下のようになっている。ただし、同調査では同じ都道府県内の生活圏へのデータがないため、それらを除く。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た国道142号

    しかし、明治の鉄道敷設期には、追分宿と下諏訪宿を結ぶ中山道(国道142号)の沿線には、鉄道が敷設されなかった。それ以来、佐久地方の交通網は、関東と近畿を結ぶ内陸ルートの性格は失われ、関東と日本海側を結ぶルート(国道18号、JR信越本線、上信越道、北陸新幹線)という性格が濃くなっている。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た東京都

    又、宇都宮?高崎?小諸?山梨県(韮崎・甲府)?駿河湾岸(清水・富士)を結ぶ、碓氷峠・千曲川・富士川ルートが、東京とその近辺で災害や渋滞が起こった際の「迂回路」として機能している。将来、中部横断自動車道が静岡市まで全通するとこのルートは全て高速自動車道でつながる予定である。かつては、清水と直江津の間で小中学生の交流会が開かれており、この清水⇔直江津を往復する際には、佐久地方を経由するルートが利用された。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た長野県

    東信地方(とうしんちほう)とは、長野県の東部を指す。千曲川(信濃川)の流域で、東信州(ひがししんしゅう)や上田・佐久地方(うえださくちほう)と呼ばれることもある。東信地方 フレッシュアイペディアより)

  • 東信地方

    東信地方から見た中込町

    これは2005年合併以前の佐久市(旧佐久市)が昭和36年に南佐久郡中込町、同 野沢町、北佐久郡浅間町、同 東村との合併により成立したことによる。旧佐久市の大半の領域が南佐久郡に属していた。2005年の合併に於いては北佐久郡浅科村、同 望月町および南佐久郡臼田町を合併したため、現在の佐久市の領域は、北佐久郡と南佐久郡成立時の境界に対して概ね対称に広がっている。但し、2005年以降の南佐久郡の領域は、佐久市の旧南佐久郡部分よりも遥かに広範である。東信地方 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示

「東信のできごと」のニューストピックワード