2913件中 61 - 70件表示
  • クボタ民謡お国めぐり

    クボタ民謡お国めぐりから見た東北地方東北地方

    クボタ民謡お国めぐり(クボタみんようおくにめぐり)は、東北地方で毎週ブロックネット放送されていた民謡番組。当初から久保田鉄工→クボタの一社提供。クボタ民謡お国めぐり フレッシュアイペディアより)

  • 田子倉ダム

    田子倉ダムから見た東北地方東北地方

    日発東北支社は、水源である尾瀬沼から合流する阿賀野川に至るまで、只見川にダム式発電所を階段状に建設する計画を練り、太平洋戦争終戦直後の1947年(昭和22年)に「只見川筋水力開発計画概要」として発表した。これは尾瀬と銀山平地点及び田子倉地点に巨大ダムを建設して事業の中核とし、只見川・阿賀野川・伊南川・大津岐川に合計23箇所のダム式発電所を建設。合計出力2,400,000 kWという東北全域の包蔵水力の25 %を只見川で賄う壮大な計画であった。こうした経緯で田子倉ダムは奥只見ダムと共に只見川の中核発電施設として建設が計画された。田子倉ダム フレッシュアイペディアより)

  • ラップランド (芸能事務所)

    ラップランド (芸能事務所)から見た東北地方東北地方

    支店経済都市である仙台市には中央資本のレコード会社20社が営業所を構えていたが、2000年(平成12年)度にそれら全てが閉鎖されたことで、東北地方の音楽市場にはニッチが生まれた。このニッチ市場に参入した企業の1つがラップランドである。ラップランド (芸能事務所) フレッシュアイペディアより)

  • ヤエベニシダレ

    ヤエベニシダレから見た東北地方東北地方

    樹高が5m程度の落葉高木で、日本では東北地方以南が適地であるが、北海道・道南でも栽培は可能とされる。枝は長く垂れ、花も下垂し、開花は葉に先行する。花期はシダレザクラやベニシダレザクラと比べてやや遅く、東京では4月中旬頃。蕾は2?2.5cmで、散形状に2?3個付ける。萼筒は濃紅紫色で太い壷形をしており、毛が多い。花弁は15?20個、楕円形でややねじれており、平開しない。蕾から花弁が展開するにつれて、花色が濃紅紫色から淡紅紫色へと変化する。このため、遠目には5分咲きから7分咲きの頃に紅の色が最も濃くなり、その後次第に淡い色へと変化するように見える。八重咲きはおしべやめしべが花弁に変化してできると考えられているが、八重紅枝垂のおしべとめしべの数は、一重咲きのものとさほど変わらないのも特徴。ヤエベニシダレ フレッシュアイペディアより)

  • 夏のない年

    夏のない年から見た東北地方東北地方

    864年から866年にかけて、富士山の貞観大噴火が起こった。869年には東北地方で貞観地震が発生。夏のない年 フレッシュアイペディアより)

  • 西村寿行

    西村寿行から見た東北地方東北地方

    生物の異常増殖などによる人間社会のパニックを描く作品で、SF的な設定とも言える。『滅びの笛』は笹の開花によって大量に増殖した鼠に山梨県が襲われ、社会が崩壊していく過程が描かれる。その続編『滅びの宴』では、再度大発生した鼠が東京になだれ込む。『蒼茫の大地、滅ぶ』は中国大陸で発生した飛蝗の大群により日本の東北地方が壊滅する。『悪霊刑事』は人間に卵を産みつける蠅が鹿児島で大発生する。鼠大発生のモチーフは短編「憑神」(『憑神』)にも用いられている。短編「廃虚」(『妖魔』)では、清潔なニュータウンがヤスデの大発生で崩壊する。『時の旅』は森林伐採による土石流災害と、それを引き起した森林行政の腐敗を描き、『濫觴の宴』と同様の自然保護を謳っている。「癌病船」シリーズは世界中の難病の研究と治療のための最新鋭設備とスタッフを備えた癌病船の、政治的抗争や、謎のウイルスとの戦いを描いている。これらの作品は危機に際しての人間の行動を描くとともに、社会全体への根源的な疑問にまで迫る、西村作品ではもっとも迫力を持つ部類となっている。西村寿行 フレッシュアイペディアより)

  • 味噌カレー牛乳ラーメン

    味噌カレー牛乳ラーメンから見た東北地方東北地方

    札幌ラーメン横丁でラーメン店を経営していた佐藤清が、東北地方に札幌ラーメンを広めたいと1968年(昭和43年)に青森市に「味の札幌」を開店する。1970年代、松竹会館の映画館に支店を出した味の札幌において、ラーメンにケチャップやマヨネーズ、コーラなどさまざまなものを入れて食する遊びが中高生の間で流行した。このとき、「味噌ラーメンにカレーとミルクを入れて食べると何故か美味い」といううわさが流れ始め、ご当地ラーメンの模索をしていた店主は、客側の要望によって1978年(昭和53年)、正式なメニューとして「味噌カレー牛乳ラーメン」を発売した。味噌カレー牛乳ラーメン フレッシュアイペディアより)

  • 岩本信一

    岩本信一から見た東北地方東北地方

    引退後、アマチュア野球審判。兄・義行が宮城県仙台市の奥で鉱山を経営していた関係から東北地方に在住し1953年、夏の甲子園東北大会決勝で二塁線審を務める。この試合で敗戦投手となったが、米沢西高校(現・米沢興譲館高校)のエース・皆川睦雄の素質を買い鶴岡一人に獲得を進言、皆川は南海入りした。この時代、甲子園に出場していない高卒の東北出身者のプロ野球入りは珍しかった。岩本信一 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台ホテル

    仙台ホテルから見た東北地方東北地方

    江戸時代の仙台では、奥州街道沿いの国分町、あるいは、水産物(五十集物)の独占販売権を持っていた肴町に旅籠が集まっていたが、1887年(明治20年)12月15日の日本鉄道・本線(現在のJR東日本・東北本線)の仙台開業により、仙台駅前(現在の仙台駅西口)が仙台の玄関口となり、旅館が集積した。仙台区国分町にあった旅籠「大泉屋」も仙台駅前に支店を開業し、1896年(明治29年)には東北地方初の洋式ホテル「仙台ホテル」を開業した。東京の帝國ホテルやホテルオークラで「仙台で良いホテルは?」と尋ねると真っ先に勧められる程のサービスと格式を誇る、東北を代表するホテルだった。仙台ホテル フレッシュアイペディアより)

  • 対馬海流

    対馬海流から見た東北地方東北地方

    対馬海流は、いくつかの流路を通って東北地方西岸(山形・秋田沖)を通り、多くは津軽海峡から太平洋へと流出し(津軽暖流)、残りは北海道沿いに北上して宗谷海峡からオホーツク海へと抜け(宗谷暖流)、わずかながら西樺太沖へも流れている。対馬海流 フレッシュアイペディアより)

2913件中 61 - 70件表示

「東北のできごと」のニューストピックワード