364件中 31 - 40件表示
  • コンバインドサイクル発電

    コンバインドサイクル発電から見た東北電力東北電力

    東北電力 東新潟火力発電所:3号系列(121万kW)コンバインドサイクル発電 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレックス新潟

    アルビレックス新潟から見た東北電力東北電力

    ホームスタジアムは2003年まで新潟市陸上競技場と新潟スタジアム(東北電力の施設命名権購入により、2013年まで東北電力ビッグスワンスタジアム)を併用していたが、2004年のJ1昇格後のホームゲームはすべてビッグスワンで開催している(現在もJリーグへの登録上の本拠地は2箇所併記となっているが、2011年以降は新潟市陸上競技場についてはJリーグファンガイドでの掲載を省略されている)。また、ビッグスワンはJリーグアウォーズにて、3度(2007年、2009年、2012年)ベストピッチ賞を受賞している。アルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟放送

    新潟放送から見た東北電力東北電力

    1983年10月1日 新潟テレビ21の開局により民教協制作以外のテレビ朝日の番組が姿を消す。2年前の時点で移行しきれなかったフジテレビの番組は競馬中継と仙台放送製作の東北電力一社提供番組を除き新潟総合テレビに移行。新潟放送 フレッシュアイペディアより)

  • 青山 草太

    青山草太から見た東北電力東北電力

    2007年より2年間、東北電力のCMに鈴木杏樹のアシスタント役として出演。東北地方では「青山くん」として知られている。青山草太 フレッシュアイペディアより)

  • 阿賀野川

    阿賀野川から見た東北電力東北電力

    こうした状況下、1950年(昭和25年)国土総合開発法の施行に伴い全国19地域が総合開発を重点的に実施する「特定地域総合開発計画」に指定され、只見川流域は電力開発を強力に推進し首都圏への電力供給に資するべく1951年(昭和26年)「只見特定地域総合開発計画」に指定され、国策として遂行されることとなった。日発は同年、電気事業再編成令によって全国9電力会社に分割され日発東北支店は東北電力に、日発関東支店は東京電力として発足した。だが発足間もない電力会社の経営基盤は脆弱で、単独での事業遂行は困難である事が予想されたが発電用水利権を巡り両者は激しく対立。また只見川の開発をどのように進めるかで福島県と新潟県も鋭く対立した。政府は電力開発を補強するため1952年(昭和27年)に電源開発株式会社が発足、只見川の水力開発事業に参入。水利権をどのように調整するかが課題となった。阿賀野川 フレッシュアイペディアより)

  • 青森テレビ

    青森テレビから見た東北電力東北電力

    ブロックネットでは、JNNの他に、青森県に系列のないFNSの番組も放送する(東北電力の一社提供の場合は、新潟県も加わる)。平成以前の東北地方では、宮城県と福島県以外では民放が各県2局しかなかったため、その名残りから現在も系列局にとらわれないブロックネットが見られる。青森テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 東通原子力発電所

    東通原子力発電所から見た東北電力東北電力

    東北電力と東京電力の2社が敷地を保有している。東通原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 八久和ダム

    八久和ダムから見た東北電力東北電力

    八久和ダム(やくわダム)は、山形県鶴岡市八久和山、一級河川・赤川水系八久和川(梵字川の上流部分の別名とも、梵字川の支流ともいわれる)に建設されたダム。高さ97.5メートルの重力式コンクリートダムで、東北電力の発電用ダムである。同社の水力発電所・八久和発電所に送水し、最大6万300キロワットの電力を発生する。八久和ダム フレッシュアイペディアより)

  • 電源地帯

    電源地帯から見た東北電力東北電力

    東北電力及びその系列の新地発電所、原町火力発電所、勿来発電所が稼動している。電源地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 水ヶ瀞ダム

    水ヶ瀞ダムから見た東北電力東北電力

    水ヶ瀞ダム(みずがとろダム)は、山形県西村山郡西川町、一級河川・最上川水系寒河江川に建設されたダム。かつては新水ヶ瀞ダムともいわれた。高さ34メートルの重力式コンクリートダムで、東北電力の発電用ダムである。同社の水力発電所・水ヶ瀞発電所に送水し、最大5,000キロワットの電力を発生する。水ヶ瀞ダム フレッシュアイペディアより)

364件中 31 - 40件表示

「東北電力」のニューストピックワード