428件中 41 - 50件表示
  • 福島第一原子力発電所事故の経緯

    福島第一原子力発電所事故の経緯から見た東北電力東北電力

    1時50分、東北電力女川原子力発電所のモニタリングポストが21μSv/hを観測。同発電所では震災対応の真っただ中であったが、炉心温度100℃未満の「冷温停止」状態にあり、加えて一部電源の破壊・停止もあったものの多重系により全原子炉の冷却系は稼働中であり、同発電所の原子炉からの放射性物質の大気放出を疑う要素は何らなかった。原子力安全・保安院は、検出された放射線は前日の福島第一原子力発電所1号機の水素爆発の際に放出された放射性物質によるものと判断した。。福島第一原子力発電所事故の経緯 フレッシュアイペディアより)

  • 夢をあきらめないで

    夢をあきらめないでから見た東北電力東北電力

    テレビなどで使われることも多く、フジテレビ系情報番組『タイム3』(前身は『3時のあなた』)エンディングテーマや武蔵高等予備校・東北電力のコマーシャルソングに起用されたほか、朝日放送・テレビ朝日共同制作の『熱闘甲子園』で使用されたりもした。夢をあきらめないで フレッシュアイペディアより)

  • 新潟放送

    新潟放送から見た東北電力東北電力

    1983年10月1日 新潟テレビ21の開局により、民教協制作以外のテレビ朝日系列の番組が姿を消す。2年前の時点で移行しきれなかったフジテレビの番組は、競馬中継と仙台放送製作の東北電力一社提供番組を除き新潟総合テレビに移行。これにより、TBS系列のフルネット局となった。新潟放送 フレッシュアイペディアより)

  • 日本発送電

    日本発送電から見た東北電力東北電力

    電気事業再編成中央委員会では日本発送電施設の分与、及び水力発電における発電用水利権の帰属が重要な議題となった。基本的には「属地主義」として各地域に存在する全ての施設は新たに設立される9電力会社(北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力)に移管すると定められた。日本発送電 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のダムの歴史

    日本のダムの歴史から見た東北電力東北電力

    日本発送電を解体するに当たり、発電・送電・配電の一体化では一致を見たものの解体後の新組織形態を従来の日本全国一社経営とするか、地域別に電力会社を設立して分割するかで激しい意見対立が発生。1949年政府は電気事業再編成審議会を設立し、意見集約を図った。審議会では審議委員長である旧東邦電力社長の松永安左エ門が9ブロックに地域分割した電力会社設立を強硬に主張。最終的に付帯意見であった松永案が総司令部の意向もあって政府案となり国会に電気事業再編成法案が提出されたが審議は紛糾、政府や与党内にも反対意見が根強く審議未了となった。業を煮やした総司令部は再編成が成立するまで新規電気事業の許可を凍結すると政府に強固な圧力を掛け、最終的にポツダム政令という伝家の宝刀を用いて1950年電気事業再編成令と公益事業令を発令、属地主義に基づく配分作業が開始された。しかし水力発電の有望な未開発地点が多く残された東北地方・中部地方・北陸地方については発電用水利権の帰属を巡り紛糾。特に電力会社垂涎の的であった只見川流域については、本名ダム・上田(うわだ)ダムの発電用水利権帰属を巡る東北電力と東京電力の争いが河川管理者である福島県・新潟県を巻き込み、ひいては東北地方対関東地方・新潟県の争いという地域間紛争に発展。法廷闘争や国会の参考人招致にまで問題が拡大した。日本のダムの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城県仙台第一高等学校

    宮城県仙台第一高等学校から見た東北電力東北電力

    内ヶ?贇五郎(中19回) - 元東北電力社長宮城県仙台第一高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟総合テレビ

    新潟総合テレビから見た東北電力東北電力

    開局以後のNSTは、自社制作番組の割合が著しく低く、番組制作に関して消極的な姿勢を見せていた。事例として、トリプルクロスネットの頃は報道部が事実上機能していない時期もあった。その一方で、営業活動に非常に貪欲で、CM制作やコマーシャル収入で大きな収益を上げ、民放テレビ局の年収でも、ローカル局として上位を記録していた。サムネイル|長岡放送センター跡地に建つ駒形十吉記念美術館その後、1981年4月にテレビ新潟放送網が開局し、まず日本テレビ系列を離脱。1983年10月に、新潟テレビ21が開局してテレビ朝日系列も離脱し、フジテレビ系列のフルネット局となった。しかしNSTはそれ以後も、昼間や深夜時間帯にはフジテレビの番組よりもむしろテレビ東京の番組を主体とした編成体制を敷いていた。更にはフジテレビの日曜の競馬中継(現『みんなのKEIBA』)も、フルネット化以後も新潟放送からネットチェンジせず、なおも自社制作率は低いままであった。サムネイル|NST長岡支社(2016年5月29日撮影)駒形氏の影響力が薄れた1990年代に入ってからは、まず1991年に長岡放送センター(長岡市)を本社(新潟市)に移転統合する。2000年代には自社制作率は徐々に上昇し、フジテレビの番組の遅れネットも減少。2000年には新潟競馬場開催の中継と『スーパー競馬』のネットを開始し、其の翌年には仙台放送製作の東北電力一社提供番組の放送権も新潟放送から移行した事で、長年の「腸捻転」(ネットワークのねじれ現象)がようやく解消。2004年には本社を新潟市中央区八千代に移転するなど、設備投資を積極的に行っている。新潟総合テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 仙台フィルハーモニー管弦楽団

    仙台フィルハーモニー管弦楽団から見た東北電力東北電力

    1978年(昭和53年)のプロ化の際に山形交響楽団(山響、2管編成)から多数の楽員の移籍があったが、埼玉県以北で最大の企業である東北電力(東北地方6県と新潟県が給電地域)の文化事業により、東北に本拠を置く本楽団と山響は東北各地で教育演奏を共に担い、仙台クラシックフェスティバル(せんくら)等の様々な音楽イベントを通じて、両楽団共同で4管編成の楽曲を演奏することもある。仙台フィルハーモニー管弦楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台西道路

    仙台西道路から見た東北電力東北電力

    東北電力三居沢発電所への導水路をまたぐ郷六橋(上り:橋長101.0 m、幅13.3 m)架橋。仙台西道路 フレッシュアイペディアより)

  • 白洲次郎

    白洲次郎から見た東北電力東北電力

    連合国軍占領下の日本で吉田茂の側近として活躍し、連合国軍最高司令官総司令部と渡り合う。終戦連絡中央事務局や経済安定本部の次長を経て、商工省の外局として新設された貿易庁の長官を務めた。吉田政権崩壊後は、実業家として東北電力の会長を務めるなど、多くの日本企業の役員を歴任した。白洲次郎 フレッシュアイペディアより)

428件中 41 - 50件表示

「東北電力」のニューストピックワード