428件中 61 - 70件表示
  • 八山裁判

    八山裁判から見た東北電力東北電力

    ゴルフ場予定地の地下に、東北電力遠刈田発電所に通じる隧道がある。八山裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田聖子 もうひとつの週末

    沢田聖子 もうひとつの週末から見た東北電力東北電力

    沢田聖子が同局でレギュラー番組を担当するのは、『トワイライトスケッチ』、『あなたとアフタヌーン?沢田聖子 with your life(東北電力提供)』以来3度目。当初、仙台発の単独局の放送であったのは、本人が一時期、夫に伴い仙台に在住しながら活動をしていたためである。放送当時に在籍の事務所『ショウコ・ミュージック・カンパニー』( SMC )の新人をアシスタントとして出演させるケースが多く、他にもゲスト出演もあり、ほとんどがクロストークであったが、沢田単独の回もたまにあった。2006年3月終了。沢田聖子 もうひとつの週末 フレッシュアイペディアより)

  • 番組ch板

    番組ch板から見た東北電力東北電力

    上記「主なスレッド」の節でも分かるように、番組ch板ではスレッドの分け方が独特である。新潟県が東北地方に含まれ、静岡県・甲信地方の2県・北陸地方の3県がひとまとめになっている。これは、新潟県が東北電力のエリアであることと、新潟県以外の三重県を含む中部地方の県は1つのスレッドだったのが、そこから「東海実況」が分かれ、残った地方はそのまま1つのスレッドを保ったからである。番組ch板 フレッシュアイペディアより)

  • 高野太郎

    高野太郎から見た東北電力東北電力

    福島県立郡山工業高校卒業後に、東北電力に就職する。アタウアルパ・ユパンキのフォルクローレに惹かれ、1960年、アルゼンチンに渡る。当地で、実際に、アタウアルパ・ユパンキ本人と出会う。高野太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 竜飛ウィンドパーク

    竜飛ウィンドパークから見た東北電力東北電力

    1992年(平成4年)3月に、東北電力がNEDO(新エネルギー産業技術総合開発機構)と共同で設置した風力発電実証研究設備である。設置当時は国内最大規模の集合型風力発電基地であった。現在はほとんどの風車が撤去されており、ホテル竜飛のそばに建つ1基が残るのみである。竜飛ウィンドパーク フレッシュアイペディアより)

  • 宮古バイパス

    宮古バイパスから見た東北電力東北電力

    起点:宮古市築地二丁目・東北電力宮古営業所前(国道45号との交点)宮古バイパス フレッシュアイペディアより)

  • 三浦道雄

    三浦道雄から見た東北電力東北電力

    三浦 道雄(みうら みちお、1918年(大正7年)11月12日-1993年(平成5年)10月6日)は日本の政治家、実業家。青森県議会議長、南部鉄道社長、東北電力監査役。三浦道雄 フレッシュアイペディアより)

  • 黒又ダム

    黒又ダムから見た東北電力東北電力

    黒又ダム(くろまたダム)は、新潟県魚沼市、信濃川水系黒又川に建設されたダム。高さ24.5メートルの重力式コンクリートダムで、東北電力が管理を行う水力発電専用ダムである。黒又ダム フレッシュアイペディアより)

  • 岩船ダム

    岩船ダムから見た東北電力東北電力

    東北電力の関連企業である荒川水力電気が管理を行う発電用ダム。高さ30.2メートルの重力式コンクリートダムであり、荒川本流筋では上流の赤芝ダムに続いて完成したダムである。水力発電を目的としており、ダムに付設された岩船発電所において最大1万1,500キロワットの発電を行う。ダムによって形成された人造湖は荒川本流筋においては最大規模ではあるものの、名称は付けられていない。岩船ダム フレッシュアイペディアより)

  • 内の倉ダム

    内の倉ダムから見た東北電力東北電力

    こうして河川改修は継続して行われていたが1966年(昭和41年)7月17日、新潟県下越地方を集中豪雨が襲い、内の倉川上流部で一日の総降水量が267ミリに達した。このため加治川は各所で堤防決壊を起こして11,700ヘクタールが浸水の被害に遭った。この豪雨を機に新潟県は加治川改良工事全体計画を改め、毎秒2,000トンの計画高水流量を毎秒3,000トンへと変更する方針に切り替えた。ところがその一年後の1967年(昭和42年)8月28日、新潟県下越地方を再び集中豪雨が襲った。いわゆる羽越豪雨である。この羽越豪雨は新潟県と山形県に壊滅的な被害をもたらしたが、特に下越地方の被害は凄まじく荒川や胎内川などの沿岸は平野が湖水と化した。加治川流域でも一日の総降水量が内の倉川上流の二王子岳で337ミリ、加治川上流の赤谷で355ミリ、東北電力加治川ダム地点で496ミリの猛烈な豪雨を記録。加治川は新発田市西名柄や向中条で堤防が決壊して新発田市をはじめ新潟市にまで浸水の被害は及び、前年の豪雨をはるかに上回る大災害となった。二年連続で集中豪雨の被害を受けた新発田市を洪水から守るために新潟県は当初の全体計画よりも倍となる毎秒4,000トンの計画高水流量を策定し、うち毎秒3,000トンを堤防改修を始めとした河道整備、残り毎秒1,000トンを加治川上流ダム群計画で補うこととした。これにより加治川本流と内の倉川に治水ダムが計画されることになった。内の倉ダム フレッシュアイペディアより)

428件中 61 - 70件表示

「東北電力」のニューストピックワード