139件中 31 - 40件表示
  • 東北電力

    東北電力から見た水力発電所

    1982年(昭和57年) - 東北電力所有の水力発電所では最大の発電量(46万kW)である第二沼沢発電所が運転開始。東北電力 フレッシュアイペディアより)

  • 東北電力

    東北電力から見た石炭

    1958年(昭和33年)6月 - 東北電力初の石炭火力発電所、八戸火力発電所1号機が運転開始。東北電力 フレッシュアイペディアより)

  • 東北電力

    東北電力から見た火力発電所

    1958年(昭和33年)6月 - 東北電力初の石炭火力発電所、八戸火力発電所1号機が運転開始。東北電力 フレッシュアイペディアより)

  • 東北電力

    東北電力から見たACジャパン

    なお、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に伴い、2012年2月現在、以下の番組での東北電力の番組提供はすべて見合わせている(番組によっては休止しているものがある)。該当する番組における通常のCMの放送は行われておらず、CM枠はACジャパンへの差し替え、または節電のお願いを伝える社告形式のCM等に変更されている。東北電力 フレッシュアイペディアより)

  • 東北電力

    東北電力から見た太陽光発電

    2011年(平成23年)12月 - 東北電力初の太陽光発電所、八戸太陽光発電所が運転開始。東北電力 フレッシュアイペディアより)

  • 東北電力

    東北電力から見たオイルショック

    1993年(平成5年)5月 - オイルショック後の石油不足対策を目的として設置された石炭火力発電所、能代火力発電所1号機が運転開始。東北電力 フレッシュアイペディアより)

  • 東北電力

    東北電力から見た仙台都市圏

    子会社である東北天然ガス株式会社が、新潟市?仙台市間 (260km) のパイプラインを保有している。新潟東港にはLNGを取り扱う事が出来る施設があり、仙台港にLNG施設を新設するよりも安上がりであるという事情が背景にある。仙台市と隣接地域で都市ガス事業を行っている仙台市ガス局は、このパイプラインを通じて供給を受けている。また、山形市・福島市・郡山市への都市ガス供給目的で、既存のパイプラインから分岐させる形で支線が建設された。東北電力 フレッシュアイペディアより)

  • 東北電力

    東北電力から見た中通り

    白石・郡山間ガスパイプライン(宮城県白石市から分岐して福島県・中通りへ:96km)東北電力 フレッシュアイペディアより)

  • 東北電力

    東北電力から見た東通原子力発電所

    2005年(平成17年)12月 - 東通原子力発電所1号機が運転開始。東北電力 フレッシュアイペディアより)

  • 東北電力

    東北電力から見た佐渡島

    電源周波数は50Hzであるが、新潟県においては、佐渡市(佐渡島)全域、ならびに糸魚川市(旧青海町)の一部と、妙高市(旧妙高村)の一部の計3地域では、60Hzで供給している。この中で佐渡市は、市内にある同社の発電所(火力(内燃力発電)・水力)からの独自供給にて、また糸魚川市と妙高市の”60Hz地域”では、北陸電力や中部電力から電力融通を受けて管轄している。なお新潟県湯沢町の一部は、東京電力から50Hzの電力融通を受けて管轄している。東北電力 フレッシュアイペディアより)

139件中 31 - 40件表示

「東北電力」のニューストピックワード