前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
133件中 1 - 10件表示
  • 地震予知

    地震予知から見た南海地震南海地震

    その後、疑問視されたダイレイタンシー水拡散モデルに代わって、地殻の歪みと地下水の関係が注目されるようになった。上下を帯水層に挟まれた層に保持されている「被圧地下水」は地球潮汐に伴う水位変化や噴出量変化を起こすことが知られているが、このメカニズムが地震の時にも起こるという仮説をもとに地震の前兆としての地下水の水位や水温の変化が研究され、1974年伊豆半島沖地震(Wakita,1975)、1923年関東地震や1946年南海地震(川辺、1991)において仮説により説明できる変化があったと報告されている。しかし、地震の際にも変化を示さない地下水も少なくなく、この仮説に対する疑問も呈されている。地震予知 フレッシュアイペディアより)

  • 地震

    地震から見た南海地震南海地震

    2004年にジャワ海溝で発生したスマトラ島沖地震も海溝型地震である。また日本近海では、十勝地方の沖合で繰り返し発生している十勝沖地震(2003年9月の地震はMw8.3、最大震度6弱)や同じく根室半島沖で繰り返し発生している根室半島沖地震など千島海溝における地震、2011年3月に三陸沖の日本海溝で発生した東北地方太平洋沖地震(Mw9.0、最大震度7)に加え、同海溝付近で繰り返し発生している三陸沖地震、近い将来にその発生が指摘され以前より地震観測網による監視体制が敷かれる駿河トラフにおける東海地震や南海トラフにおける東南海・南海地震、それらの地震(震源域)が連動することで超巨大地震となる可能性も想定されている南海トラフ巨大地震などが海溝型地震の例として挙げられる。さらに関東大震災の原因となった前述の関東地震(M7.9)も相模トラフのプレート境界がずれ動いたことによって発生した地震(「相模トラフ巨大地震」も参照)であり、海溝型地震に含まれる。地震 フレッシュアイペディアより)

  • 地震観測網

    地震観測網から見た南海地震南海地震

    DONET2 - 南海地震の想定震源域(おもに領域B)の海底に敷設中の地震・津波観測監視システム。2015年運用開始予定。地震観測網 フレッシュアイペディアより)

  • 海溝

    海溝から見た南海地震南海地震

    海溝と同じような海底構造にトラフ(trough、舟状海盆)がある。6,000m以上の深さのものを海溝と呼び、それより浅いものはトラフと呼ばれる。南海地震、東南海地震を起こす南海トラフなどは、浅いだけで海溝と同じ沈み込み帯だが、トラフの中にはそれとは異なり他の成因のものもある。海溝 フレッシュアイペディアより)

  • DONET2

    DONET2から見た南海地震南海地震

    DONET2とは、Dense Oceanfloor Network system for Earthquakes and Tsunamis 2の略称で海洋研究開発機構により構築され防災科学技術研究所が運用管理する潮岬沖から室戸岬沖の南海トラフで発生すると想定されている南海地震の想定震源域の紀伊水道に敷設された地震・津波観測監視システムのひとつで、2015年度からの運用開始された。なお、東南海地震の想定震源域には、DONETが整備され2011年から稼働中である。DONET2 フレッシュアイペディアより)

  • 芸予地震

    芸予地震から見た南海地震南海地震

    なおこの地域の北側にあたる山陽地方において、マグニチュード3以上の地震数は頻繁に起こる東北地方などと比べて極めて少なく、周辺の活断層も他の地域と比べると少なく日本列島の中でも地殻変動が少ない特徴がある。2001年の地震が発生するまでは暫くこの地域を震源とする大きな地震が発生していなかったため、地震空白域とされていた。他方、南側の愛媛県は、南海地震・豊予海峡地震や日向灘地震で被害に合う想定域であり、更に日本最大級の断層である中央構造線断層帯が東西を横断しており、多大な地震の被害に遭う可能性が高い地域である。2度の芸予地震では広島での被害が多かったが、過去での地震では愛媛での被害が多かった事例もある。芸予地震 フレッシュアイペディアより)

  • 連動型地震

    連動型地震から見た南海地震南海地震

    マグニチュード(M)9以上を記録した2004年のスマトラ島沖地震や2011年の東北地方太平洋沖地震は複数震源領域における連動型地震であるとする見解がある。また、南海トラフの地震である東海地震、東南海地震、南海地震は過去の記録や地質調査などから連動して発生する可能性が高いとみられており、さらに千島海溝・琉球海溝等における地震でも地質調査や津波のコンピューター・シミュレーションなどにより過去に連動して発生した可能性が指摘されている。連動型地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南海トラフ

    南海トラフから見た南海地震南海地震

    第二次世界大戦後の昭和中期に南海地震の研究を行った沢村武雄は、南海地震や東南海地震の震源域が西日本に平行に東西に延びていることに着目し、これらの震源域を衝上断層(スラスト)であることから「南海スラスト」と名付けた。後にプレートテクトニクス理論が一般化すると単なる衝上断層ではなく沈み込み帯であることが分かり、深さ6,000m未満なので「南海トラフ」と呼ばれるようになった。南海トラフ フレッシュアイペディアより)

  • 阪神・淡路大震災

    阪神・淡路大震災から見た南海地震南海地震

    戦後に発生した地震では、1946年(昭和21年)の南海地震や1948年(昭和23年)の福井地震を大きく上回り、当時の地震災害としては戦後最大規模の被害を出した。被害の特徴としては、都市の直下で起こった地震による災害であるということが挙げられる。日本での都市型震災としては、大都市を直撃した1944年(昭和19年)の昭和東南海地震以来となる。阪神・淡路大震災 フレッシュアイペディアより)

  • 道後温泉

    道後温泉から見た南海地震南海地震

    『日本書紀』の天武13年10月(684年)の条項に「時伊予湯泉(いよのゆ)没而不出」と見え、これは白鳳地震による地変で出湯が停止したことを示すものであり、同様の現象は宝永地震、安政南海地震、1946年南海地震でも見られ、出湯の一時停止は南海地震の特徴の一つである。道後温泉 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
133件中 1 - 10件表示

「東南海・南海地震対策」のニューストピックワード