123件中 91 - 100件表示
  • 12月21日

    12月21日から見た南海地震南海地震

    1946年 - 昭和南海地震が発生。12月21日 フレッシュアイペディアより)

  • 信濃川

    信濃川から見た南海地震南海地震

    888年6月20日(仁和4年)887年に発生した仁和南海地震、東海地震で八ヶ岳の山麓が崩壊し形成された堰止め湖(河道閉塞)が、303日後に決壊し発生した土石流が原因と考えられる洪水。大月川に出来た河道閉塞の湛水量は5.8億m3と推定されている。信濃川 フレッシュアイペディアより)

  • 災害

    災害から見た南海地震南海地震

    巨大地震 : 東海地震、東南海地震、南海地震災害 フレッシュアイペディアより)

  • 地震の年表 (日本)

    地震の年表 (日本)から見た南海地震南海地震

    684年11月26日(11月29日)(天武13年10月14日) 白鳳地震(東海・東南海・南海連動型地震説あり) - M 8 1/4、死者多数。土佐で津波により大きな被害。田園(約12km²)が海面下へ沈下(『日本書紀』)。南海地震の記録だが地質調査によればほぼ同時期に東海・東南海地震も発生。日本最古の津波記録。地震の年表 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 新宮市

    新宮市から見た南海地震南海地震

    1946年12月21日:南海地震発生。マグニチュード8.1に達し、新宮市内で死者58人、負傷者245人、全焼2398戸、全壊600戸ほか。新宮市 フレッシュアイペディアより)

  • 888年

    888年から見た南海地震南海地震

    仁和の洪水 - 信濃川流域(長野県内)で洪水被害。887年に発生した仁和南海地震、東海地震で八ヶ岳の山麓が崩壊し出来た堰止め湖が決壊し発生した土石流が原因と考えられる洪水。888年 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野川

    吉野川から見た南海地震南海地震

    一方、1938年(昭和13年)から内務省によって吉野川河水統制事業の予備調査が進められていたが、戦争により中断。銅山川分水も愛媛県と徳島県の対立が解けぬまま中断していた。さらには1946年(昭和21年)に南海地震が発生、旧吉野川・今切川河口部で地盤沈下が発生し今切川樋門等の防潮施設が破損、汐止め効果が減退した。こうしたことから吉野川水系の総合開発の必要性が問われた。吉野川 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における地震対策と体制

    日本における地震対策と体制から見た南海地震南海地震

    名古屋は木曽川など河川の三角州に発達しており、伊勢湾台風・安八水害・東海地震・南海地震などで大きな地震や津波の被害を受けている。中部地方の中心地であり、近くにはトヨタ自動車など日本の基幹産業が集中しているだけではなく、日本の東西を結ぶ中心地であり、陸上交通(光ケーブルなども)の迂回経路がほとんど存在しない。日本における地震対策と体制 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸新幹線

    北陸新幹線から見た南海地震南海地震

    災害時冗長性の確保(東海道新幹線と完全に独立しており、東海地震・南海地震の想定震源地からもっとも遠いルートである)。北陸新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 歴史地震

    歴史地震から見た南海地震南海地震

    白鳳地震は古記録には飛鳥周辺と思われる被害の様相と、伊予および土佐の地変、漠然と諸国に大被害が発生したと記されているのみである。しかし、より詳細な記録を有する宝永地震や安政南海地震の記録と付き合わせることにより、ほぼ同様の地殻変動が生じているものと推定され、さらに近代的観測記録を有する1944年の東南海地震および1946年の南海地震の地盤変動の水準測量結果を比較することにより、繰り返し発生している南海地震であると推定された。さらに、東海地方の遺跡の発掘調査による液状化痕、海岸の地質調査からほぼ同時期に東海・東南海地震も連動したと推定され、震源域がさらに広い可能性がある。歴史地震 フレッシュアイペディアより)

123件中 91 - 100件表示

「東南海・南海地震対策」のニューストピックワード