133件中 91 - 100件表示
  • 大阪府庁舎

    大阪府庁舎から見た南海地震南海地震

    本館の竣工から歳月を経て狭隘化・老朽化が進み、近接地に別館を建設(1964年)したものの、本庁の各部局が周辺の民間オフィスビルに分散して入居する状態に至った。この状況を改善するため、大阪府は1989年に黒川紀章建築都市設計事務所の案を採用して「大阪府庁舎・周辺整備基本計画」を策定し、新庁舎の建設に着手した。ところが新別館南館・北館が竣工し、警察棟(大阪府警察本部庁舎)を着工した時期に府の財政危機が顕在化したため、行政棟と議会棟の建設が凍結され、2007年、新庁舎建替えの正式な見送りを発表した。また、府庁舎本館は、今後発生が予想される南海地震・東南海地震などの大規模地震で倒壊する危険性があることが判明し、耐震補強工事が実施されることとなっている。大阪府庁舎 フレッシュアイペディアより)

  • 大師東丹保遺跡

    大師東丹保遺跡から見た南海地震南海地震

    大師東丹保遺跡の?区・?区・?区の第二面からは、弥生時代後期から弥生末期・古墳時代初頭にかけて発生した地震により生じたと考えられている地割れ・噴砂跡も検出されている。この地震は南海地震もしくはそれに伴う東海地震によるものであると考えられており、徳島県の黒谷川宮ノ前遺跡においても、弥生?期の水田面から噴砂跡が検出されている。大師東丹保遺跡の近在では、油田遺跡においても同様に地震跡が検出されている。大師東丹保遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 高知県

    高知県から見た南海地震南海地震

    天武天皇13年(684年)10月14日の条に「亥の刻(午前9時〜11時頃)になって、大地震があった。このとき伊予温泉(道後温泉)は埋没してでなくなり、土佐国の田畠120ヘクタールが沈下して海になった。」と『日本書紀』の最古の地震記録である。白鳳南海大地震である。高知県 フレッシュアイペディアより)

  • 伊方発電所

    伊方発電所から見た南海地震南海地震

    伊方原発はまた、南海トラフの地震の想定震源域にも近いことから、大地震発生時の影響が懸念されている。内閣府南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループによる南海トラフ地震の被害想定の、2012年8月29日に発表された第一次報告では、津波発生の46分後に伊方町の沿岸に最大21mの津波が到達し、伊方原発付近では最大3mの水位上昇があるとされた。町内各地の津波の規模は愛媛県が独自に調査し、佐田岬半島の太平洋側に最大21mの津波だと推定している。その後、2013年5月24日に地震調査研究本部地震調査委員会が発表した「南海トラフの地震活動の長期評価(第二版)」においては、従来の東南海地震・南海地震の想定震源域よりも広い範囲が南海トラフの地震での想定震源域として示され、伊方原発の間近も震源域となる可能性が高まった。過去にはこの想定した範囲内の一部の領域が震源となってM8級の大地震を起こしてきた。頻度は低いものの想定震源域全体が震源となった場合は、M9.1の巨大地震となると見込まれている。伊方発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 堀江 (大阪市)

    堀江 (大阪市)から見た南海地震南海地震

    高潮や洪水ばかりでなく津波も堀江を襲った。安政元年(1854年)11月4日、遠州灘から紀伊半島南東沖一帯を震源とするマグニチュード8.4の巨大な南海地震、安政南海地震にともなって発生した津波では、四国や紀州に壊滅的な被害が起こったが(稲むらの火の逸話は有名である)、大阪湾奥の天保山にまで山のような津波が押し寄せ大坂中の川に深い泥水が侵入した。堀江 (大阪市) フレッシュアイペディアより)

  • 安政南海地震

    安政南海地震から見た南海地震南海地震

    安政南海地震(あんせいなんかいじしん)は、江戸時代後期の嘉永7年11月5日(1854年12月24日)に発生した南海地震である。安政南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 紀勢本線

    紀勢本線から見た南海地震南海地震

    JR西日本が管轄する区間の大半は沿岸部を走行している。近い将来に発生が想定されている東海地震・東南海地震・南海地震による津波対策として新宮駅 - 和歌山駅間では避難誘導標が沿線に設置されている。沿線の架線柱には、津波浸水区間・避難する方向・避難場所と避難場所までの距離などが記された看板や海岸線沿いで海抜が低い串本駅 - 紀伊勝浦駅間においては、津波避難用の全長5m程度のコンクリート製避難誘導降車台が設置されている。紀勢本線 フレッシュアイペディアより)

  • 18世紀

    18世紀から見た南海地震南海地震

    宝永地震(東海・東南海・南海M8.4〜9.3)、富士山宝永大噴火(降灰砂は東方90kmの川崎で5cm・大被害)。18世紀 フレッシュアイペディアより)

  • 競艇場

    競艇場から見た南海地震南海地震

    大型映像装置の大きさは住之江競艇場に次ぐ。当競艇場を挟み撃ちする形で小鳴門橋と小鳴門大橋の2つの斜張橋がある。2014年から2016年までは将来、起きる南海地震への対策も考えて津波防護柵を作る為に使用しなかった。完成後は全競艇場の中でコンパクト的な競艇場として生まれ変わっている。施行者は鳴門市と松茂町ほか2町競艇事業組合。競艇場 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツパークさかわ

    スポーツパークさかわから見た南海地震南海地震

    東南海地震・南海地震時の消防・警察の活動拠点として内閣府より指定されている。スポーツパークさかわ フレッシュアイペディアより)

133件中 91 - 100件表示

「東南海・南海地震対策」のニューストピックワード