123件中 11 - 20件表示
  • 岡山平野

    岡山平野から見た南海地震南海地震

    干拓地および埋め立て地はその多くがいわゆる海抜ゼロメートル地帯となっており、洪水や高潮等による浸水が懸念されている。実際に2004年(平成16年)の台風16号では、高梁川の河口付近の倉敷市玉島地区や岡山市の百間川河口付近で高潮による住宅の浸水などの被害が発生した。また、21世紀中に高い確率で発生が予測されている南海地震が発生した際は、干拓地の軟弱な地盤により液状化現象が発生する恐れがあると指摘されている。岡山平野 フレッシュアイペディアより)

  • 福良港

    福良港から見た南海地震南海地震

    福良湾は鳴門海峡の東側に開けており、南海地震による紀伊水道からの津波の侵入が予想されている。現在、福良港には防潮堤や洲崎から伸びる港口防波堤が整備されているが、さらに可動式の湾口防波堤の整備などが検討されている福良港 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡東部地震

    静岡東部地震から見た南海地震南海地震

    東北地方太平洋沖地震の際には、水平方向に4メートル以上の水平変動が記録されており、大きな地殻変動が発生していた。その結果、東西に対して伸張するとともに、南北には圧縮する歪みを、広い範囲にわたって与えていた。委員長の阿部勝征は「具体的な関連は分からない」としながらも「マグニチュード9.0という大変大きな規模の地震だったことから、何らかの影響はあったと考えられる」と言及し、東北地方太平洋沖地震に誘発されて静岡東部地震が発生した可能性を指摘した。さらに、阿部は「巨大な海溝型の地震の前後で被害が出るような内陸型の地震が発生するのはよく知られている」と述べ、直接的な関連があると確認されていないものの、その具体例として東南海地震や南海地震の前後に鳥取地震、三河地震、福井地震が発生した事例を挙げ、警戒を怠らないよう訴えた。静岡東部地震 フレッシュアイペディアより)

  • 海陽町立浅川小学校

    海陽町立浅川小学校から見た南海地震南海地震

    1946年(昭和21年)12月21日 - 昭和南海地震により、津波の被害を受ける。海陽町立浅川小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本地震活動期説

    西日本地震活動期説から見た南海地震南海地震

    過去に日本の中部(中部地方、近畿地方周辺)で起こった地震を時間を軸にして表にまとめると、その地域での最大規模(マグニチュード8.0前後)の地震である東海地震、東南海地震、南海地震が発生する前後の数年間?数十年間、地震の多い時期(活動期)が見られることがわかる。また、相対的に地震の少ない時期(静穏期)も見られる。このような傾向は西南日本を対象として地震をまとめた場合も見られる。西日本地震活動期説 フレッシュアイペディアより)

  • 日向地震

    日向地震から見た南海地震南海地震

    同日の畿内や東海地方における強震や津波が同一地震ならば、さらに規模の大きい地震と見られ、震源域の変更が必要ともされている。また同日に中国の上海で津波が観測され、揚子江の水面の震動が観測されており、同様の現象は宝永地震や安政南海地震でも観測されていることから、南海地震との説もある。2ヵ月半後の9月20日(明応7年8月25日)に発生した、東海地震である明応地震と連動したとする説もある。日向地震 フレッシュアイペディアより)

  • 石岡神社

    石岡神社から見た南海地震南海地震

    昭和21年(1946年)、南海地震が起こり拝殿など一部の社殿が倒壊したが昭和29年(1954年)に再建され現在に至る。石岡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木康四郎

    鈴木康四郎から見た南海地震南海地震

    1947年(昭和22年)4月の和歌山県議会議員選挙に西牟婁郡から選出され、在任中は総務委員長や震災対策委員長や和歌山県金庫調査委員長を務め、1951年(昭和26年)4月の任期満了により退職した。鈴木康四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 軟弱地盤

    軟弱地盤から見た南海地震南海地震

    南海地震1946年12月21日、深さ24km、M8.0、死者1,330人、行方不明113人、負傷者3,842人軟弱地盤 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐西南大規模公園佐賀地区

    土佐西南大規模公園佐賀地区から見た南海地震南海地震

    東南海・南海地震の際の内閣府の活動拠点として指定されている。土佐西南大規模公園佐賀地区 フレッシュアイペディアより)

123件中 11 - 20件表示

「東南海・南海地震対策」のニューストピックワード