133件中 11 - 20件表示
  • 津波

    津波から見た南海地震南海地震

    こうした警報の支えとして、防災科学技術研究所が日本列島の太平洋側海底に観測機器ネットワークを設置している。東日本では日本海溝海底地震津波観測網(S-net)、東南海地震の想定震源域にはDONET1、南海地震の想定震源域ではDONET2である。また統計数理研究所や東京大学地震研究所、高知工科大学は津波に伴う海面隆起などを遠方から補足できる微気圧振動(インフラサウンド)を観測しており、日本気象協会が2017年夏に開設する専用ホームページをデータを公開する予定である。津波 フレッシュアイペディアより)

  • 高知市

    高知市から見た南海地震南海地震

    1946年(昭和21年)12月21日 - 南海地震発生により被害。高知市 フレッシュアイペディアより)

  • 南海大地震

    南海大地震から見た南海地震南海地震

    南海大地震 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡東部地震

    静岡東部地震から見た南海地震南海地震

    東北地方太平洋沖地震の際には、水平方向に4メートル以上の水平変動が記録されており、大きな地殻変動が発生していた。その結果、東西に対して伸張するとともに、南北には圧縮する歪みを、広い範囲にわたって与えていた。委員長の阿部勝征は「具体的な関連は分からない」としながらも「マグニチュード9.0という大変大きな規模の地震だったことから、何らかの影響はあったと考えられる」と言及し、東北地方太平洋沖地震に誘発されて静岡東部地震が発生した可能性を指摘した。さらに、阿部は「巨大な海溝型の地震の前後で被害が出るような内陸型の地震が発生するのはよく知られている」と述べ、直接的な関連があると確認されていないものの、その具体例として東南海地震や南海地震の前後に鳥取地震、三河地震、福井地震が発生した事例を挙げ、警戒を怠らないよう訴えた。静岡東部地震 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本地震活動期説

    西日本地震活動期説から見た南海地震南海地震

    過去に日本の中部(中部地方、近畿地方周辺)で起こった地震を時間を軸にして表にまとめると、その地域での最大規模(マグニチュード8.0前後)の地震である東海地震、東南海地震、南海地震が発生する前後の数年間?数十年間、地震の多い時期(活動期)が見られることがわかる。また、相対的に地震の少ない時期(静穏期)も見られる。このような傾向は西南日本を対象として地震をまとめた場合も見られる。西日本地震活動期説 フレッシュアイペディアより)

  • 日向地震

    日向地震から見た南海地震南海地震

    同日の畿内や東海地方における強震や津波が同一地震ならば、さらに規模の大きい地震と見られ、震源域の変更が必要ともされている。また同日に中国の上海で津波が観測され、揚子江の水面の震動が観測されており、同様の現象は宝永地震や安政南海地震でも観測されていることから、南海地震との説もある。2ヵ月半後の9月20日(明応7年8月25日)に発生した、東海地震である明応地震と連動したとする説もある。日向地震 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐西南大規模公園佐賀地区

    土佐西南大規模公園佐賀地区から見た南海地震南海地震

    東南海・南海地震の際の内閣府の活動拠点として指定されている。土佐西南大規模公園佐賀地区 フレッシュアイペディアより)

  • 888年

    888年から見た南海地震南海地震

    仁和の洪水 - 信濃川流域(長野県内)で洪水被害。887年に発生した仁和南海地震、東海地震で八ヶ岳の山麓が崩壊し出来た堰止め湖が決壊し発生した土石流が原因と考えられる洪水。888年 フレッシュアイペディアより)

  • 東道後温泉郷

    東道後温泉郷から見た南海地震南海地震

    1946年 12月 南海地震発生、湧出していた温泉が完全に止まってしまう東道後温泉郷 フレッシュアイペディアより)

  • 岡村眞

    岡村眞から見た南海地震南海地震

    1979年10月、高知大学に赴任。理学部助手、講師、助教授を経て、1994年4月教授。1990年2月、理学博士(東北大学)。理学部自然環境科学科長、教育研究部自然科学系理学部門教授、総合研究センター防災部門(南海地震防災支援センター)部門長等を歴任した。2012年4月より現職。岡村眞 フレッシュアイペディアより)

133件中 11 - 20件表示

「東南海・南海地震対策」のニューストピックワード