123件中 21 - 30件表示
  • スポーツパークさかわ

    スポーツパークさかわから見た南海地震南海地震

    東南海地震・南海地震時の消防・警察の活動拠点として内閣府より指定されている。スポーツパークさかわ フレッシュアイペディアより)

  • 旧吉野川河口堰

    旧吉野川河口堰から見た南海地震南海地震

    然し1946年(昭和21年)に南海地震が起こり旧吉野川・今切川河口地域は大規模な地盤沈下を起こし、今切川樋門は破損し防潮機能が減退した。1949年(昭和24年)には旧吉野川樋門が建設されたが根本的な塩害対策にはなり得なかった。更に高度経済成長に伴う工業地域の拡大や徳島市の人口増加は水需要の逼迫を招いた。これらの理由から治水・利水を目的とした河川施設の建設は急務となったが、吉野川水系が「水資源開発水系」に指定され「吉野川水系水資源開発基本計画」が1966年(昭和41年)に策定された。この中で旧吉野川と今切川に河口堰を建設し治水・利水を図ろうとし、水資源開発公団(現・独立行政法人水資源機構)によって1968年(昭和43年)より計画が開始された。旧吉野川河口堰 フレッシュアイペディアより)

  • ニュースとくしま610

    ニュースとくしま610から見た南海地震南海地震

    シリーズ南海地震(南海地震について)ニュースとくしま610 フレッシュアイペディアより)

  • 広村堤防

    広村堤防から見た南海地震南海地震

    その後、地震から教訓を得た梧陵は、同志と大堤防の築造を計画し、安政5年(1858年)に約3年10か月もの歳月を費やした大堤防広村堤防を完成させた。堤防の完成と同時に植えた黒松とハゼノキの防潮林は、昭和21年(1946年)の昭和南海地震で起こった津波を食い止め、集落を守るという重要な役割を果たした。広村堤防 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪湾断層帯

    大阪湾断層帯から見た南海地震南海地震

    地震調査研究推進本部の数値を基に、最悪のケースを想定した津波シミュレーションを作成。それによると、地震発生の約5分後、神戸市兵庫区から明石市と淡路島東部の沿岸部に最大約4.5m以上の津波が襲来する。約15分後には断層の東側を進む波が関西国際空港に、約30分前後には大阪府南西部に到達。さらに反射波が神戸市東部、西宮市、尼崎市に押し寄せ、1時間前後には再び神戸市西部に及ぶ。その後、狭い湾内で逃げ場のなくなった波が、約1時間間隔で神戸市西部と大阪府南西部の間をしばらくの時間行きつ戻りつするとみられる。神戸市東灘区から堺市付近までを除いた大阪湾沿岸部で、南海地震で想定される津波よりも高くなる。大阪湾断層帯 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥羽市立鏡浦中学校

    鳥羽市立鏡浦中学校から見た南海地震南海地震

    校地は伊勢湾口にある生浦湾(おうのうらわん)を見下ろす高台にあり、鳥羽市鏡浦地区の避難所・一時立ち退き場所になっている。三重県の想定では東南海地震・東海地震・南海地震の3地震が同時発生した場合、生浦湾に最大3.23mの津波が押し寄せるとされており、2011年(平成23年)6月9日には隣接する鏡浦小学校と合同で避難訓練が行われた。鳥羽市立鏡浦中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 金磯町

    金磯町から見た南海地震南海地震

    昭和21年の南海大地震により、小松島市の海岸地帯は約60cm地盤沈下し、とりわけ金磯地区は被害が大きく、元来海抜0mの地帯であるために、水田は全部海面下に沈下して全地域にわたって壊滅した。金磯町 フレッシュアイペディアより)

  • 正平地震

    正平地震から見た南海地震南海地震

    『太平記』、『和漢合運』、『南方紀伝』、『阿波志』、『後愚昧記』、『忠光卿記』および『後深心院関白記』などに地震被害の記録がある。記録は南海地震と思われるものであるが、発掘調査により東南海地震も連動したと推定される。東海地震については不明。正平地震 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪湾最低潮位

    大阪湾最低潮位から見た南海地震南海地震

    基準水準点「基21」に移動された理由は、1946年(昭和21年)12月21日に起きた南海地震や地盤沈下などでこの「毛馬基標」の基準値を維持出来なくなったため、前述のO.P.=T.P.+1.3000mを定義するためにこの基準値を、移転先の「基21」の標石下65.4235mをO.P.±0.0mと定めてこれを新たな基準としたからである。大阪湾最低潮位 フレッシュアイペディアより)

  • 神峯神社

    神峯神社から見た南海地震南海地震

    本殿の向かって右奥上方には燈明巌(とうみょういわ)と呼ばれる岩がある。この岩は太古から夜が更けると青白く光っていたと言われている。天変地異などの異変が起こる前兆として光ると言われており、日清戦争、日露戦争、関東大震災、太平洋戦争、南海地震の前に光ったと伝えられている。神峯神社 フレッシュアイペディアより)

123件中 21 - 30件表示

「東南海・南海地震対策」のニューストピックワード