123件中 31 - 40件表示
  • 仁和地震

    仁和地震から見た南海地震南海地震

    近畿地方の地震動や津波は南海地震の特徴であるが、対応する東海・東南海地震と思われる記録は『扶桑略記』の安房においてこの日地震があった(仁和三年丁未七月三十日安房國地震)とするもののみであった。ただし、本来『扶桑略記』にそのような記述は無く、『大日本地震史料 増訂』の誤記であるとされる。仁和地震 フレッシュアイペディアより)

  • 康和地震

    康和地震から見た南海地震南海地震

    康和地震(こうわじしん)は平安時代後期に起きた南海トラフ沿いの巨大地震と推定される地震である。南海地震と思われ、約2年2ヵ月前には東海・東南海地震と推定される永長地震があった。康和地震 フレッシュアイペディアより)

  • 永長地震

    永長地震から見た南海地震南海地震

    永長地震(えいちょうじしん)は平安時代後期に起きた南海トラフ沿いの巨大地震と推定される地震である。東海・東南海地震と思われ、約2年2ヵ月後に南海地震と推定される康和地震が発生した。永長地震 フレッシュアイペディアより)

  • 無量光寺の首大仏

    無量光寺の首大仏から見た南海地震南海地震

    大福寺は安政元年(1854年)に発生した安政大地震で全壊し、明治41年(1908年)には廃寺となったため、首大仏は本山にあたる無量光寺に移された。現在、当大仏は「首から上の願いを叶える」と云われ、多くの受験生らが参詣する。無量光寺の首大仏 フレッシュアイペディアより)

  • 川内町 (徳島市)

    川内町 (徳島市)から見た南海地震南海地震

    地内にはジャストシステムや大塚製薬など大手の企業が本社や本部を置いている。また川内町の中心部には国道11号が通っているため、多くの店が並び発展しつつあるなか、そのほかの地域では閑静な住宅地と田畑が広がっており、南海地震の避難所の用途を兼ねたマンションが点在している。近年では道路建設が進みつつある。川内町 (徳島市) フレッシュアイペディアより)

  • 白鳳地震

    白鳳地震から見た南海地震南海地震

    記録による被害の様相は南海地震と思われるものであるが、発掘調査により、ほぼ同時期に東海地震・東南海地震も連動したと推定されている。白鳳地震 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急消防援助隊

    緊急消防援助隊から見た南海地震南海地震

    2002年頃から学者により、東海地震、南関東直下型地震、東南海地震・南海地震等をはじめとする大規模地震の発生切迫性が高まっていることが指摘されはじめ、特に東海地震発生時の想定では、現状の緊急消防援助隊体制では消防力が不足することが判明した。そこで、消防庁にて検討が重ねられ、発生が懸念される大規模地震にも対応しうる緊急消防援助隊を再編成することが決定された。緊急消防援助隊 フレッシュアイペディアより)

  • 渭東地区

    渭東地区から見た南海地震南海地震

    1951年の南海地震によって地盤沈下となった渭東地区の殆どが砂地となり、それをきっかけに青ねぎの栽培が始まった。その後、本格的に渭東ねぎがブランド化していき、現在では全国的に有名な青ねぎとして知られている。渭東地区 フレッシュアイペディアより)

  • 日向灘地震

    日向灘地震から見た南海地震南海地震

    1498年日向灘地震(M7.0〜7.5)- 同日の畿内の地震や、上海における津波記録から、南海地震との説もあり。日向灘地震 フレッシュアイペディアより)

  • 固有地震

    固有地震から見た南海地震南海地震

    南海地震・東南海地震・東海地震は単独でM8.0前後、100 - 150年間隔の固有地震である。このほか、日本周辺で予想されているM7 - 8クラスの海溝型地震はほぼすべて固有地震である。東海地震・東南海地震・南海地震のように、プレートの沈み込み帯自体が地形により3つに分かれていて、震源域が自然と区別されているものもあれば、震源域が不明瞭で、固有地震があるとは考えられるがそれを抽出できないような地域も存在する。固有地震 フレッシュアイペディアより)

123件中 31 - 40件表示

「東南海・南海地震対策」のニューストピックワード