123件中 41 - 50件表示
  • 1498年日向灘地震

    1498年日向灘地震から見た南海地震南海地震

    同日に発生したとされる畿内や東海地方における強震や津波の記録が今回の地震と同一地震ならば、さらに規模の大きい地震と見られ、震源域の変更が必要ともされている。また、同日には中国においても上海での津波や揚子江での水面の震動し氾濫するなどの現象が観測されており、同様の現象は宝永地震や安政南海地震でも観測されていることから、今回の地震は南海地震の一部であった(あるいは南海地震と連動した)可能性も指摘されている。この、2ヵ月半後の9月20日(明応7年8月25日)に発生した、東海・東南海地震と推定される明応地震についても今回の地震により連動したとする説がある。1498年日向灘地震 フレッシュアイペディアより)

  • 濱口梧陵

    濱口梧陵から見た南海地震南海地震

    当時としては巨大な堤防の建設の際に「住民百世の安堵を図る」との言葉を残している。堤防完成から88年後の1946年(昭和21年)、広村を昭和南海地震の津波が襲ったが、この堤防のために被害を減らすことができた。濱口梧陵 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌浦

    和歌浦から見た南海大地震南海地震

    しかし、それにより不法侵入が絶えず、また心ない破壊活動、放火未遂などにより、環境面だけでなく治安面でも、周辺住民や一般宿泊者、関係者から苦情が絶えなかった。それに加え、廃業旅館は安直な建て増しによる耐震性の不備が指摘され、その巨大さもあって南海大地震が起これば崩落して周辺に多大な被害をもたらすことが予想された。そのため、2005年10月にこれらを含めた廃墟物件は軒並み撤去されることになり、一連の騒動は終止符を打った。和歌浦 フレッシュアイペディアより)

  • 国府白浜

    国府白浜から見た南海地震南海地震

    東南海地震・南海地震が発生した場合、阿児の松原には20分で津波が来ると想定されており、避難訓練が実施されている。国府白浜 フレッシュアイペディアより)

  • 明応地震

    明応地震から見た南海地震南海地震

    記録にある被害分布が安政東海地震に類似しており、震源域は東海地震・東南海地震と思われるものであった。一方で、四国でも一部大地震があったとする記録が発見され、また発掘調査から同時期の南海地震の存在が浮き彫りになり、広義の東海・東南海・南海連動型地震に分類される可能性も高い。明応地震 フレッシュアイペディアより)

  • 志摩町越賀

    志摩町越賀から見た南海地震南海地震

    細萱泉らが地理情報システム(GIS)を用いて南海トラフを震源とするマグニチュード8クラスの東南海・南海地震が発生した場合の津波をシミュレートしたところ、越賀漁港には地震発生から10分後に9.5mの津波が押し寄せるという結果が得られた。志摩町越賀 フレッシュアイペディアより)

  • 慶長十九年十月二十五日の地震

    慶長十九年十月二十五日の地震から見た南海地震南海地震

    駿府・三河・伊勢の津波記録を重視すると東海沖、紀伊・伊予の記録は南海沖、越後高田の津波記録は日本海の震源域を示唆し、さらに銚子にも津波記録があり、これらすべてを満足する単一の地震は有り得ないとされる。慶長十九年十月二十五日の地震 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島県立中央病院

    徳島県立中央病院から見た南海地震南海地震

    『県民に親しまれ、信頼される病院になる』を徳島県立中央病院の基本理念とし、緊急時や南海地震など大規模な災害時に備え屋上にドクターヘリが発着出来るヘリポートを完備している。また当院に隣接する徳島大学病院(中央診療棟)とは医療従事者や患者が自由に行き来出来る連絡ブリッジで接続されており、当院および徳島大学病院が位置する徳島市蔵本地区は徳島県における総合メディカルゾーンを形成している。徳島県立中央病院 フレッシュアイペディアより)

  • 田村公平

    田村公平から見た南海地震南海地震

    2007年7月16日、田村は演説にて、7月1日に高知県を訪れた安倍晋三に触れ「(首相は)私の選挙を心配するなら銭を持ってきてほしい。南海地震対策を政府の責任で5千億円ぐらいやったら、高知は地震や台風に耐えられる県になる」と訴えている。田村公平 フレッシュアイペディアより)

  • 歪集中帯

    歪集中帯から見た南海地震南海地震

    2004年になって、歪集中帯でM6.8の新潟県中越地震が発生した。これを契機に、歪集中帯で発生する地震や、地質活動などについての研究機運が高まった。一方、メディアや市民の間では、都市直下型地震や西日本の地震、海溝型の巨大津波地震への関心が高まり、同時期に政府による関東直下型地震、南海・東南海・東海地震などの被害想定も発表されるなどし、能登半島地震の発生後まで続いた。しかし、新潟県中越沖地震の発生により、歪集中帯に関する報道が一気になされた。歪集中帯 フレッシュアイペディアより)

123件中 41 - 50件表示

「東南海・南海地震対策」のニューストピックワード