133件中 51 - 60件表示
  • 東北地方太平洋沖地震及び津波のメカニズム

    東北地方太平洋沖地震及び津波のメカニズムから見た南海地震南海地震

    Mw9.0の東北地方太平洋沖地震の発生によって、プレート境界では普段はMw7-8程度のプレート境界型地震が起きているが、それらの地震では開放しきれないひずみが長年蓄積することによって、何回かに一回はひずみを一気に開放するMw9クラスの超巨大地震が発生するとの説がクローズアップされるようになった。これまでもMw7-8程度のプレート境界型地震が何回か発生するうちに、普段よりも規模が大きい地震が発生することは、チリ付近の地震やスマトラ沖での地震の履歴についての調査、日本でも相模トラフによる関東地震、南海トラフによる東海地震、東南海地震、南海地震、そして北海道東部の千島海溝で発生する地震などで研究が進められていた。Mw7-8程度の巨大地震が繰り返し発生するプレート境界では、それらの地震では開放しきれないひずみが蓄積することによって、何回かに一度Mw9クラスの超巨大地震が発生するという、巨大地震と超巨大地震が階層的に発生する現象が普遍的に見られる可能性が指摘されており、この階層的な地震発生のサイクルはスーパーサイクルと呼ばれている。つまり東北地方太平洋沖地震はスーパーサイクルにおける超巨大地震と考えられる。東北地方太平洋沖地震及び津波のメカニズム フレッシュアイペディアより)

  • ニュースとくしま610

    ニュースとくしま610から見た南海地震南海地震

    シリーズ南海地震(南海地震について)ニュースとくしま610 フレッシュアイペディアより)

  • てんやわんや

    てんやわんやから見た南海地震南海地震

    宇和島市を題材にした『大番』と同じく愛媛県南予地方の人情、文化、方言などを詳しく知ることができ、この地方特有の「牛の突き合い」(闘牛)、「牛鬼」(お祭りの練り物)岩松川の大うなぎ(愛媛県の天然記念物)とっぽ話(ホラ話)や戦後すぐにおこった「南海大地震」などが興味深く紹介されている。てんやわんや フレッシュアイペディアより)

  • 付加体

    付加体から見た南海地震南海地震

    日本列島の周辺では、約3億年前から断続的に海洋プレートが沈み込んでおり、各年代において特徴的な地質構造を有し、日本列島の骨格を形成している。海洋プレートの沈み込みは現在でも継続しており、東海地震や南海地震の震源とされる南海トラフにおいて、フィリピン海プレートが日本列島の下に沈み込んでおり、四国沖では新たな付加体が形成され続けている。海溝から遠い大陸側(日本海側)のほうが古い地層である。なお下記に示す年代は「付加体として大陸に固定された年代」であって、実際に海底で噴火したり堆積して岩石が形成された年代は 更に古い。付加体 フレッシュアイペディアより)

  • 日向灘地震

    日向灘地震から見た南海地震南海地震

    2種類の地震を合わせると十数年から数十年に一度の割合で発生している。調査により判明している過去最大の地震は、1662年のM7.6の地震であり、日向灘の領域単独でM8以上となる巨大地震が発生した記録はない。しかし、震源域が東に隣接する南海地震などと同時発生してM8以上の連動型巨大地震となったことがあるという見方もある。例えば、東海・東南海・南海連動型地震であった1707年宝永地震は日向灘地震とも連動した可能性が指摘されている。そして、将来もそのような連動型巨大地震が発生する恐れがあり、対策を取ろうとする動きがある。特に2011年東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)以降、そのような動きが強くなっている。日向灘地震 フレッシュアイペディアより)

  • 中央防災会議

    中央防災会議から見た南海地震南海地震

    東南海・南海地震等に関する専門調査会中央防災会議 フレッシュアイペディアより)

  • 稲むらの火

    稲むらの火から見た南海地震南海地震

    日本において、津波に関する物語のうち広く知られた作品である。発生が予測される東南海地震・南海地震などでの津波災害に対する防災意識を喚起する物語として注目されている。2003年(平成15年)3月に和歌山県で開催された「西太平洋地震・津波防災シンポジウム」に際して気象庁が「稲むらの火」に関するパンフレットを作成しており、インターネット上で公開されている。稲むらの火 フレッシュアイペディアより)

  • 五畿七道

    五畿七道から見た南海地震南海地震

    しかし、現在の日本各地の地方名の多く(東海、東山、北陸、山陽、山陰、北海道など)は、五畿八道に由来している。また、東海道新幹線や山陽新幹線、北陸自動車道などの交通網や、今後想定される東海地震や南海地震、また地震発生帯の南海トラフなどの名称にもその名残が見られる。五畿七道 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪湾最低潮位

    大阪湾最低潮位から見た南海地震南海地震

    基準水準点「基21」に移動された理由は、1946年(昭和21年)12月21日に起きた南海地震や地盤沈下などでこの「毛馬基標」の基準値を維持出来なくなったため、前述の O.P. = T.P. + 1.3000m を定義するためにこの基準値を、移転先の「基21」の標石下65.4235mをO.P.±0.0mと定めてこれを新たな基準としたからである。大阪湾最低潮位 フレッシュアイペディアより)

  • 春野百合子

    春野百合子から見た南海地震南海地震

    幼少期から母が経営する玉造東雲町自宅横にあった寄席小屋「春野館」に通っていた。後両親が離婚。また浪曲にも興味が薄れる。その後東京で薬学の専門学校に通う。母死後、父に預けられる。1946年に父が経営していた劇場「岸和田劇場」が南海地震で倒壊し多くの死者を出したことで浪曲師になる事を決意。1948年に父・2代目奈良丸に入門、稽古を奈良丸の弟子の吉田奈良千代の夫・和田峰太郎の元に通う。5ヵ月後に中座で襲名。「女殺油地獄」「樽屋おせん」などの近松門左衛門や、井原西鶴原作からの新作をものにして、「文芸浪曲」の先駆者となった。繊細で情緒豊かな世話物を得意とする。十八番は「西鶴五人女」シリーズ。春野百合子 フレッシュアイペディアより)

133件中 51 - 60件表示

「東南海・南海地震対策」のニューストピックワード