123件中 51 - 60件表示
  • てんやわんや

    てんやわんやから見た南海地震南海地震

    宇和島市を題材にした「大番」と同じく愛媛県南予地方の人情、文化、方言などを詳しく知ることができ、この地方特有の「牛の突き合い」(闘牛)、「牛鬼」(お祭りの練り物)岩松川の大うなぎ(愛媛県の天然記念物)とっぽ話(ホラ話)や戦後すぐにおこった「南海大地震」などが興味深く紹介されている。てんやわんや フレッシュアイペディアより)

  • 坂出港

    坂出港から見た南海地震南海地震

    昭和21年1946年12月の南海地震により、当時の主岸壁であった西岸壁が崩壊し、港湾の機能は停止状態になったが、約3箇年で復旧させた。坂出港 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪港咲洲トンネル

    大阪港咲洲トンネルから見た南海地震南海地震

    近年、東南海地震、南海地震が発生すると、トンネルの沈埋函接続部が損傷する恐れがあることが判明。耐震補強のため、沈埋函同士を鋼板で連結する対策工事が2009年から始められている。大阪港咲洲トンネル フレッシュアイペディアより)

  • 艦隊シリーズの用語集

    艦隊シリーズの用語集から見た南海地震南海地震

    作中に盛り込まれた切っ掛けは、阪神・淡路大震災発生である。(前世1946年の和歌山県潮岬沖南海地震-昭和南海地震-についての記述もある)艦隊シリーズの用語集 フレッシュアイペディアより)

  • 春野百合子

    春野百合子から見た南海地震南海地震

    幼少期から母が経営する玉造東雲町自宅横にあった寄席小屋「春野館」に通っていた。後両親が離婚。また浪曲にも興味が薄れる。その後東京で薬学の専門学校に通う。母死後父に預けられる1946年に父が経営していた劇場「岸和田劇場」が南海地震で倒壊し多くの死者を出したことで浪曲師になる事を決意。1948年に父・2代目奈良丸に入門、稽古を奈良丸の弟子の吉田奈良千代の夫・和田峰太郎の元に通う。5ヵ月後に中座で襲名。「女殺油地獄」「樽屋おせん」などの近松門左衛門や、井原西鶴原作からの新作をものにして、「文芸浪曲」の先駆者となった。繊細で情緒豊かな世話物を得意とする。十八番は「西鶴五人女」シリーズ。春野百合子 フレッシュアイペディアより)

  • 高知駐屯地

    高知駐屯地から見た南海地震南海地震

    1962年の開設以来、同市岸本地区の海岸近くに駐屯していたが、近い将来に発生することが危惧される南海地震の津波を考慮し、2010年3月に同市内の高台に新庁舎を開庁した。駐屯地司令は、第50普通科連隊長が兼務(2010年3月25日までは第14施設中隊長が兼務)。2012年3月までは、岸本地区の旧駐屯地との2個営舎体制で運用(同様の運用形態は他に今津駐屯地などがあった(現在は1個営舎))していたが、徳島県阿南市に開設された徳島駐屯地への移駐に伴い、約50年の歴史に幕を下ろして閉鎖された。現在の駐屯地には、戦闘訓練のため300m射撃場及び爆破訓練場を有する「高知演習場」が隣接し、南海地震のみならず周辺事態等の本格的な有事にも備えている。高知駐屯地 フレッシュアイペディアより)

  • かいこう

    かいこうから見た南海地震南海地震

    2003年5月29日、室戸岬沖130キロメートルの海域で、南海地震に関わる長期観測データの回収後に二次ケーブルが破断、子機ビークルを喪失した。かいこう フレッシュアイペディアより)

  • 宝永地震

    宝永地震から見た南海地震南海地震

    激震域や津波襲来の領域が安政東海地震と安政南海地震を併せたものにほぼ相当することから、フィリピン海プレートが沈み込む南海トラフ沿いで東海地震(現代でいう東南海地震も含む)および南海地震が連鎖的にほぼ同時に起きた東海・東南海・南海連動型地震と考えられてきた。東海地震と南海地震が時間差で発生した二元地震と考えられたものの、九州から関東における地震の発生時刻の記録からは時間的に分離できないとされている。宝永地震 フレッシュアイペディアより)

  • 堀江 (大阪市)

    堀江 (大阪市)から見た南海地震南海地震

    高潮や洪水ばかりでなく津波も堀江を襲った。安政元年(1854年)11月4日、遠州灘から紀伊半島南東沖一帯を震源とするマグニチュード8.4の巨大な南海地震、安政南海地震にともなって発生した津波では、四国や紀州に壊滅的な被害が起こったが(稲むらの火の逸話は有名である)、大阪湾奥の天保山にまで山のような津波が押し寄せ大坂中の川に深い泥水が侵入した。堀江 (大阪市) フレッシュアイペディアより)

  • 安政東海地震

    安政東海地震から見た南海地震南海地震

    ただし、東海地震は過去の記録から駿河湾沖のE領域単独で起きるのではなく、安政東海地震のように東海、東南海領域(C, D, E領域)、あるいは宝永地震のように南海地震をも伴った連動型(A, B, C, D, E領域)で起きるとする説もある。安政東海地震 フレッシュアイペディアより)

123件中 51 - 60件表示

「東南海・南海地震対策」のニューストピックワード