123件中 61 - 70件表示
  • 静岡県東部地震

    静岡県東部地震から見た南海地震南海地震

    東北地方太平洋沖地震の際には、水平方向に4メートル以上の水平変動が記録されており、大きな地殻変動が発生していた。その結果、東西に対して伸張するとともに、南北には圧縮する歪みを、広い範囲にわたって与えていた。委員長の阿部勝征は「具体的な関連は分からない」としながらも「マグニチュード9.0という大変大きな規模の地震だったことから、何らかの影響はあったと考えられる」と言及し、東北地方太平洋沖地震に誘発されて静岡県東部地震が発生した可能性を指摘した。さらに、阿部は「巨大な海溝型の地震の前後で被害が出るような内陸型の地震が発生するのはよく知られている」と述べ、直接的な関連があると確認されていないものの、その具体例として東南海地震や南海地震の前後に鳥取地震、三河地震、福井地震が発生した事例を挙げ、警戒を怠らないよう訴えた。静岡県東部地震 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和南海地震

    昭和南海地震から見た南海地震南海地震

    この領域では周期的に大地震(詳細は南海地震参照)が発生しており、前回の南海地震である安政南海地震からおよそ90年ぶりでの発生となった。また、この地震の2年前である1944年(昭和19年)12月7日には昭和東南海地震も起きている。その地震後に今村明恒は「宝永地震や安政東海・南海地震は東海・南海の両道に跨って発生したものであるが、今回の地震は東海道方面の活動のみに止まっており、今後、南海道方面の活動にも注視するべきである」と指摘していたが、当時これに耳を傾けるものはいなかった。昭和南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 高知県立高知追手前高等学校

    高知県立高知追手前高等学校から見た南海地震南海地震

    南海地震が予想されている為、2011年(平成23年)から大規模な工事が行われている。同年10月には南体育館の取り壊し工事が、2012年(平成24年)2月には新館の耐震工事が完了した。今後は、本館および本館増築部の耐震工事、南体育館の改築工事などが行われる。高知県立高知追手前高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 津島道路

    津島道路から見た南海地震南海地震

    2009年7月11日、金子一義国土交通相により南側の区間の津島南IC-内海IC間が2009年度中に事業化されることが発表された。南側の区間から整備する理由は、現道の国道56号が沿岸を走っているため台風時の波浪で越波があり、また東南海・南海地震による影響も大きいと予想されるためである。しかしながら、同年8月の政権交代で事業化が凍結され、2010年度、2011年度の概算要求も認められず事実上凍結状態になっており、着工・完成時期などは未定であったが、東日本大震災を受け、2012(平成24)年度の概算要求で全区間が認められて、3年遅れでの事業化の運びとなった。津島道路 フレッシュアイペディアより)

  • DONET2

    DONET2から見た南海地震南海地震

    DONET2とは、(Dense Oceanfloor Network system for Earthquakes and Tsunamis 2)の略称で海洋研究開発機構が運用管理する潮岬沖から室戸岬沖の南海トラフで発生すると想定されている南海地震の想定震源域の一部に敷設される地震・津波観測監視システムのひとつで、2015年度からの運用開始を予定している。潮岬沖から室戸岬沖の海底には、稠密かつ高精度に地震や津波等のリアルタイム観測を行うための観測機器が設置される予定で、観測データは陸上局から専用回線によりアルタイムで海洋研究開発機構や防災科学技術研究所、気象庁への配信が計画されている。なお、東南海地震の想定震源域には、DONETが整備され稼働中である。DONET2 フレッシュアイペディアより)

  • 阿南安芸自動車道

    阿南安芸自動車道から見た南海地震南海地震

    防災面の効果が注目されており、台風や異常気象、特に南海地震対策における遠方との避難路・物資輸送路の役割を果たせることが地域で特に期待されていて、沿線両県では毎年「四国の道を考える会」や「未知フォーラム」等の集会が開催され根強い要望が続けられている。尚、南海地震対策を共通課題とする三重県、和歌山県、徳島県、高知県の4県は協調し近畿自動車道紀勢線、四国横断自動車道、阿南安芸自動車道、高知東部自動車道を「命の道」と称して早急な整備を訴えている。阿南安芸自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 夢咲トンネル

    夢咲トンネルから見た南海地震南海地震

    また、東南海地震や南海地震等を見据え、沈埋函の接合部の一部にゴムガスケット継手を設置、水圧接合時の止水を可能にした他、残留沈下による変形対策として5箇所に採用した新開発のクラウンシール式継手により函間の遊間を確保、最大1m程度と想定される地盤の沈下や、地震時の圧縮力を緩和する構造となっている。これらの工夫により、通常50年程度とされる土木構造物の耐用年数が夢咲トンネルでは100年となっている。夢咲トンネル フレッシュアイペディアより)

  • 付加体

    付加体から見た南海地震南海地震

    日本列島の周辺では、約3億年前から断続的に海洋プレートが沈み込んでおり、各年代において特徴的な地質構造を有し、日本列島の骨格を形成している。海洋プレートの沈み込みは現在でも継続しており、東海地震や南海地震の震源とされる南海トラフにおいて、フィリピン海プレートが日本列島の下に沈み込んでおり、四国沖では新たな付加体が形成され続けている。海溝から遠い大陸側(日本海側)のほうが古い地層である。なお下記に示す年代は「付加体として大陸に固定された年代」であって、実際に海底で噴火したり堆積して岩石が形成された年代は 更に古い。付加体 フレッシュアイペディアより)

  • 宝永大噴火

    宝永大噴火から見た南海地震南海地震

    噴火の始まる49日前の10月4日(10月28日)に推定マグニチュード8.6〜8.7と推定される宝永地震が起こった。この地震は定期的に巨大地震を起している2箇所の震源域、すなわち遠州沖を震源とする東海地震と紀伊半島沖を震源とする南海地震が同時に発生、またはこれらの震源域を包括する一つの巨大地震と考えられている。地震の被害は東海道、紀伊半島、四国におよび、死者2万人以上、倒壊家屋6万戸、津波による流失家屋2万戸に達した。宝永大噴火 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府庁舎

    大阪府庁舎から見た南海地震南海地震

    また、府庁舎本館は、今後発生が予想される南海地震・東南海地震などの大規模地震で倒壊する危険性があることが判明し、耐震補強工事が実施されることとなっている。大阪府庁舎 フレッシュアイペディアより)

123件中 61 - 70件表示

「東南海・南海地震対策」のニューストピックワード