123件中 71 - 80件表示
  • 太陽の黙示録

    太陽の黙示録から見た南海地震南海地震

    2002年8月10日、午前10時20分に京浜一帯を襲ったM8.8の京浜大地震を皮切りに、日本列島を襲った巨大震災。同日午後3時10分にはM7.5の東海大地震が発生し、これに連動して富士山、伊東沖の手石海丘、伊豆諸島では三宅島の雄山と大島の三原山が噴火。そして8月15日午前8時、M8.9の東南海・南海大地震が同時発生し、琵琶湖を中心に京都・大阪・奈良が水没。本州が文字通り真っ二つに分断された。また、紀伊半島や四国・九州南部も水没した。被害者数は死亡者2000万人、行方不明者4000万人。また、2003年2月に経団連が見積もったところによると、震災前の2分の1レベルまで復興するのに必要な予算は、ライフラインやインフラ面に限っても300兆円に及ぶ。太陽の黙示録 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山県庁舎

    和歌山県庁舎から見た南海地震南海地震

    2006年に完成した南別館以外の建物は建築から40?60年経ており、今後予想される南海・東南海地震に備えて継続的に耐震工事が行われている。和歌山県庁舎 フレッシュアイペディアより)

  • 今村明恒

    今村明恒から見た南海地震南海地震

    1923年に亡くなった大森の後を継いで地震学講座の教授に昇進する。1925年に北但馬地震、1927年に北丹後地震が発生し、次の大地震は南海地震と考えた明恒は、これを監視するために1928年に南海地動研究所(現・東京大学地震研究所和歌山地震観測所)を私費で設立した。明恒の予想通り1944年に東南海地震、1946年に南海地震が発生した。東南海地震後には南海地震の発生を警告したものの、被害が軽減できなかったことを悔やんだと言われる。今村明恒 フレッシュアイペディアより)

  • 南海トラフ

    南海トラフから見た南海地震南海地震

    南海トラフは、二つのプレートが衝突して海洋プレートが沈み込んでいるため、非常に活発で大規模な活断層である。南海トラフの各所では、東海地震、東南海地震、南海地震などのマグニチュード(M)8クラスの巨大地震が約百年から二百年ごとに発生している(東海地震の震源域は上述の駿河トラフ部にあたる)。特にこれら三つの周期地震は、過去の傾向から非常に高い確率で連動して発生するものと考えられている(東海・東南海・南海連動型地震)。またこれらの地震を引起す断層は南海スラストとも呼ばれた。南海トラフ フレッシュアイペディアより)

  • 安政南海地震

    安政南海地震から見た南海地震南海地震

    安政南海地震(あんせいなんかいじしん)は、江戸時代後期の嘉永7年11月5日(1854年12月24日)に発生した南海地震である。安政南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 四万十市

    四万十市から見た南海地震南海地震

    高知県南西部における拠点都市であり、市の中心部付近は四万十川によって形成された沖積平野である中村平野が広がっている。市域の大半は山林である。旧中村市の中心街は土佐一条氏により、その支配していた時代に京都を模して碁盤の目状に区画されており、土佐の小京都として知られる。主な観光名所として四万十川、為松公園(中村城址)、一條神社の他、ミニ八十八箇所で有名な石見寺等が挙げられる。ただし、1946年の南海地震で中村市街地が被災し、古い町並はほとんど残っていない。四万十市 フレッシュアイペディアより)

  • 首都機能移転

    首都機能移転から見た南海地震南海地震

    自然災害に対するリスクの存在は移転先でも変わりはなく、どこに移しても災害への対策が必要とされるとする。例えば、大規模地震は全国至る所を震源地として起こっており、3つの移転候補地のうち、畿央は琵琶湖西岸断層帯や東南海地震・南海地震、中央高地の東濃は東海地震や東南海地震、福島県中通りは那須火山帯の危険地域である。また、有事への対応にしても、ミサイルの射程距離から外れるには離島に移転しない限り不可能であり、今まで挙げられている移転候補地では標的の位置が変わるだけで状況は変わらないという指摘もある。首都機能移転 フレッシュアイペディアより)

  • 桑野道路

    桑野道路から見た南海地震南海地震

    東南海・南海地震による津波被害を回避した避難・緊急物資輸送路確立。桑野道路 フレッシュアイペディアより)

  • 福井道路

    福井道路から見た南海地震南海地震

    東南海・南海地震による津波被害を回避した避難・緊急物資輸送路確立。福井道路 フレッシュアイペディアより)

  • 住之江競艇レース結果・地震防災メモ

    住之江競艇レース結果・地震防災メモから見た南海地震南海地震

    東日本大震災発生直後の2011年4月からは、タイトルコールに続いて、「この時間は、近い将来に起こるとされる南海地震などの災害に備えて、防災に関する情報をお伝えしています」との言葉を必ず添えるようになった。また、この時期より、生放送から事前収録へ移行した。住之江競艇レース結果・地震防災メモ フレッシュアイペディアより)

123件中 71 - 80件表示

「東南海・南海地震対策」のニューストピックワード