133件中 71 - 80件表示
  • 吉野川

    吉野川から見た南海地震南海地震

    一方、1938年(昭和13年)から内務省によって吉野川河水統制事業の予備調査が進められていたが、戦争により中断。銅山川分水も愛媛県と徳島県の対立が解けぬまま中断していた。さらには1946年(昭和21年)に南海地震が発生、旧吉野川・今切川河口部で地盤沈下が発生し今切川樋門等の防潮施設が破損、汐止め効果が減退した。こうしたことから吉野川水系の総合開発の必要性が問われた。吉野川 フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン海プレート

    フィリピン海プレートから見た南海地震南海地震

    フィリピン海プレートがユーラシアプレートに沈み込む事で、海溝型地震である東海地震(南関東?東海)、東南海地震(東海?南紀)、南海地震(南紀?四国)が起きる。1923年の関東大震災をもたらした大正関東地震も、フィリピン海プレートが北アメリカプレートに沈み込む運動に伴う地震である。東海地震は静岡県の沖合、関東地震は神奈川県・千葉県の沖合が震源域となりうる巨大地震であり、防災上の重要性が高い。また、関東地方の地下には北アメリカ、フィリピン海、太平洋の3つのプレートが存在しており、このように2重にプレート間地震のリスクのある地域は世界的にも少ない(他はカムチャツカ半島など)が、近傍の関東南西部?東海地方東部ではユーラシアプレート・フィリピン海プレート・北米プレートが重なっているため、実質的には4プレートの間に地震のリスクが存在することになる。日本の関東地方は世界有数の政治的・経済的な先進地域でもあるため、大規模地震が直下で起こった時の影響は計り知れない。フィリピン海プレート フレッシュアイペディアより)

  • 濱口梧陵

    濱口梧陵から見た南海地震南海地震

    当時としては巨大な堤防の建設の際に「住民百世の安堵を図る」との言葉を残している。堤防完成から88年後の1946年(昭和21年)、広村を昭和南海地震の津波が襲ったが、この堤防のために被害を減らすことができた。濱口梧陵 フレッシュアイペディアより)

  • 日本海溝海底地震津波観測網

    日本海溝海底地震津波観測網から見た南海地震南海地震

    DONET2 -海洋研究開発機構]]が運用管理する潮岬沖から室戸岬沖の南海地震震源域における地震・津波観測監視システム日本海溝海底地震津波観測網 フレッシュアイペディアより)

  • 鳴門競艇場

    鳴門競艇場から見た南海地震南海地震

    2014年2月19日から2月23日に開催される「60年ありがとう競走」を最後として、2016年4月27日までは南海地震の津波対策として防御柵の設置工事を行うため、開催を実施しなかった。なおこの期間中も、外向き発売所・エディウィン鳴門と、ボートピア土佐、オラレ美馬での他場の相互場間場外の発売は実施を行った。そして、2016年4月28日に新スタンド完成とともに開催を再開した。鳴門競艇場 フレッシュアイペディアより)

  • 桑野道路

    桑野道路から見た南海地震南海地震

    東南海・南海地震による津波被害を回避した避難・緊急物資輸送路確立。桑野道路 フレッシュアイペディアより)

  • 福井道路

    福井道路から見た南海地震南海地震

    東南海・南海地震による津波被害を回避した避難・緊急物資輸送路確立。福井道路 フレッシュアイペディアより)

  • 宝永地震

    宝永地震から見た南海地震南海地震

    激震域や津波襲来の領域が安政東海地震と安政南海地震を併せたものにほぼ相当することから、フィリピン海プレートが沈み込む南海トラフ沿いで東海地震(東南海地震の震源域も含む)および南海地震が連鎖的にほぼ同時に起きた連動型地震と仮定され、中央防災会議が設置した「東南海、南海地震等に関する専門調査会」では東海・東南海・南海地震のモデルとされていた。東海地震と南海地震が時間差で発生した二元地震と考えられたものの、九州から関東における地震の発生時刻の記録からは時間的に分離できないとされている。また、単なる安政タイプの2地震の同時発生では津波の規模などが説明できないとされる。宝永地震 フレッシュアイペディアより)

  • 首都機能移転

    首都機能移転から見た南海地震南海地震

    自然災害に対するリスクの存在は移転先でも変わりはなく、どこに移しても災害への対策が必要とされるとする。例えば、大規模地震は全国至る所を震源地として起こっており、3つの移転候補地のうち、畿央は琵琶湖西岸断層帯や東南海地震・南海地震、中央高地の東濃は東海地震や東南海地震、福島県中通りは那須火山帯の危険地域である。また、有事への対応にしても、ミサイルの射程距離から外れるには離島に移転しない限り不可能であり、今まで挙げられている移転候補地では「標的の位置が変わるだけで、状況は変わらない」という指摘もある。首都機能移転 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市消防局

    大阪市消防局から見た南海地震南海地震

    消防艇(FB):2隻 単胴型まいしま・双胴型たかつ(水上署に配備) - 「まいしま」は単胴型消防艇としては国内最大級を誇る。特筆点として救急室が装備されてあり高規格救急医療機器が搭載されている。沿岸船舶からの救急要請や要救助者の救急処置に対応でき、「海の救急車」として傷病者を搬送する事ができる。今後発生が予測される東南海地震・南海地震等を踏まえた装備となっている。竣工は2000年(平成12年)3月30日で建造は金川造船が担当した。大阪市消防局 フレッシュアイペディアより)

133件中 71 - 80件表示

「東南海・南海地震対策」のニューストピックワード