133件中 81 - 90件表示
  • 安政東海地震

    安政東海地震から見た南海地震南海地震

    ただし、東海地震は過去の記録から駿河湾沖のE領域単独で起きるのではなく、安政東海地震のように東海、東南海領域(C, D, E領域)、あるいは宝永地震のように南海地震をも伴った連動型(A, B, C, D, E領域)で起きるとする説もある。安政東海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 艦隊シリーズの用語集

    艦隊シリーズの用語集から見た南海地震南海地震

    作中に盛り込まれた切っ掛けは、阪神・淡路大震災発生である。(前世1946年の和歌山県潮岬沖南海地震-昭和南海地震-についての記述もある)艦隊シリーズの用語集 フレッシュアイペディアより)

  • 増原惠吉

    増原惠吉から見た南海大地震南海地震

    宇和島中学校、第一高等学校を経て1928年(昭和3年)東京帝国大学法学部政治学科を卒業。文官高等試験に合格して内務省に入省。警察畑を歩いたのち1946年(昭和21年)6月、香川県知事に就任した。官選知事として終戦後混乱期の処理と南海大地震の復旧にあたり1947年(昭和22年)4月最初の公選知事に当選、香川大学の設置などに尽力した。吉田茂首相に請われ1950年(昭和25年)に知事を辞職して警察予備隊本部長官に就任。1952年(昭和27年)に保安庁次長、1954年(昭和29年)に防衛庁次長になった。1957年(昭和32年)6月、香川地方区から参議院議員補欠選挙に初当選。1959年(昭和34年)の参院選からは愛媛地方区に移った。香川補選から数えて連続当選4回、1977年(昭和52年)まで国会議員を20年間務めた。増原惠吉 フレッシュアイペディアより)

  • 信濃川

    信濃川から見た南海地震南海地震

    888年6月20日(仁和4年)887年に発生した仁和南海地震、東海地震で八ヶ岳の山麓が崩壊し形成された堰止め湖(河道閉塞)が、303日後に決壊し発生した土石流が原因と考えられる洪水。大月川に出来た河道閉塞の湛水量は5.8億m3と推定されている。信濃川 フレッシュアイペディアより)

  • 高知県立高知追手前高等学校

    高知県立高知追手前高等学校から見た南海地震南海地震

    南海地震が予想されているため、2011年(平成23年)から大規模な工事が行われている。同年10月には南体育館の取り壊し工事が、2012年(平成24年)2月には新館の耐震工事が完了した。今後は、本館および本館増築部の耐震工事、南体育館の改築工事などが行われる。高知県立高知追手前高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 阿久比町

    阿久比町から見た南海地震南海地震

    近い将来想定されている東海地震・東南海地震・南海地震に備え、1959年築の庁舎の老朽化や耐震不足などの耐震性調査を行ったところ、基準値を大幅に下回ることが判明し、新庁舎建設の必要性が高まった。2017年(平成29年)3月を工事完成目標として、2013年(平成25年)12月より、中央公民館南館の解体工事から順次進められた。阿久比町 フレッシュアイペディアより)

  • 森山周一郎

    森山周一郎から見た南海地震南海地震

    目撃!日本列島 南海地震の前兆をつかめ〜在野の地震研究者の挑戦〜(2012年、NHK)森山周一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽の黙示録

    太陽の黙示録から見た南海地震南海地震

    2002年8月10日、午前10時20分に京浜一帯を襲ったM8.8の京浜大地震を皮切りに、日本列島を襲った巨大震災。同日午後3時10分にはM7.5の東海大地震が発生し、これに連動して富士山、伊東沖の手石海丘、伊豆諸島では三宅島の雄山と大島の三原山が噴火。そして8月15日午前8時、M8.9の東南海・南海大地震が同時発生し、琵琶湖を中心に京都・大阪・奈良が水没。本州が文字通り真っ二つに分断された。また、紀伊半島や四国・九州南部も水没した。被害者数は死亡者2000万人、行方不明者4000万人。また、2003年2月に経団連が見積もったところによると、震災前の2分の1レベルまで復興するのに必要な予算は、ライフラインやインフラ面に限っても300兆円に及ぶ。太陽の黙示録 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪港咲洲トンネル

    大阪港咲洲トンネルから見た南海地震南海地震

    近年、東南海地震、南海地震が発生すると、トンネルの沈埋函接続部が損傷する恐れがあることが判明。耐震補強のため、沈埋函同士を鋼板で連結する対策工事が2009年から始められている。大阪港咲洲トンネル フレッシュアイペディアより)

  • 飯泉嘉門

    飯泉嘉門から見た南海地震南海地震

    この行動計画を基調として、毎年度の予算編成が行われている。予算編成においては、ほぼ全ての事業において見直しを実施し、コスト削減と事業の取捨選択を図っている。2期目に入ってからは、9000億円超に上る膨大な県債残高の圧縮やそれに伴っての県債発行の抑制などの緊縮財政による財政健全化を進める一方で、喫緊の課題である南海地震対策など必要とされる部分に重点的に予算を配分する事を目指し、「二兎を限りなく追う」(飯泉知事の発言。この言葉は、ことわざの「二兎を追う者は一兎をも得ず」を引用している。)を目標に据えた予算編成を行っている。具体的には県土整備予算(土木費)の抑制と、ゼロ予算事業(予算を付ける事なく実施可能な事業)の拡大を進めている。飯泉嘉門 フレッシュアイペディアより)

133件中 81 - 90件表示

「東南海・南海地震対策」のニューストピックワード