前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
125件中 1 - 10件表示
  • 南海地震

    南海地震から見た四国

    南海地震(なんかいじしん)は、紀伊半島の紀伊水道沖から四国南方沖を震源域とする巨大地震の呼称。南海トラフ西側でプレート間の断層滑りが発生する低角逆断層型の地震と考えられている。南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南海地震

    南海地震から見たフィリピン海プレート

    この付近の南海トラフでは、フィリピン海プレートがユーラシアプレートの下に沈み込んでいるため、たびたび M 8 級の海溝型地震が100 - 200年程度の再来間隔で起きている。年齢が2千万年程度の若いフィリピン海プレートの沈み込み帯であるため、フィリピン海プレートは薄く比較的高温でプレート間の固着が起こりやすい。GEONETの観測からプレート間の固着による東海沖・南海沖の広い範囲でプレート間の滑り遅れが確認され、地震カップリング率が高いとされている。南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南海地震

    南海地震から見た中国

    太平洋沿岸の広い範囲に津波襲来。四国や紀伊半島で特に著しく、数時間から十数時間に亘り何度も押寄せ第3波前後に最大となることが多い。中国の上海やアメリカ西海岸にも到達。南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南海地震

    南海地震から見た名古屋市

    2012年1月の地震調査委員会の予測では、30 - 50階建て程度の超高層建物など、固有周期が約3 - 5秒の建物が長周期地震動による強い影響を受ける可能性があり、特に大阪平野、奈良盆地、京都盆地、徳島平野、濃尾平野(名古屋市付近)の広い地域で速度50〜100カイン(cm/s)、最上部振幅1m以上の揺れが予想されている。南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南海地震

    南海地震から見た大阪市

    特に東大阪市では南北方向に地面で2m・30階建て高層ビルで2.5m、大阪市舞洲では地面1.5m・30階1.9m、名古屋市の愛知県庁付近で東西方向に地面30cm・30階40cm揺れるとする。南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南海地震

    南海地震から見た津波

    太平洋沿岸の広い範囲に津波襲来。四国や紀伊半島で特に著しく、数時間から十数時間に亘り何度も押寄せ第3波前後に最大となることが多い。中国の上海やアメリカ西海岸にも到達。南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南海地震

    南海地震から見た九州

    中部地方西部、紀伊半島、中国、四国、大阪平野および九州東部に至る広い範囲に及ぶ強震。数分以上の長い地震動。著しい長周期地震動を伴う。南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南海地震

    南海地震から見た東海地震

    また、昭和南海地震でも確認されたように、単純な低角逆断層のプレート間地震ではなく、高角逆断層である分岐のスプレー断層の滑りをも伴う可能性も指摘されている。将来の発生が予想される南海トラフ沿いの巨大地震の震源域では、固有地震の考えに基づく震源域として東海地震・東南海地震とならぶ大規模地震に位置付けられ、地質学者・地震学者から注目されてきた。南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南海地震

    南海地震から見た天武天皇

    684年11月26日(11月29日)(天武13年10月14日) 白鳳地震(天武地震) - M 、死者多数。亥時(午後9時 - 11時頃)になって大地震があった。土佐で津波により大きな被害。伊予湯泉(道後温泉)は埋没して出なくなり、田園(約 12 km2)が海面下へ沈下。これは『日本書紀』の南海地震の最古の記録である。地質調査によれば、東海道沖の震源域におけるほぼ同時期の地震痕跡が発見される。南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南海地震

    南海地震から見た海洋研究開発機構

    海底:DONET2 - 海洋研究開発機構が運用管理する、地震と津波を常時観測監視するためのケーブル式海底観測装置によるシステム。想定震源域に直接地震計などを設置しての観測が計画されている。南海地震 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
125件中 1 - 10件表示

「東南海・南海地震対策」のニューストピックワード