113件中 31 - 40件表示
  • 南海地震

    南海地震から見た道後温泉

    地殻変動の結果と推定される地下水位の低下および、道後温泉、南紀白浜温泉、湯の峰温泉などの湧出の一時停止。南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南海地震

    南海地震から見た昭和南海地震

    狭義の南海地震は1946年(昭和21年)に発生した昭和南海地震を指す名称であるが、広義には安政南海地震や宝永地震(東海・東南海地震も連動)など南海道沖を震源域とする歴史地震も含まれる。さらに、将来、同震源域で起きると想定される地震も含めて南海地震と総称される。また、南海大地震(なんかいだいじしん)や南海道地震(なんかいどうじしん)と呼称される場合もある。南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南海地震

    南海地震から見た東海・東南海・南海連動型地震

    歴史地震の記録からは、東海・東南海地震とほぼ同時に連動、または2年程度までの間隔をあけて連動して発生していると考えられている(東海・東南海・南海連動型地震)。このような発生パターンや推定される規模も様々で、地殻変動や津波の規模で直近のものを比較すると大きいものから宝永地震>安政南海地震>昭和南海地震の順であった。例えば宿毛市大島のはいたか神社(「はいたか」は偏が「西」の下に「早」、旁が「鳥」の漢字)の石段は宝永地震津波では39段目まで浸水し、安政南海地震では7段目、昭和南海地震では石段まで達しなかった。南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南海地震

    南海地震から見た潮岬

    潮岬、室戸岬付近の隆起、高知平野および土佐湾岸西側付近の沈降など南東上りの傾動を示す地殻変動。足摺岬付近は各地震により隆起、沈降の挙動が異なる。南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南海地震

    南海地震から見た紀伊半島

    南海地震(なんかいじしん)は、紀伊半島の紀伊水道沖から四国南方沖を震源とする周期的な巨大地震の呼称。南海トラフ西側でプレート間の断層滑りが発生する低角逆断層型の地震とされる。南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南海地震

    南海地震から見た歴史地震

    狭義の南海地震は1946年(昭和21年)に発生した昭和南海地震を指す名称であるが、広義には安政南海地震や宝永地震(東海・東南海地震も連動)など南海道沖を震源域とする歴史地震も含まれる。さらに、将来、同震源域で起きると想定される地震も含めて南海地震と総称される。また、南海大地震(なんかいだいじしん)や南海道地震(なんかいどうじしん)と呼称される場合もある。南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南海地震

    南海地震から見た大阪平野

    中部地方西部、紀伊半島、中国、四国、大阪平野および九州東部に至る広い範囲に及ぶ強震。数分以上の長い地震動。著しい長周期地震動を伴う。南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南海地震

    南海地震から見た宝永地震

    狭義の南海地震は1946年(昭和21年)に発生した昭和南海地震を指す名称であるが、広義には安政南海地震や宝永地震(東海・東南海地震も連動)など南海道沖を震源域とする歴史地震も含まれる。さらに、将来、同震源域で起きると想定される地震も含めて南海地震と総称される。また、南海大地震(なんかいだいじしん)や南海道地震(なんかいどうじしん)と呼称される場合もある。南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南海地震

    南海地震から見た安政南海地震

    狭義の南海地震は1946年(昭和21年)に発生した昭和南海地震を指す名称であるが、広義には安政南海地震や宝永地震(東海・東南海地震も連動)など南海道沖を震源域とする歴史地震も含まれる。さらに、将来、同震源域で起きると想定される地震も含めて南海地震と総称される。また、南海大地震(なんかいだいじしん)や南海道地震(なんかいどうじしん)と呼称される場合もある。南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南海地震

    南海地震から見た和歌山県

    ごく近い時期の発生であったものとしては、1946年(昭和21年)12月21日午前4時19分04秒、和歌山県潮岬南南西沖 78 km(北緯32度56.1分、東経135度50.9分、深さ 24 km)を震源として発生したMj 8.0 (Mw 8.4)の昭和南海地震がある。この地震は1945年の終戦前後にかけて4年連続で1000名を超える死者を出した4大地震(鳥取地震、三河地震、東南海地震)の一つである。南海地震 フレッシュアイペディアより)

113件中 31 - 40件表示

「東南海・南海地震対策」のニューストピックワード