前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1199件中 1 - 10件表示
  • 笹子トンネル天井板落下事故

    笹子トンネル天井板落下事故から見た東名高速道路東名高速道路

    日本の高速道路上での事故としては、1979年に静岡県の東名高速道路で発生した日本坂トンネル火災事故や、2012年4月29日に群馬県の関越自動車道で発生した関越自動車道高速バス居眠り運転事故などを死亡者数で上回り、死亡者数が史上最多の事故となった。笹子トンネル天井板落下事故 フレッシュアイペディアより)

  • 小田原厚木道路

    小田原厚木道路から見た東名高速道路東名高速道路

    小田原厚木道路(おだわらあつぎどうろ)は、神奈川県小田原市から厚木市の東名高速道路厚木IC(JCT兼用)へ至る中日本高速道路管理の一般有料道路であり、全区間が一般国道271号に指定されている。略称は小田厚。高速道路ナンバリングによる路線番号は E85 が割り振られている。小田原厚木道路 フレッシュアイペディアより)

  • パーキングエリア

    パーキングエリアから見た東名高速道路東名高速道路

    野幌PA・茶志内PA(2つとも道央道)・三本木PA・田山PA・湯瀬PA(3箇所とも東北道)・波志江PA(北関東道)・千曲川さかきPA・佐久平PA(2つとも上信越道)・みどり湖PA(長野道)・徳光PA・大積PA、栄PA(3箇所とも北陸道)・愛鷹PA・日本平PA(2つとも東名高速)・釈迦堂PA・境川PA・八ヶ岳PA・辰野PA・阿智PA・神坂PA(6箇所とも中央道)・菩提寺PA(名神高速)・社PA・安富PA・上月PA・美作追分PA・神郷PA・筒賀PA・深谷PA・湯田PA(以上8箇所は中国道)・大山PA(米子道)・金城PA(浜田道)・権現湖PA・白鳥PA・沼田PA・周防灘PA(4箇所とも山陽道)・緑PA(神戸淡路鳴門道)・大浜PA・瀬戸田PA(2つとも西瀬戸道(瀬戸内しまなみ海道))・鳴門西PA(高松道)・阿波PA(徳島道)・須恵PA・基山PA・山川PA・坂本PA・吉松PA(5箇所とも九州道)・大村湾PA(8時 - 20時)(長崎道)・由布岳PA(大分道)・中城PA(沖縄道)などパーキングエリア フレッシュアイペディアより)

  • サービスエリア

    サービスエリアから見た東名高速道路東名高速道路

    東名高速道路足柄SA上り線・名神高速道路多賀SA下り線・関門自動車道壇之浦PA下り線・東北自動車道佐野SA上り線・山陽自動車道宮島SA上り線・徳島自動車道吉野川SAハイウェイオアシスには、それぞれ「レストイン足柄」・「レストイン多賀」・「ファミリーロッジ旅籠屋 壇之浦PA店」・「E-NEXCO LODGE 佐野SA店(ファミリーロッジ旅籠屋・佐野SA店)」・「ファミリーロッジ旅籠屋 宮島SA店」・「ファミリーロッジ旅籠屋 吉野川SA店」という名のハイウェイホテル(宿泊施設)が設置されている。詳細は各SA/PAの項目を参照されたい。サービスエリア フレッシュアイペディアより)

  • 音羽町

    音羽町から見た東名高速道路東名高速道路

    1986年、東名高速道路音羽蒲郡インターチェンジと音羽蒲郡有料道路が開通した。利用台数は年々増加を続け、2000年度には音羽蒲郡ICが5,974,267台(1日平均16,368台)、音羽蒲郡有料道路が1,736,305台(1日平均4,757台)を記録した。音羽町 フレッシュアイペディアより)

  • 中央自動車道

    中央自動車道から見た東名高速道路東名高速道路

    開通当初は東名高速や名神高速と同様に中央高速道路を名称として用いていたが、開通当初の暫定2車線対面通行でなおかつ中央にセンターポールも分離帯もないという状態であった上、追越しも許されている(中央線が破線)という有様であったにもかかわらず、「高速」という呼称によって速度超過が多発したことによる交通事故が頻発してしまったために、当時の日本道路公団が1972年9月30日付の官報告示で中央高速道路を「高速道路」を用いない中央自動車道に改称すると発表した(ただし一部の情報板等の標識に「中央高速」の表記を使用しているものもある)。また、この事故を受けて「自動車道」の名称使用が正式に決まるまでに開通した他の高速自動車国道は、法定路線名を暫定的に営業路線名としてそのまま使用していた。なお、その後開通した高速道路では、東名・名神のバイパスとなる新東名高速・新名神高速を除いては道路名称に「○○高速道路」が用いられることはなく「○○自動車道」に統一されている。中央自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 岡宮

    岡宮から見た東名高速道路東名高速道路

    北側の東名高速道路沼津インターチェンジ周辺は一見、都会のような雰囲気を見せる。少し南下すると、静岡県立沼津東高等学校がある。東の地区にある静岡県道83号沼津インター線(通称:沼津ぐるめ街道)は食料関係の店が多い。沼津IC南交差点はその終点。東、南に行くと国道246号がある。岡一色との境界近くに光長寺がある。先ほどの交差点を西に行くと学園通りまで繋がる道路に出る。この道路は通行量が多い。その途中で静岡県道405号足高三枚橋線、静岡県道22号三島富士線と繋がる交差点がある(通称:宮下交差点)。南に行くと、国道1号に出る。岡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た東名高速道路東名高速道路

    営業路線名:東名高速道路(略称:東名高速、東名)日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆縦貫自動車道

    伊豆縦貫自動車道から見た東名高速道路東名高速道路

    伊豆縦貫自動車道(いずじゅうかんじどうしゃどう、IZU-JUKAN EXPRESSWAY)は東名高速道路の沼津ICに接続する静岡県沼津市岡宮の沼津岡宮ICから、新東名高速道路に接続する長泉JCTを経由し、静岡県下田市六丁目の下田IC(仮称)に至る予定の一般国道自動車専用道路(B)である。2014年2月現在、伊豆中央道を介して大平ICまでの区間が開通している。略称は伊豆縦貫道(いずじゅうかんどう、IZU-JUKAN EXPWY)。高速道路ナンバリングによる路線番号は が割り振られている。伊豆縦貫自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 海老名ジャンクション

    海老名ジャンクションから見た東名高速道路東名高速道路

    海老名ジャンクション(えびなジャンクション)は、東名高速道路と首都圏中央連絡自動車道(さがみ縦貫道路)を結ぶジャンクションである。海老名ジャンクション フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1199件中 1 - 10件表示

「東名高速道路」のニューストピックワード