1029件中 91 - 100件表示
  • デイリーヤマザキ

    デイリーヤマザキから見た東名高速道路東名高速道路

    三方原PA店(静岡県浜松市東区) - 東名高速道路下り線。2003年11月開店。2011年3月閉店。デイリーヤマザキ フレッシュアイペディアより)

  • 豊田ジャンクション

    豊田ジャンクションから見た東名高速道路東名高速道路

    豊田ジャンクション(とよたジャンクション)は、愛知県豊田市にあるジャンクションであり、東名高速道路と伊勢湾岸自動車道が接続している。ハーフタービン型のジャンクションは日本全国でここだけである。将来、新東名高速道路が開通した際には東京方面と名古屋・大阪方面を結ぶ2ルートの高速道路が交差するポイントになるため、ランプの半径を緩く設計してランプ内の最高速度は東名岡崎方面?伊勢湾岸四日市方面と伊勢湾岸豊田東方面?東名名古屋方面相互間が80km/hに設定されている(それ以外の連絡路は50km/h)。2012年現在、新東名高速の豊田東JCT - 浜松いなさJCT間が未開通となっているため、東京方面に向かう車両が集中し、岡崎ICを先頭とした渋滞が多発している。豊田ジャンクション フレッシュアイペディアより)

  • 東海地震

    東海地震から見た東名高速道路東名高速道路

    1969年に茂木清夫(当時:東京大学教授)が、遠州灘で大地震が発生する可能性を指摘したのが最初だが、安政東海地震の古文書では駿河湾の奥でも震度7の揺れがあったと推定されたことから、遠州灘だけが震源域だとすると矛盾があった。1976年には、羽島徳太郎(当時:東大地震研究所)が安政東海地震の津波の波源域が駿河湾内に及んでいたことを推定した。次いで石橋克彦(当時:東大地震研究所)は、東海地震説の決定打とでも言うべき「駿河湾地震説」を提唱した。安政東海地震では駿河湾西岸で地盤の隆起があったことを突き止め、これまでの震度や津波のデータを総合すると、駿河湾の奥まで震源域が達していて、1707年の宝永地震でも同様に駿河湾奥までが震源域だったとし、断層モデルも提唱した。再び東海地震が発生すれば、静岡県を中心とする地域が壊滅的な被害を受け、日本の大動脈である東海道新幹線や東名高速道路が寸断されるなど多大な影響が出るとして、即急な防災対策や地震予知体制の確立を訴えた。東海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢原市

    伊勢原市から見た東名高速道路東名高速道路

    目下、東名高速道路厚木インターチェンジ、建設中の新東名高速道路厚木南インターチェンジ(計画)に近い市東部で歌川産業スクエアという流通拠点を開発中である。伊勢原市 フレッシュアイペディアより)

  • 国道155号

    国道155号から見た東名高速道路東名高速道路

    ※なお、北尾張中央道(小牧一宮バイパス)は岩倉市を通らず丹羽郡大口町と江南市を通る。このバイパスは町市内に高速道路のICの無い両町市からの小牧IC(東名高速道路、中央自動車道、名神高速道路)と名古屋高速小牧線の小牧北出入口へのアクセス道路にもなっている。国道155号 フレッシュアイペディアより)

  • 掛川市

    掛川市から見た東名高速道路東名高速道路

    東海道新幹線掛川駅や東名高速道路掛川インターチェンジとともに工業団地の誘致に成功、拠点都市としての性質を強めると同時に製造品出荷額1兆円を超える県内有数の工業都市となった。その結果、脆弱であった財政基盤は大幅に改善され、2006年には財政力指数が1.033に到達、初めて普通交付税不交付団体となった。しかし、2006年度末には借入金総残高が1016億円に達し、実質公債費比率が18%を超過したため地方債許可団体となった。掛川市 フレッシュアイペディアより)

  • 由比町

    由比町から見た東名高速道路東名高速道路

    東海道線由比駅のホームの山側に「日本一桜えびのまち由比へようこそ」という看板が目につくが、サクラエビが漁獲される町として知られている。1960年代まで、東海道線の車窓から、天日で干される真っ赤な桜えびを見ることができたが、現在は東名高速道路やバイパスなどができたため、見ることができなくなった。由比町 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏中央連絡自動車道

    首都圏中央連絡自動車道から見た東名高速道路東名高速道路

    東京の都心から40-60km圏内の、横浜市・厚木市・相模原市・八王子市・川越市・つくば市・成田市・木更津市などの東京郊外の諸都市を結ぶとともに、横浜横須賀道路・東名高速道路・中央自動車道・関越自動車道・東北自動車道・常磐自動車道・東関東自動車道・千葉東金道路・館山自動車道などの放射道路を相互に連絡する(第三京浜道路とは連絡しない)、首都圏の3環状9放射の一番外側の環状道路である(外環道・中央環状線とともに3環状の一つ)。首都圏中央連絡自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 国道138号

    国道138号から見た東名高速道路東名高速道路

    そのまま走ると御殿場市に入り、しばらくすると御殿場バイパスと旧国道138号(静岡県道401号・神奈川県道736号御殿場箱根線)の分岐があり、ここからバイパスが始まる。国道246号との立体交差をくぐり、バイパスを進むと東名高速道路御殿場ICがある。旧国道とは深沢西交差点で一旦合流したあと、深沢東交差点で再び分岐する。国道138号 フレッシュアイペディアより)

  • 山北町

    山北町から見た東名高速道路東名高速道路

    横浜市から西へ直線距離で50km、神奈川県の最西端に位置し、山梨県・静岡県と境を接する。面積は224.70km²で、神奈川県の自治体の中では横浜市や相模原市に次ぐ広さとなっている。町域の大半は丹沢山地であり、丹沢大山国定公園に指定されている。町のほぼ中央には丹沢湖があり、キャンプやハイキングなどの行楽・観光のために、のべ人数にして年間約150万人以上訪れる。国道246号や御殿場線など、主要な街道や鉄道路線は町の南部に集中し、町域を東西に貫通しており、市街地もそれに沿っている。町内に東名高速道路のインターチェンジはないが、他の幹線道路と同様に町域を通過している。渋滞ポイントとして知られる都夫良野トンネルは山北町の都夫良野地区にある。明治時代、東海道本線の開業とともに交通の要衝として栄えたが、同線が丹那トンネルの開通により経路を変更し、御殿場線となって以来、鉄道中継地としての役割は低下した。山北町 フレッシュアイペディアより)

1029件中 91 - 100件表示

「東名高速道路」のニューストピックワード