1199件中 91 - 100件表示
  • 東駿河湾環状道路

    東駿河湾環状道路から見た東名高速道路東名高速道路

    東名高速道路:沼津岡宮ICで東名高速道路沼津ICへ接続東駿河湾環状道路 フレッシュアイペディアより)

  • 国道155号

    国道155号から見た東名高速道路東名高速道路

    ※なお、北尾張中央道(小牧一宮バイパス)は岩倉市を通らず丹羽郡大口町と江南市を通る。このバイパスは町市内に高速道路のICの無い両町市からの小牧IC(東名高速道路、中央自動車道、名神高速道路)と名古屋高速小牧線の小牧北出入口へのアクセス道路にもなっている。国道155号 フレッシュアイペディアより)

  • ドミー (チェーンストア)

    ドミー (チェーンストア)から見た東名高速道路東名高速道路

    1995年(平成7年)7月25日に岡崎市の東名高速道路・岡崎インターチェンジに近い岡崎市大平町に岡崎食品加工センターを竣工して同年8月25日に本格稼働させて精肉や水産品の加工のほか青果や寿司・刺身などを含めた惣菜まで集中的に処理を行うほか、岡崎食品加工センター以外にも物流を担うセンターの設置を進めて合計3拠点として集中出店した各店舗に1時間以内で配送する体制を整えるなどドミナント方式での集中出店戦略を支える食品加工・配送の集約化と合理化を進めている。。ドミー (チェーンストア) フレッシュアイペディアより)

  • 三岐鉄道

    三岐鉄道から見た東名高速道路東名高速道路

    2015年(平成27年)4月 東名高速道路上郷サービスエリア下り線フードコート・ショッピングコーナーの営業開始。三岐鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東急バス新羽営業所

    東急バス新羽営業所から見た東名高速道路東名高速道路

    新百合ヶ丘 - 成田空港線については、元々小田急と京成の共同運行であったところ、たまプラーザ経由となったことにより参入したものである。成田空港線は湾岸線と東関東道の渋滞状況によっては東関東道宮野木JCT - 首都高湾岸線浮島JCTの間を東京湾アクアライン・館山自動車道経由、またはすみれが丘から鷺沼駅をかすめて東名川崎ICから東名高速道路 - 首都高速3号渋谷線経由で迂回する。なお、成田空港線・TDR線は、虹が丘管轄のときは東名高速道路 - 首都高速3号渋谷線のルートで運行されていた。東急バス新羽営業所 フレッシュアイペディアより)

  • グランベリーモール

    グランベリーモールから見た東名高速道路東名高速道路

    東急田園都市線南町田駅グランベリーモール口(現・正面口)はモール内に設置され、準急が終日停車するほか、土休日ダイヤでは急行停車駅となる。国道16号と国道246号の交点すぐそばで、東名高速道路横浜町田ICにも近く、車でのアクセスにも良い立地条件にある。グランベリーモール フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県立農業大学校

    愛知県立農業大学校から見た東名高速道路東名高速道路

    東名高速道路岡崎インターチェンジから車で約10分愛知県立農業大学校 フレッシュアイペディアより)

  • 港北ニュータウン

    港北ニュータウンから見た東名高速道路東名高速道路

    横浜市営地下鉄ブルーラインと、第三京浜道路、東名高速道路を経由する高速バスにより、東海道新幹線新横浜駅や、成田空港、羽田空港とも結ばれているため、首都圏への転勤世帯や地方から横浜市への移住先として人気が高いと言われる。交通の利便性に加えて、近隣の東急田園都市線沿線の藤が丘、市が尾、青葉台、田奈周辺に大手企業の社宅も多かったが、企業の社宅廃止の風潮と開発時期がリンクしたこともある。港北ニュータウン フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県道71号秦野二宮線

    神奈川県道71号秦野二宮線から見た東名高速道路東名高速道路

    1981年(昭和56年)に東名高速道路秦野中井ICが開設されると、この道路の重要性は大きなものとなった。そして、片側2車線、あるいは片側1車線で路肩に余裕のある現在の経路は1989年(平成元年)までに順次開通した。東名静岡方面から湘南地域に向かう際にはこの路線を経由し西湘バイパスに乗るケースも多く、休日には観光バス等も多く走行している。秦野市・中井町境界付近から二宮町の西八戸橋付近までは葛川の西側段丘面を通るものである。旧道はおおむね現道のやや東側を通り、現在も路線バスは一部路線を除き旧道を経由し、地域住民の生活道路として重要な役割を担っている。なお、旧道沿いには1937年(昭和12年)まで湘南軌道という軽便鉄道も走っていた。神奈川県道71号秦野二宮線 フレッシュアイペディアより)

  • 掛川市

    掛川市から見た東名高速道路東名高速道路

    東海道新幹線掛川駅や東名高速道路掛川インターチェンジとともに工業団地の誘致に成功、拠点都市としての性質を強めると同時に製造品出荷額1兆円を超える県内有数の工業都市となった。その結果、脆弱であった財政基盤は大幅に改善され、2006年には財政力指数が1.033に到達、初めて普通交付税不交付団体となった。しかし、2006年度末には借入金総残高が1016億円に達し、実質公債費比率が18%を超過したため地方債許可団体となった。掛川市 フレッシュアイペディアより)

1199件中 91 - 100件表示

「東名高速道路」のニューストピックワード