1199件中 81 - 90件表示
  • 満観峰

    満観峰から見た東名高速道路東名高速道路

    日本坂峠 - 満観峰と花沢山との鞍部(標高302 m)、南東の山域を日本坂トンネル(東名高速道路、東海道新幹線)と新日本坂トンネル(国道150号)が貫通する。満観峰 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県道42号藤沢座間厚木線

    神奈川県道42号藤沢座間厚木線から見た東名高速道路東名高速道路

    都市計画道路寺尾上土棚線(てらおかみつちだなせん)とは、綾瀬市を南北に縦断し、綾瀬市役所や市民センター、病院が立ち並ぶ綾瀬市中心地域を縦貫し、綾瀬市内の北で東名高速道路と、南で東海道新幹線と交差している延長約5kmの道路である。主要幹線道路の一部として位置付けられていて、神奈川県が神奈川県道42号藤沢座間厚木線のバイパスとして整備された。神奈川県道42号藤沢座間厚木線 フレッシュアイペディアより)

  • 榛村純一

    榛村純一から見た東名高速道路東名高速道路

    早稲田大学卒業後、家業である林業と製材業の経営に携わり、掛川市森林組合の組合長や静岡県森林組合連合会の会長といった林業団体の役職を歴任した。静岡県監査委員などを経て、1977年に旧掛川市長選挙に立候補し、当選を果たした。以来、連続7期にわたって旧掛川市長を務めた。在任中は生涯学習の推進を提唱し、全国生涯学習市町村協議会や全国地域づくり推進協議会にて会長を務めた。また、東海道新幹線掛川駅や東名高速道路掛川インターチェンジの設置や、掛川城の復元などを推進した。駅設置や天守閣復元には多額の予算が必要になると想定されたが、市民や企業に広く寄附を呼びかけ、莫大な募金を集めて成功させた手法が注目を集めた。旧掛川市と小笠郡大東町、大須賀町との新設合併を推進し、新掛川市の誕生に道筋をつけた。市長退任後も、大日本報徳社の社長や、日本茶業中央会の会長などを務めている。なお、早稲田大学、帝京平成大学、静岡大学、東京学芸大学においては、それぞれ客員教授として教鞭を執った。榛村純一 フレッシュアイペディアより)

  • 松田町

    松田町から見た東名高速道路東名高速道路

    松田町(まつだまち)は、神奈川県の足柄地域にある町。小田急小田原線の新松田駅と御殿場線の松田駅の2駅が存在し、東名高速道路と国道246号の連絡点のひとつとして交通の重要な役割を担っている。松田町 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田ジャンクション

    豊田ジャンクションから見た東名高速道路東名高速道路

    東名高速道路と伊勢湾岸自動車道が接続している。ハーフタービン型のジャンクションは日本全国でここと伊勢湾岸道四日市JCTのみである。2016年現在、新東名浜松いなさJCT方面が開通したことによりこのジャンクションは東京方面と名古屋・大阪方面を結ぶ2ルートの高速道路が交差するポイントになるため、ランプの半径を緩く設計してランプ内の最高速度は東名岡崎方面?伊勢湾岸四日市方面と伊勢湾岸豊田東方面?東名名古屋方面相互間が80km/hに設定されている(それ以外の連絡路は60km/h)。豊田ジャンクション フレッシュアイペディアより)

  • 野川 (東京都)

    野川 (東京都)から見た東名高速道路東名高速道路

    京王線と交差し、調布市と狛江市の境を何度も縫い、調布市入間町付近で支流の入間川を合わせる。世田谷区に入り、神明の森みつ池からの湧水を合わせて、小田急小田原線をくぐり、東名高速道路と交差する。世田谷区鎌田で北から流れ来る仙川を合わせ、多摩川と並んで二子玉川で国道246号新二子橋や二子橋をくぐり、東急田園都市線・東急大井町線二子玉川駅のホーム下をくぐった後、世田谷区玉川一丁目付近で多摩川に合流する。野川 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県道74号山脇大谷線

    静岡県道74号山脇大谷線から見た東名高速道路東名高速道路

    大谷地区では近くで交差する東名高速道路のスマートインターチェンジ建設(2017年度)を目指していたが、工事中の浸水など支障が生じ供用予定時期が2019年秋に延期された。静岡県道74号山脇大谷線 フレッシュアイペディアより)

  • 国道362号

    国道362号から見た東名高速道路東名高速道路

    File:Japanese National Route362 Hamamatsu, Shizuoka.jpg|浜名湖付近(2011年11月)。右の高架は東名高速道路国道362号 フレッシュアイペディアより)

  • 富士川橋

    富士川橋から見た東名高速道路東名高速道路

    東名高速道路の富士川橋富士川橋 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋高速2号東山線

    名古屋高速2号東山線から見た東名高速道路東名高速道路

    名古屋高速路線はその全てが名古屋環状2号線(国道302号と名古屋第二環状自動車道、伊勢湾岸自動車道の一部)に接続する。これは交通流動の円滑化に資するために環状道路と放射道路が一体となって計画された結果であるが、この他に名古屋高速には都心と郊外を連絡する使命も併せ持つことから、路線末端部において名古屋環状2号線以外の幹線道路と連結することで長距離連絡のニーズにも対応している。それは3号大高線が知多半島道路と名四国道(国道23号)、4号東海線が西知多産業道路(国道247号)、5号万場線が東名阪自動車道にみる連絡道路を持っていることからも判る。しかし2号東山線だけは末端部で名古屋環状2号線以外に連絡する幹線道路を持っていない。これは最初から持っていなかったのではなく、構想段階では末端部を名古屋インターチェンジとしたうえで東名高速道路と接続する計画であったものが、環境的配慮から大規模な路線変更を伴った結果であり、その経過の顛末については歴史節で解説する。ただ、交通量の多い郊外路線と都心部の連絡という当初の使命が改変されたことで、現在の2号東山線は名古屋市東部地域と都心部の東西連絡が主だった使命とされ、東西直通の幹線道路が少ない名古屋市にあってバイパス的な役割を担っている。名古屋高速2号東山線 フレッシュアイペディアより)

1199件中 81 - 90件表示

「東名高速道路」のニューストピックワード