1029件中 81 - 90件表示
  • 富士川橋

    富士川橋から見た東名高速道路東名高速道路

    東名高速道路の富士川橋富士川橋 フレッシュアイペディアより)

  • 東急バス東山田営業所

    東急バス東山田営業所から見た東名高速道路東名高速道路

    渋谷駅から港北ニュータウン内の仲町台駅まで運行する深夜急行バスである。平日(月?金曜日)に1便運行され、東京都心の渋谷駅から港北ニュータウンまで乗り換えずに帰宅できる唯一の交通手段となっている。首都高速道路3号渋谷線、東名高速道路を走行することから座席定員制となっており、通勤高速バス用車またはワンロマ車が使用される。ルートは渋谷駅から鷺沼駅(当路線は通過)までは青葉台営業所が担当する高速青葉台線と同じ経路、鷺沼駅からは北山田交差点まですみれが丘線鷺05系統の経路を通り、北山田交差点から平台交差点まで歴博通り、平台交差点から仲町台駅まで新横浜元石川線を通るコースとなる。センター北駅では、バスターミナルとは駅を挟んで反対側の歴博通り上にあるバス停に、センター南駅では駅前のバスターミナルに停車する。東急バス東山田営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 東名高速飲酒運転事故

    東名高速飲酒運転事故から見た東名高速道路東名高速道路

    1999年11月28日午後3時半ごろ、東京都世田谷区の東名高速道路東京IC付近で、箱根からの行楽帰りの千葉市の会社員の所有する普通乗用車(夫人運転、夫と3歳・1歳の2女児の3名が同乗)が首都高速用賀TB付近上り本線を走行中、料金所通過のため減速していたところ、高知県高知市から高知港→フェリー→大阪南港→阪神高速13号東大阪線→東大阪ジャンクション→近畿自動車道→吹田ジャンクション→名神高速道路→東名高速道路経由で東京に向かっていた飲酒運転の12トントラックに追突された(この時、別のワゴン車1台も事故に巻き込まれ、損傷している)。乗用車は大破炎上し、同乗していた3歳と1歳の女児2人が焼死、会社員も全身の25%を火傷する大火傷を負い、皮膚移植を余儀なくされた。夫は助け出される直前に長女の「わーん」「あちゅい」と言う最後の声を聞いている。なお事故発生直後、たまたま現場周辺にいた日刊スポーツ・テレビ朝日のカメラマンが近くのビルの屋上から炎上する車を撮影している。東名高速飲酒運転事故 フレッシュアイペディアより)

  • なだぎ武

    なだぎ武から見た東名高速道路東名高速道路

    2008年4月24日と5月1日に放送された「いきなり!黄金伝説。」では、「GW必見!!高速道路絶品ご当地グルメ50品を間食せよ」と題した企画が放送され、ギャル曽根が若手お笑いタレントの運転する車で東名高速道路のSAおよびPAを訪れ、そこで販売されているご当地グルメの上位5品を食べ歩いたが、なだぎは若井おさむ(駒門PAから日本平PAまでの間を担当)の後を引き継いで日本坂PAから伝説の終点である浜名湖SAまでの区間を担当した。ほかの芸人たちが自動車で登場する中なだぎはサイドカータイプのオートバイで登場。ギャル曽根にその理由を聞かれて「(自身が)自動二輪の運転免許証しか持っていないから」と答えた。なだぎ武 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高速道路

    日本の高速道路から見た東名高速道路東名高速道路

    営業路線名:東名高速道路(略称:東名高速、東名)日本の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 森島厳島浅間神社

    森島厳島浅間神社から見た東名高速道路東名高速道路

    東名高速道路 富士川スマートICより、自動車で約10分森島厳島浅間神社 フレッシュアイペディアより)

  • 富士市

    富士市から見た東名高速道路東名高速道路

    1968年(昭和43年) 4月25日 - 東名高速道路静岡IC-富士ICが開通。富士市 フレッシュアイペディアより)

  • 東名阪自動車道

    東名阪自動車道から見た東名高速道路東名高速道路

    一部の標識では東名高速道路との誤認を防ぐため「東名阪道」「ひがし名阪道」と、「東」を小さくしたり平仮名にしたりして表示される。東名阪自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 国道129号

    国道129号から見た東名高速道路東名高速道路

    東名高速道路厚木IC周辺では、東名高速および小田原厚木道路利用車両などの影響から、時間帯によるが渋滞が発生する区間もある。国道129号 フレッシュアイペディアより)

  • 国道16号

    国道16号から見た東名高速道路東名高速道路

    起点は横浜市だが、ここでは横須賀市走水から説明する。しばらく海岸線を走った後、三春町より横須賀街道に入る。横須賀市の中心街を通り、周辺が山だらけとなる横須賀市北部を北上し、横浜市金沢区・磯子区・南区と進み、起終点の横浜市西区高島町に至る。国道1号との重複区間を西に進み、浜松町交差点で別れ北西へ進むと横浜環状2号線交点(川島)を経て、保土ヶ谷バイパスと上川井で合流する。このあたりで現道と並行するバイパス道路の保土ヶ谷バイパスは、自動車専用道路ながら通行料無料のため利用者が多く、日本で最も交通量が多い道路となっている。保土ヶ谷バイパス合流後は東名高速道路横浜町田IC、国道246号交点(東名入口交差点)が続く。国道16号 フレッシュアイペディアより)

1029件中 81 - 90件表示

「東名高速道路」のニューストピックワード