143件中 91 - 100件表示
  • 東名高速道路

    東名高速道路から見たアメリカ合衆国

    道路幅員は3.0 m(路肩)+3.6 m(車線)×2(または3)+0.75 m(中央側帯)+3.0 m(中央分離帯)+0.75 m(中央側帯)+3.6 m(車線)×2(または3)+3.0 m(路肩)=24.9 m(または32.1 m)であり、現在の道路構造令において車線や路肩など各部の幅員は0.25 m刻みとなっているが、東名の車線は3.6 mである。これは、当時の日本に高規格道路の明確な基準が無く、車線幅にアメリカで用いられる12フィートを採用したためといわれている。東名高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 東名高速道路

    東名高速道路から見た東名高速道路多摩川橋

    多摩川橋(東京IC - 東京TB)東名高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 東名高速道路

    東名高速道路から見た渋滞

    また、高速道路の中では交通量が時間帯・曜日を問わず多く、車線数が増やしても渋滞が年中激しい上に路面等の損傷も早く、車線規制を伴うに渡る東名集中工事が、例年10月頃に2週間程の工期で行われている。この際は渋滞がいつも以上に激しくなり、最後尾では大型車が絡む追突死傷事故が後を絶たず、並行する一般道路(国道1号や国道246号)も迂回する車両で渋滞が激しくなる(そのため、NEXCO中日本では集中工事の期間中は中央道の料金を東名並みに調節し、中央道への迂回を促している)。このため、東名は都市高速を除くと「日本一事故の多い高速道路」であり、上記の諸問題を解決するため、新東名の建設が進められている。東名高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 東名高速道路

    東名高速道路から見た伊勢原ジャンクション

    新東名高速道路(伊勢原JCTで接続 : 事業中)東名高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 東名高速道路

    東名高速道路から見た厚木インターチェンジ

    東京インターチェンジ (IC) - 厚木ICは大都市近郊区間であり、普通区間に比べて通行料金が割高になっている。東名高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 東名高速道路

    東名高速道路から見た西名阪自動車道

    全区間を中日本高速道路(NEXCO中日本)が管理・運営している。中央自動車道・名神高速道路・新東名高速道路・伊勢湾岸自動車道・新名神高速道路・東名阪自動車道・名阪国道・西名阪自動車道とともに、東京23区付近から名古屋付近を経由し大阪付近につながる日本の大動脈となっている。東名高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 東名高速道路

    東名高速道路から見た小牧市

    東名高速道路(とうめいこうそくどうろ、TOMEI EXPWY)は、東京都世田谷区の東京インターチェンジ (IC) から、神奈川県・静岡県を経由し、愛知県小牧市の小牧ICへ至る高速道路(高速自動車国道)である。通称東名高速(とうめいこうそく、TOMEI EXP)、東名(とうめい)、新東名高速道路と特に区別する場合には旧東名・現東名など。法令上の正式な路線名は第一東海自動車道である。また、アジアハイウェイ1号線「AH1」の一部である。高速道路ナンバリングによる路線番号は名神高速道路とともに 「E1」 が割り振られている。東名高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 東名高速道路

    東名高速道路から見たETC割引制度

    小田原厚木道路や保土ヶ谷バイパスなど、利用の多い接続路線からの車が集中する横浜町田IC-海老名JCT間は交通量が非常に多く、同区間にある大和トンネル付近・綾瀬BS付近を先頭とする渋滞が土曜・休日に頻発している。また、2009年3月28日から始まった「高速上限1,000円」の影響により、それまで大型連休時のみ渋滞発生地点となっていた沼津IC - 富士IC間の中里BS付近、富士IC - 清水JCT間の松岡BS付近、吉田IC付近をはじめとするほぼ全区間で週末に渋滞が発生するようになった。このほか、平日朝を中心に首都高速3号線上りの渋滞が東京ICを過ぎて東名上りへ延びてくることもある。東名高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 東名高速道路

    東名高速道路から見たメートル

    開通時には静岡IC - 焼津IC間に小坂トンネル(長さ270m)が存在したが、同区間の改築工事に伴い日本坂トンネルに結合された。日本坂トンネル静岡側坑口からわずか60mしか離れておらず、連続性を持たせた方が安全性を確保出来ると判断されたため、この部分にシェードが造られ1本のトンネルとなった。東名高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 東名高速道路

    東名高速道路から見た綾瀬バスストップ

    小田原厚木道路や保土ヶ谷バイパスなど、利用の多い接続路線からの車が集中する横浜町田IC-海老名JCT間は交通量が非常に多く、同区間にある大和トンネル付近・綾瀬BS付近を先頭とする渋滞が土曜・休日に頻発している。また、2009年3月28日から始まった「高速上限1,000円」の影響により、それまで大型連休時のみ渋滞発生地点となっていた沼津IC - 富士IC間の中里BS付近、富士IC - 清水JCT間の松岡BS付近、吉田IC付近をはじめとするほぼ全区間で週末に渋滞が発生するようになった。このほか、平日朝を中心に首都高速3号線上りの渋滞が東京ICを過ぎて東名上りへ延びてくることもある。東名高速道路 フレッシュアイペディアより)

143件中 91 - 100件表示

「東名高速道路」のニューストピックワード