143件中 111 - 120件表示
  • 東名高速道路

    東名高速道路から見た計画

    「高速道路」という呼称を使用しているのは、現在、新東名・東名と新名神・名神のみであるが、これは東名・名神の計画・建設の進められる過程で広く民間において「高速道路」という通称が使用され、一般的に定着して馴染みがある名称となったという歴史的な背景を考慮して採用されたものである。ただし新聞等のメディアでは、東名開通後も暫く「東名高速自動車道」「名神高速自動車道」と表記していた。なお、中央道については開通当初「中央高速道路」と称していたこともあり、現在でも中央高速と呼ばれることがある(中央道日野バス停付近を並走する一般道路の看板には、中央高速と書かれている)。近年開通した新東名、新名神についてはそれぞれ東名、名神のバイパスルートとして建設されたという経緯を踏まえた特例である。逆に一部のサービスエリアの案内板や一部の公的文書などにおいて「東名高速道路」「新東名高速道路」「名神高速道路」「新名神高速道路」の略称として「東名道」「新東名道」「名神道」「新名神道」と表記されるケースもある。東名高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 東名高速道路

    東名高速道路から見た駿河湾地震 (2009年)

    8月11日 : 駿河湾地震が発生し、牧之原SA付近の上り線の一部が崩落。同年8月16日に仮復旧。東名高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 東名高速道路

    東名高速道路から見た産業計画会議

    1958年(昭和33年)3月19日 : 松永安左エ門の私設シンクタンク「産業計画会議」が東京 - 神戸間 高速道路の建設を政府に勧告。東名高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 東名高速道路

    東名高速道路から見た交通事故

    他の高速道路と同様、雨天・降雪・濃霧・台風などの荒天時、事故や工事などの場合は50?80 km/hの速度規制が行われる。東名高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 東名高速道路

    東名高速道路から見た登坂車線

    上記区間以外にも登坂車線、付加車線が設置されている区間がある。特に名古屋市近郊の丘陵地を通る区間ではかなり距離のある付加車線が設置されている。現在、清水JCT - 清水IC間で6車線化工事が行われている。東名高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 東名高速道路

    東名高速道路から見た白旗トンネル

    白旗トンネル(足柄SA - 鮎沢PA 東京方面のみ): 220 m東名高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 東名高速道路

    東名高速道路から見た建設省

    東名高速道路の構想は、1953年(昭和28年)に右派社会党によって提出された議員立法「国土開発中央自動車道事業法案」に対し、同年5月に建設省(当時)がこれに対抗する東海道案として公表した「東京神戸間有料道路計画書」によって始まった。「国土開発中央自動車道事業法案」とは、静岡県出身の有力実業家田中清一が戦後まもなく発案した「国土開発縦貫自動車道構想」を下敷きとして、田中の構想に同調した議員らで結成された「国土建設推進連盟」を中心に、本州中心部を貫く基幹幹線道路である東京・神戸間高速自動車道中央道(現在の中央自動車道)をまず建設しようとする具体的な計画であったが、建設省から公表された「東京神戸間有料道路計画書」は、この事業法案の考え方を遠回しに否定するものであり、元々、内務省によって策定された戦前の自動車国道構想を継承して復活させる動きを示す形となった。東名高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 東名高速道路

    東名高速道路から見た厚木秦野道路

    厚木秦野道路(秦野中井ICで接続 : 計画中)東名高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 東名高速道路

    東名高速道路から見た浜名湖橋

    浜名湖橋(浜松西IC - 浜名湖SA) : 603 m東名高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 東名高速道路

    東名高速道路から見た線形 (路線)

    相良牧之原IC - 菊川ICの一部、音羽蒲郡IC-岡崎ICの一部などカーブが連続する区間東名高速道路 フレッシュアイペディアより)

143件中 111 - 120件表示

「東名高速道路」のニューストピックワード