東尾修 ニュース&Wiki etc.

東尾 修(ひがしお おさむ、1950年5月18日 - )は、和歌山県出身の元プロ野球選手(投手)、監督、野球解説者。日本プロ野球名球会理事。タレント。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「東尾修」のつながり調べ

  • 掛布雅之

    掛布雅之から見た東尾修

    入団後、の春季キャンプで徹底的に鍛えられる。オープン戦初出場は対南海ホークス戦。掛布と同年の南海ドラフト1位野崎恒男から代打でオープン戦初安打を放つ。オープン戦初スタメンは3月21日の対太平洋クラブライオンズ戦(鳴門球場)。中軸を打つショートの藤田平が結婚式で休みのため7番・ショートでの代役だったが、東尾修から4打数2安打を記録した。そして3日後の対近鉄バファローズ戦(日生球場)では内野の要であった野田征稔(後にマネージャー)が母を亡くして帰郷。再び掛布が代役で8番・三塁手として出場することになり、その試合で4打数4安打の大活躍を見せる。オープン戦が終わってみれば18打数8安打2二塁打の活躍で開幕1軍入りを果たし、高卒1年目にして1軍に定着する。同年のジュニアオールスターにも出場した。高卒新人としての1軍での本塁打は3本で、球団記録の8本(1957年・並木輝男)には及ばなかった。(掛布雅之 フレッシュアイペディアより)

  • ライオンズ・クラシック

    ライオンズ・クラシックから見た東尾修

    シニアエグゼクティブプロデューサーを豊田泰光、2010エグゼクティブプロデューサーを東尾修、監修を綱島理友が務めた。(ライオンズ・クラシック フレッシュアイペディアより)

「東尾修」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「東尾修」のニューストピックワード